「憲法改正で戦後を終わらせよう」というタイトルを見て思わず仰け反った「国連女子差別撤廃委員会」が皇室典範の改正を強要!

2016年03月08日

震災から5年。東北電力女川原発を再稼働させ、東北の復興を加速させよ!

 花粉症が酷く、昨夜は目が痒くて夜中に何度も目が覚めた。今年は温かいせいか花粉症になるのが早い様な気がするが、それも桜が咲けば症状も軽くなって行くし、桜も一気に咲いて欲しいものだ(笑)

 もう直ぐ3.11ということもあり、県内では「あの(原発)事故を忘れない」という記事を目にするが、抑々、福島原発の事故は地震による「天災」ではない。

 大津波の想定をしていなかった為に発電所内の電源が全て失われ、原子炉冷却に関わるバルブが操作不能になったのが要因であり、更には菅直人が現場視察を強行した為にベントが遅れた「人災」に他ならない。

 「人災」でありながら誰一人としてその責任を負わず、またその罪を裁判によって罰せられた者はいない。

 これは正に司法の正義が崩壊した最たるものだ。

 菅直人元首相や枝野幸男元官房長官らが他人事の様にインタビューに答える姿は、正に屋上屋を架すもので、そうした詭弁を弄する前に心から猛省し、反省に立った上での提言をすることこそ大事ではないのか。

 己らの無知と失体が招いた事故にも拘らず、東電が恰も事故を誘発し、「また原発事故が起これば取り返しのつかないものとなるだろう」と、己の妄想と幼稚な脱原発論を押し付けるのは如何なものか。

 原発を無くすことが解決策ではない。

 「人災」を猛省し、原発を安全に停止させる技術を高め、冷却装置の機能を失わない対策こそ急ぐべきではないのか。

 マスコミは相変わらず福島原発事故を殊更取り上げては、原発そのものの不安と危険性を煽り続けている。

 反原発派らもまた、原発推進派の利権構造を批判するが、反原発派も所詮は「反原発利権漁り」であり、推進派を批判する資格は無い。

 安全保障関連法案の憲法解釈にしても、「戦争への道」などと国民を誑かしていたが、これも反原発も同じ構図で、人々の優しさや幼稚な正義感に漬け込んで党勢拡大に利用しているに過ぎない。

 既に福島原発事故の教訓から、全国の各原発では「防波堤の建設」「浸水防止ドアの設置」「高台への非常用電源の確保」などの対策が進められているが、大事なのはこういうことだ。

 マグネチュード9という巨大地震の震源地に最も近かった「女川原発」は地震直後、原子炉は安全に停止し、被災者の避難所にもなった。 世界はこの「女川原発」に注目し、地震対策を講じている。

 事故を起こしたのは福島第一原発で、第二原発は女川原発同様万全だったのだが、その安全性は語られることはない。

 「冷源」と「電源」が確り保たれてさえいれば「冷温停止」に持ち込むことが可能ということで、つまりはどんな地震であれ津波であれ原子炉を安全に停止させることは可能なのだ。

 日本の技術力をもっと信用しようじゃないか。

 「女川原発」の技術に注目すれば、さらに地震に強い原発を造ることは可能だろうに、何故、原発停止ありきなのか。

 生き残った我々がいつまでも被害者意識丸出しで、過去ばかりふり返り、その場に立ち止まっている訳には参らないのだ。

 福島県民として福島第二原発の必要性を痛感しているが、現状では再稼働は困難を極める。ならば、先ずは東北電力女川原発を再稼働させ、東北の復興を加速させよ!

cordial8317 at 06:39│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「憲法改正で戦後を終わらせよう」というタイトルを見て思わず仰け反った「国連女子差別撤廃委員会」が皇室典範の改正を強要!