「パリ市民の安全と平和を願うプロフィール写真を設定しよう」に思う今こそ三島・森田の精神を想起し、祖国日本の恢復を急ぐべし!

2015年11月19日

無差別テロ犯に乏しいのは衆生の苦しみを救おうとする大悲の心に乏しい

 フランスでは自爆テロの犯人を「カミカズ(KAMIKAZE)」と呼ぶ。「神風」をフランス語風に発音すると「カミカズ」になるというが、テロ犯と特攻隊の英霊を同列に準えるとは、怒りよりフランスジャーナリズムのレベルの低さに嗤える。

 フランスというのは、大相撲好きのミッテラン元大統領など親日派が多いと思っていたが、こうしたことや、過日のフランス週刊紙シャルリエブドの福島原発事故の福島県民を風刺した画などを見る限りとても親日国だとは思えない。

 因みに、シャルリエブドの前身は1960年に創業した「HARAKIRI(アラキリ)」である。これは日本の「切腹」を意味しており、その真意は「笑って腸が捩れる様なブラック・ユーモア」だというのだからホント厭きれてしまう。 

 昭和19年10月20日、フィリピンのレイテ島に圧倒的勢力で上陸を図ろうとする米軍部隊へ、起死回生の反撃、更に連合軍の沖縄への上陸、本土決戦を阻止しようと神風特別攻撃隊が編成される。これが「カミカゼ」と呼ばれるものだ。

 神風特別攻撃隊は「しんぷうとくべつこうげきたい」というのが正しく、いつの間にか国内でも「カミカゼ」が当たり前に使われていることに違和感を覚える。

「ゼロ戦」というのも本来は日本人の言葉ではない。米英のパイロットが称していた「ゼロ・ファイター」から出た通称であって、皇紀2千年に造られた零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)は、「レイシキ戦闘機」というのが正しい。

 祖国を守る為に死を決意して志願した特攻精神は、祖国愛の極致というべきものであり、「神風精神」こそは、大東亜戦争が自存の為の祖国防衛戦争であったことの何よりの証であろう。「トッコウ(TOKKO)」と揶揄されるものでもない。

 護国の英霊に対する崇高なる行動をテロ行為と準えることがあってはならない。世界に蔓延するこうした我が国への偏見や蔑視を糺さなければならないと思う。

 ISによるテロ犯の自己犠牲の精神は尊いものであるとは思うが、特攻隊の若者との違いは、イスラムと仏教、アッラーと仏・菩薩の違いもあるだろうが、衆生(しゅじょう)の苦しみを救おうとする大悲の心ではなかろうかと感じている。

 ISのテロリストや戦士の怒りや悲しみの表情に比べれば、これから死に往く特攻隊員の表情には悲壮感はない。「大悲」とは観世音菩薩の別名であり、彼らこそ正に観世音菩薩の生まれ変わり、生き仏に思えてならないのだ。

 現在の我が国のまやかしの平和や繁栄ではあるが、先の大戦での純真無垢な若者の尊い犠牲の上にあることを、現代に生きる我々は決して忘れてはならない。

 因みに、沖縄戦では神風特別攻撃隊が重要な役割を果たしている。鹿屋基地(海軍航空)からの特攻で1981名が、知覧基地(陸軍航空)からの特攻で1021名の合わせて3002名という、実に76%が沖縄戦で散華されているのだ。合掌。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 03:28│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「パリ市民の安全と平和を願うプロフィール写真を設定しよう」に思う今こそ三島・森田の精神を想起し、祖国日本の恢復を急ぐべし!