人は教えによって人であり、教は国があって行われ、国は歴史があって存立する(西晋一郎)政治とは最高の倫理であり、最高の道徳であらねばならない!

2016年01月28日

甘利大臣への金銭授受の告発者は元右翼団体構成員!?

 自民党の甘利明内閣府特命担当大臣の金銭授受疑惑を巡り、野党民主党はここぞとばかり糾弾の手を強めているが、過去の小沢一郎や鳩山由紀夫への政治資金疑惑も晴らせなかった民主党に政治とカネを断じるというか語る資格はない。

 甘利大臣を告発した一色武(実名ではない可能性あり)という人物は住吉会系の元右翼団体「青嵐同志会」の構成員らしく、過去にも同様の手口で暗に金銭を要求された関係者もいるという。ネットでは「稲川会」などと書き込まれてもいる。

 告発者が「元右翼団体」構成員というのが公表されたことで検察はやる気を削がれるだろうし、民主党も糾弾の手を緩め、この問題は収束して行くのではなかろうか。それだけ「右翼」の評判は悪いというか、否、強烈なのものなのだ(笑)

 こうした政治とカネの問題は尽きることはないし、これをネタに強請ろうとする輩も出るのは、当然といえば当然のこと。現にこの一色という人物は他の国会議員にも近付いて、トラブル解決を依頼し「5億円は取れる」などと豪語していたという。

 今回は政治資金規正法ではなく、疑われているのは「斡旋利得処罰法」違反容疑。元右翼構成員の愚生がその立場なら、「トラブル解決での謝礼」は付けたりに過ぎない理由で、「謝礼を受け取った」という事実を相手側(甘利大臣)に認めさせた上で、「斡旋利得罪」や「斡旋収賄罪」をチラつかせた恫喝が目的だろうな(笑)

 週刊文春がスクープする前にも、恐らく甘利大臣側にはそれとなく伝えていたことは想像するに余りある。それが拒否されたか、思う様にカネにもならず、週刊文春に実名で告発したというのが真相であって、TPP担当大臣として不適任だとか、自民党を糺すなどという大義は無く、単に喝取に失敗したということだ。

 要するにどっちもどっち。甘利大臣も脇が甘いし、秘書は余りにも軽過ぎたということ。尤も政治家の秘書なんぞ、カネをチラつかせれば靡く連中が殆どだし、自分自身が代議士にでもなったかの様に横柄な勘違い野郎も少なくないが(苦笑)

 強欲な政治家と、それに集るブローカーとの癒着ということなのだろうが、こうした政治とカネの問題は止むことはなく、今後も繰り返されるだろう。

「政治資金規正法」にしても、それらがザル法というのは多くの国民は承知している。法律を作る側の政治家がその法律の網を掻い潜ることは容易なことで、要は、こうした問題を解決するにしても、政治家自身の心構え一つということだ。

 何故に政治家や秘書らが政治資金集めに狂奔するのかといえば、選挙にカネがかかるというより「政治家は負ければただの人」。だから必死で政治家の椅子にしがみ付く。だが、これでは政治家ではなく、所詮は政治屋、選挙屋だろう(苦笑)

 有権者や国家、国民のことなんぞ二の次で、保身と生業の為に必死。頭に在るのは次の選挙のことだけ。その権力欲と金銭欲と上昇志向はホント限が無い。

 政治とカネの問題が尽きないのは、政治家の金銭欲の成せる業である。政治家が今後も企業・団体、個人からの献金を続けるなら、国民から詐取してる政党交付金(助成金)は廃止しなさい。「政治家は隗より始めよ!」とはそういうことである。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 07:49│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

人は教えによって人であり、教は国があって行われ、国は歴史があって存立する(西晋一郎)政治とは最高の倫理であり、最高の道徳であらねばならない!