「敬称・敬語不使用運動」は反天皇運動の一環というこを知ってるのか自民党歴代幹事長が反天皇議員を応援するマヌケさ

2021年10月28日

私学助成金制度は日本国憲法89条違反という現実を知っているか!

 社会保障や経済対策より、政治で最も大事なものは教育と国防である。その教育で大事なことは教育の無償化より教育の内容が大切で、先人の営為に学び、日本という国に生まれたことの自覚や誇り、悦びを教えることが大切である。

 政治家がこうした教育論を騙らず、党利党略や党勢拡大の目論見だけで耳障りの好いことだけを訴え、金のバラマキや分配だけに狂奔していることは本末転倒。

 自民党は、安倍政権時代「教育基本法」の改正を行い、米国時代の悪しき教育制度からの脱却を目指した。現政権下での教育改革の理想は間違っていない。だが「誇りの持てる子供達を育てる」と宣いながら教育の中身を語ることはなかった。

 嘗て、明治維新後の我が国は、教育立国として明治期の試練と昭和の国難を乗り越えた。極貧の中から多くの偉人が輩出したのは先人の立派な教育の故である。

 司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」で、父が秋山兄弟に「好きで貧乏をしているのではない。敢えて、君等の将来を考えてやっているのだ。昔の偉人や英雄は極貧の中から生まれた。金持ちから偉人や英雄は生まれん」と苦諌する場面がある。

 教育の原点とは意外とこんな処に在るのではなかろうか。然し、現在はどうだろう。経済的には充実しているのに、国民の勤勉性や家族愛、愛国心、信義誠実の原則は失われ、心の中の高貴なものを失い、高邁さを忘れてしまった。

 国民はマスコミが取り上げる胡散臭げな問題に一喜一憂し、問題が出ればその萌芽は日本に在ると貶し貶め、それをマスコミ御用達の言論人が煽り大騒ぎ。政治家は平身低頭し、謝罪を続けながらその頭の中は保身と次の選挙のことだけ。

 迷えるものはつまらぬインチキ宗教に救いを求め、煩悩は捨て切れずに私利私欲の欲望に塗れている。頽廃したマスコミは営利主義から国益を擁護する気配など皆無で政権批判して悦に入り、国民の愛国心を蝕み今やマスゴミと揶揄される始末。

 高邁な魂を喪失し風俗に興じる現在の日本人に最も必要で大事なものは、教育の無償化やバラマキよりも、将来の我が国を担う子供達への教育内容の充実である。同時に学制の基本となってる私学助成金制度を再考するべきではなかろうか。

「私学助成」とは、国及び地方公共団体が行う、私立の教育施設の設置者、及び、私立の教育施設に通う在学者(在学者が未成年者である場合は保護者)に対する助成のことである。助成とは聞こえは好いが、明らかな憲法違反でもある。

 日本国憲法89条には「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない」と在り、公的機関に属さない私立学校への助成は、この条文に抵触しているのはあきらか。

「私学助成」を廃止すれば私学の多くが破産するのは必至。そういうこともあって温情から、政府見解では私立学校の事業は「公の支配」に属しているとし、私学に対する公費からの助成についても「憲法89条に反しないもの」と解釈している。

 私学と雖も公の支配下に在るという。私学助成での憲法解釈は自衛隊のソレと同じ。憲法9条を楯に安保関連法案改定に反対し、集団的自衛権などを違憲と騒ぎ立てる左翼や護憲派らは私学助成金制度の憲法違反には何故か沈黙を極め込む。

 カトリック系の学校を始め、宗教系の学校では「日の丸は侵略のシンボル」「君が代は統治者天皇賛美」だとして教え、国旗・国歌への冒涜を続けている。こうした自虐且つ反日的な教育機関への無条件の私学助成は如何なものだろう。

 また、日大などがそうだが、不正事件が発覚した学校法人への助成は停止するのは当然である。過去には国士舘も暴力事件で助成金を見送られたのを思い出すが、森友問題も騒ぎ立てるなら文書改竄より私学助成金の在り方を問われて然り。

 違憲でありながら私学助成金制度を継続していることに括目し、現憲法の多くの矛盾性を指摘し、憲法議論を活発化させ、如何に現憲法が国の基本法として機能していないかを国民に示すべきだが、何故か第九条の改正だけに拘る不思議。改憲では国家の再建は不可能。つまり、第九条改正こそ究極の護憲運動というのが正しい。

 政治で大事なことは「国防」と「教育」の二つである。国防とは、三島由紀夫が示した通り、単に領土の防衛だけではなく、国體、つまり皇統を死守することであり、自衛隊が国軍且つ皇軍で在らねばならないのはそういうことである。

 だが、悲しい哉、資本主義というカネ主義に陥ってしまっている今の時代、「国防」や「教育」を充実させるのにも「先ずはカネだろ!」という屁理屈が聞こえて来そうだ。こうした拝金主義や価値観も米国が謀った戦後民主主義の洗脳である。

※コメントは煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント入力希望の方や御意見、メッセージは mr.cordial@live.jp へ御気軽にどうぞ。

〈会費&御支援〉みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ

cordial8317 at 06:57│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「敬称・敬語不使用運動」は反天皇運動の一環というこを知ってるのか自民党歴代幹事長が反天皇議員を応援するマヌケさ