魂なき繁栄に現を抜かしている我々日本人こそ台湾に学ばねばならない人は教えによって人であり、教は国があって行われ、国は歴史があって存立する(西晋一郎)

2016年01月25日

「日本人出身力士10年ぶりの優勝」という狂騒に違和感

 大相撲初場所は大関・琴奨菊が14勝1敗で優勝した。「日本人出身力士10年ぶりの優勝」とのタイトルが躍り、大相撲ファンのみならず国民もまたそれを喜んだ。

 大相撲ファンの愚生としては、確かに日本人出身力士の優勝は感慨深いものがあるが、ここ10年、日本人力士が優勝することがなかったのは偏に力が足りなかっただけのことで、日本人優勝は別に歓喜するほどのことでもない。

「八百長疑惑」や「賭博事件」などで相撲人気に翳りが見えていた時期に、それらの不安を払拭し、相撲を支えて来たのは、白鵬や朝青龍といったモンゴル人力士を始めとした外国人力士らだったことも忘れてはならないのではなかろうか。

 大相撲というのは、明治時代に「断髪令」が出ても丁髷の伝統を貫き、戦後も表彰式で国歌「君が代」を斉唱し続けてきた保守の牙城ともいうべきものだ。

 この大相撲を目の仇にする左翼陣営に留まらず自称・保守派や自称・愛国者もまた、モンゴル人力士を始めとした外国人力士の席捲を苦々しく思い批判する。

「日本人出身力士10年ぶりの優勝」という狂騒は、ヘイトと同じ差別意識の現れにも見えなくはない。日頃、ヘイトを忌み嫌ってるマスコミが「日本人出身力士優勝」と、モンゴル力士への充て付けの如く浮かれてる様はもう嗤うしかない。

 元横綱・武蔵丸や元大関・琴欧洲、幕内優勝経験のある旭天鵬など、外国人ながらも日本国籍を取得し、親方となっている人も少なくない。白鵬は今や全盛期の勢いはなく、これは日馬富士や鶴竜も言えることだ。そんな中での日本人の優勝をここぞとばかり喜んでいる様では、この先も日本人力士の為体は続くだろう。

 白鵬は日本人女性と結婚し、日本に骨を埋める覚悟があると思っていたが、残念なことに日本人への帰化に難色を示しているとも聞く。「年寄」を襲名するには日本国籍が絶対条件であり、それは「一代年寄」と雖も同じことである。

 歴代優勝記録を持つ白鵬は「例外的に一代年寄を認めるべき」との主張をしているとも洩れ伺っているが、これは本末転倒、言語道断であると言わざるを得ない。白鵬ファンの愚生としては、そうした話を耳にし興醒めしてしまった。

 事ある毎に大相撲は批判の対象にされ、それが相撲離れの要因にもなっている。相撲を毛嫌いしてるのは相撲と神道、天皇と神話の関係がその根底に在る。

 中学時代の担任だった教諭は、大相撲が始まると「相撲はバカが取って、バカが観る」といつも腐していたが、流石は天皇否定の日教組の活動家だ(苦笑)

 相撲は千五百年以上の歴史を有する。古来より、五穀豊穣を祈り、その恵みに感謝する神事でもあった。現在の大相撲は、平安時代に天覧相撲である「相撲節会(すまいのせちえ)」が行われたことが始まりとされている。

 本場所初日の前日には、「鎮め物」として、萱(かや)の実、勝栗、スルメ、昆布、塩、洗米といった神饌が土俵中央に納められ、立行事が祭主を務め、「土俵入り」が行われる。使用した御幣は、神の降臨の証しとして四色の房に飾られる。

 力士が「四股」を踏むが、これは地面に潜む邪悪なものを封じ込める為のもので、「塩撒き」も土俵の邪気を祓い、神への祈りであり、「力水」や「力紙」は清めの作法。清めを終えた力士は、「蹲踞(そんきょ)」から「揉み手」「柏手(かしわで)」し、両腕を開く「塵手水(ちりちょうず)」とその動作が続く。

「揉み手」は、古来は雑草の露で手を清めていた所作で、「柏手」は神に拝する際に打つ動作。「塵手水」は、手に武器を持たないことを表すものだ。

 勝ち名乗りを受ける際に、「手刀」を斬るが、これは左が「神産巣日神(カミムスヒノカミ、カムムスビノカミ)」、右が「高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」、真ん中が「天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)」三神への感謝である。

 白鵬が手刀の後に懸賞金を奪い取るかの様な所作は頂けない。力士は神の遣いであり、横綱とはその中の最高峰。勝敗より、その所作や風格が大事である。

 千秋楽の終了後、「神送りの儀式」があり、御幣を抱えた新弟子力士らが胴上げすることで相撲の神々は昇天する。こうした大相撲の歴史や所作などを理解した上で観戦すれば相撲もまた楽しいのだが、相撲も他の武道などと同じ様に勝敗ばかりが優先され、スポーツ化していることに危機感を抱いてるのは愚生だけではあるまい。

 実力世界の相撲界ではあるのは確かだが、「国技」を自任するならば、そうした大相撲の歴史や謂れを内外に発信し啓蒙して行くことも大事なことだと思う。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 07:58│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

魂なき繁栄に現を抜かしている我々日本人こそ台湾に学ばねばならない人は教えによって人であり、教は国があって行われ、国は歴史があって存立する(西晋一郎)