甘利大臣への金銭授受の告発者は元右翼団体構成員!?「シャブやるとスーパーマンになった気分になれるんだよ(笑)」

2016年01月29日

政治とは最高の倫理であり、最高の道徳であらねばならない!

 金銭授受疑惑の記者会見で甘利明は「秘書の監督責任、閣僚としての責務及び政治家としての矜持に鑑み閣僚の職を辞する」と語った。過去の政治資金の疑惑に対し「全ては秘書の責任」とした小一郎や鳩山由紀夫などに比べれば潔い決断だ。

 だが、秘書の金銭授受を認めており、「一からやり直します」というなら、大臣の辞任だけではなく議員も辞職してしまった方が好かったわな。どうせ今年は衆参同日選いなるだろうし、禊(辞職と総裁選挙)を終えて直ぐ復帰出来るのにな(笑)

「客の前でポケットに(カネ入りの封筒)入れるというのは、政治家以前に人間として品格を疑われる」とも語ったが、これはトンチンカンな品格論だろう(苦笑)

 政治とは最高の倫理であり、最高の道徳であらねばならず、繰り返される「政治とカネ」の現状を見れば、政治家の倫理道徳の欠落は著しいと断じざるを得ない。

 政治家に求められるのは唯々「滅私奉公」の一つである。然し乍ら、その滅私奉公は最早死語となった。政治家必携の本といわれる「南洲翁遺訓」がある。この本は政治家に限らず、人の上に立つ者や日本人としての必読の名著の一つである。

「万民の上に位置するものは、己を慎み、品行を正しくし、贅沢を戒め、倹約に努め、職務に努力して人民の見本とならねばならない。そして民衆がその働きぶりを見て『気の毒だなぁ』と思うようでなければならない」(第四条)

「事を行う場合、どんなことでも正道を踏んで至誠を推し進めよ。決して策謀や不正を用いてはならない」(第七条)

 今どき「気の毒だなぁ」と思える政治家なんぞ見たことも無いし、国会中継を見てると、国民不在の党利党略ばかりで、とても政治家としての正道を踏んで、至誠という真心を以て国の行く末を論じている政治家なんてのはいないし(笑)

 甘利は、秘書が「誘惑に負けてしまった」と庇ったが、その萌芽と責任は甘利自身にあり、辞任は当然で美学でも何でもない。小沢や鳩山より好いというだけ。

「道義心や恥を知る心を失っては、国を維持する方法は有り得ない。上に立つ物が下の者に対して利益だけを求めて正しい道義を忘れてしまうと、下の者も見倣って、人の心は皆金儲けの方ばかりに向いてしまう。上に立つ者は常に下の見本で有らねばならない」(第十六条)。第二十四条は有名な「敬天愛人」の思想である。

「道は天地自然の物にして、人は之を行ふものなれば、天を愛するを目的とす。天は人も我も同一に愛し給う故、我を愛するを以て人を愛する也」

 天を敬い、何事をするにも「お天道様が見ているぞ!」という、人として当たり前の矜持こそが政治家以前に必要なことであるのは言うまでもない。

「南洲翁遺訓」は本編四十一条。何れも含蓄あるものばかりだが、これは西郷隆盛が仁者だったというより、自戒だったのではと思う。我が国の不幸と政治の停滞と機能不全は、道徳観を持った政治家や思想家、指導者がいないことに尽きよう。

 国会議員だけではなく地方議員を含めて、過分な報酬の一部で「南洲翁遺訓」を買って、写本や熟読でもした方がよっぽど国の為になるぞ!呵呵。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 07:47│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

甘利大臣への金銭授受の告発者は元右翼団体構成員!?「シャブやるとスーパーマンになった気分になれるんだよ(笑)」