東日本大震災後での政治の不作為と混乱を予断なく検証し総括せよ!「春分の日」や「秋分の日」は春季皇霊祭・秋季皇霊祭が始まり

2021年03月19日

釈迦牟尼は「地獄」「極楽」を創られたがあれもウソだろう(笑)

「ウソも方便」という。だがその「ウソ」は言い訳とかではなく、相手の立場に立って、相手への思いやりが込められたものでなければならない。

 彼岸なのになんだが、釈迦牟尼は「地獄」「極楽」を創られたがアレこそ「ウソも方便」の最たるものだろう。だがこうしたウソを吐いて、民衆の心に安らぎを与えた。キリストもまた「天国」への夢を誘って多くの人々を救ってきた。

「人は小さなウソには騙されないが大きなウソには騙される」とはアドルフ・ヒトラーだが、「地獄」「極楽」「天国」なんてのは大きなウソの典型だろう(笑)

 人間死んだら終わり。「無」、何も無い世界だ。だから「極楽浄土」なんてのは死後の世界には無く、現世にこそ存在してると思っている一人でもある。

 如何にして身近にいる自分よりも劣る者や弱い者を助けられるか、与えられるか、難渋している人に如何に施してあげられるか、現世の苦しみを多少でも救ってやることこそ「極楽浄土」なのではなかろうかと単純にそう考えている。

「不妄語戒(ふもうごかい)」という仏語がある。「ウソ偽りを言ってはいけない」という在家が護るべき「五戒」並びに「十戒」の戒めの一つである。

 コレこそウソの典型の様なもので、人というのはウソや偽りを騙る性分なので守るのは困難。そうした自戒を込めた箴言というのが正しいか(笑)

「五戒」とは「不殺生戒(ふせっしょうかい)」。生き物を害してはならない。また他人に殺さしめてはならない。また他人が殺害するのを容認してはならない。

「不偸盗戒(ふちゅうとうかい)」。他人のものを盗んではいけない。また他人をして盗らせてはならない。また他人が盗るのを認めてはならない。

「不邪婬戒(ふじゃいんかい)」。不道徳な性行為を行ってはならない。これは、不倫や強姦を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含まれる。

「不妄語戒」。嘘をついてはいけない。また他人をして偽りを言わせてもならない。また他人が偽りを語るのを容認してはならない。

「不飲酒戒(ふおんじゅかい)」。酒を飲んではいけない。また他人をして飲ましめてもならない。また他人が酒を飲むのを容認してはならない。

 愚生には耳の痛い戒めだが、中でも「不飲酒戒」は守るのは絶対無理だわな。ここまで自分を律して生きてる人というか坊主もおるまい(笑)

 政治家の世界、特に我が国の政治では例え正論でもホンネは出来るだけ出さない方が好いとされている。これは政治家の伝統でもあるし、国民も、これが好いのか悪いのか、政治家のウソには馴れっこになってしまっている。

「ウソは泥棒の始まり」「ウソを吐くと閻魔様に舌を抜かれる」など、嘘を吐くことは悪いものだと教わって来た。だが、現代は「ウソは政治家の始まり」とも揶揄される。こうした政治家しかいないのは国民にとっては不幸なことだ。

「ウソは世情の宝」ともいうし、ウソというのは悪意のない、ウソだとバレバレでも、どこかクスッと笑える世間を和ませるものが好い。

「講釈師見て来た様なウソを吐き」なんてのもあるし、「商人は損と求めて蔵を建て」とかいうのもある。商人というのは、口では「儲かりません、儲かりません」と言いながら大きな蔵(家)を建てるなんてのはよくある話し。

「紺屋(こうや)の明後日」なんてのも笑えるウソだ。実家のラーメン屋でも出前の催促が来ると「今、出ました」なんてよく言ってたが、アレと同じ(笑)

 花魁の世界には「手練手管(てれんてくだ)」なんてのもある。「手練」とは人を思うままに操り騙す技巧だが、皆さんも、飲み屋でホステスのウソを勘違いして、ついつい熱くなってなんて、そんな思い当たる節はありませんか(笑)

 ウソには好いウソと悪いウソがあるのは理解しているだろう。自分の為に吐くウソは感心しないが、周りを安心させる様な、また和ませる「ウソ」は吐いても差し支えはない。そんな「いいウソ」も吐けないのは正直というよりバカ正直。

 そんな輩は世間からは遠ざけられる傾向があるが、そんな馬鹿正直な人も最近はめっきり見かけなくなった。まぁ、何事も一面な見方や考え方ではなく、ホンネやウソに隠された真実や優しさなどを見抜ける能力を身に付けることが肝心。

 皆さんも、シャレの効いたウソをたまには吐きませんか(笑)

cordial8317 at 07:22│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

東日本大震災後での政治の不作為と混乱を予断なく検証し総括せよ!「春分の日」や「秋分の日」は春季皇霊祭・秋季皇霊祭が始まり