負けるな機動隊。これからも治安維持に邁進し左翼活動家らを一掃せよ!中共は覚醒剤密売の日本人男性を死刑執行

2016年10月22日

近代国家の中共如きを「支那」と呼ぶのも分不相応な気もする

 中華人民共和国(中共)は、未だ共産主義を最高原理として崇め、神や仏という共産主義を超える最高の存在を許さず、人民には信仰の自由は認めない歪な体制であるのは誰もが知るところ。

 集会、結社、出版、言論等々の自由も基本的人権も無く、満州、内蒙古、チベット、新疆の異民族を虐殺・凌辱し、土地を奪い、共産主義と民族浄化と漢民族化を強制し、清朝時代の最大版図を「歴史的領土である」と主張する中共こそ、現代に於いての最大の帝国主義国である。

 多くの日本人は日中関係は「同文同種」とか「一衣帯水」という認識を持ち、「四書五経」のイメージで支那への憧れを膨らませ、忠誠を誓うかの様に「中国」と呼称するが、日中関係が樹立されたのは20世紀に入ってからであり、未だその関係は100年ほどしか経っていない。

 中共は戦後、日本を属国、朝貢国と見做しており、日本にだけは自分達を世界の真ん中にある「中国」と呼ばせる。「中国」と呼ばせることで「北京が世界の中心だ」ということを暗に認めさせている。

 尊皇愛国の書として有名な山鹿素行の「中朝事実」では、世の学者の外国(主として漢土)崇拝を批判し、皇統の一貫を根拠に「日本こそ万国に卓越した中華・中国と呼ぶに相応しい国である」との日本主義を主張している。

 「中国」という言葉の一番古い意味は「首都」という意味で、「国民国家」を意味するものではない。日本でいう処の「中国地方」がその好い喩えだろう。

 中共から理不尽な言い掛かりが始まったのは、戦後の混乱期の昭和21年6月に遡る。形式上、連合国の一員で戦勝国であった中国共産党は、その力関係を盾に我が国に「中国」という名を強要した。

 外務省はそれに何ら反論も出来ず、従順に受け容れた挙句、「外務省次官・局長通達」として、「理屈抜きにして先方の嫌がる文字を使わぬこと」と言論機関などにこれを強制し、国民に浸透させ現在に至っている。

 愚生は常々「中華人民共和国」を「中国」と呼ぶのは国際的にも間違いで、「支那」と呼ぶことが正しいと考えていたが、どうやらそれもチョッと違う気がする。

 「支那」は最初の統一王朝「秦」に由来している名称で差別でも何でもない。「支那」を漢字にしたのは新井白石でイタリア語の「チーナ」を翻訳したもので、岡倉天心の説では「新」に由来している、歴史を有する名称なのだ。

 「支那」とは二千年の歴史のある言葉であり、浪漫や憧憬を感じる言葉だ。政権・王朝が代わっても、その基底にある自然・民族・文化を意味する名称として使われてきた国名であり、共産党一党独裁の近代国家の中共如きを「支那」と呼ぶのはチョッと賛美し過ぎてるし分不相応に感じてならない。

 「支那」とは広大な浪漫がそこに無くてはならず、現在の「中華人民共和国」や「中国共産党」はやはり「中共」と呼ぶのが相応しい。

 余談だが、世界では日本を「ジャパン」と呼ぶ。そこから「ジャップ」などど嗤笑されたりもするのだが、本来は「ニッポン」と言うのが正しい。国際会議やオリンピックなどの国際大会などで「JAPAN」と表示されるが、そろそろ「NIPPON」と表記させるべきではなかろうか。

cordial8317 at 05:57│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

負けるな機動隊。これからも治安維持に邁進し左翼活動家らを一掃せよ!中共は覚醒剤密売の日本人男性を死刑執行