悲憤慟哭民族痛恨の日、昭和20年8月9日を忘れるな!今こそ、東京裁判の不当性と戦後の不条理を検証せよ!

2015年08月10日

あれッ、安倍さんって「戦後レジームからの脱却」って言ってませんでしたっけ(苦笑)

 昨日の郡山市議会選挙は62人が出馬し38人が当選。トップ当選は公明党で、他の公明党候補は4、5、6位と上位当選。恐るべし創価学会。共産党も3人当選。

 地方選挙での投票率の低下は著しい。そろそろ議員定数は投票率に応じた定員数にするべきで、選挙法と投票システムを改正し、投票を義務化すると共に「該当者なし」という選択肢が出来る様にするべきだと思う。

 閑話休題。昭和20年(1945年)8月9日未明、日ソ不可侵条約を一方的に破棄しソ連が参戦。三日後の12日には朝鮮半島北部に侵攻した。

 朝鮮への侵攻準備が出来ていなかった米国はこれに慌て、急遽、朝鮮占領の協議が行われ、結果、「38度線」で分割することで合意した。  

 北朝鮮でソ連は、日本人の軍人・行政官・警察官を強制連行しシベリヤへ抑留し、親日派を一掃。共産主義者を中心に人民委員会を組織させ委譲させ、傀儡として重慶に亡命していた金日成を首班とする政権を1946年2月に誕生させた。

 一方、南朝鮮(韓国)では、米国が総督府の残留朝鮮人官吏を活用し軍事政権を敷いた。1946年1月に、間接選挙による「過度立法議院」を構成させ、翌年の2月、米国の傀儡として安在鴻を長官とする過度政府を発足させる。

「ヤルタ協定」での密約は米ソの対立で全ての協議が決裂し、1948年8月10日、米国で反日活動をしていた李承晩を初代大統領に据え「大韓民国」を建国させた。翌9月9日、北朝鮮でも「朝鮮民主主義人民共和国」が発足した。

 韓国が終戦の日である8月15日を「光復節」として独立を祝うが、実際の独立は3年後の1948(昭和23)年8月10日であって、「韓国臨時政府は軍国主義日本と戦い独立を勝ち取った」というのは極度の妄想に過ぎない。

 北朝鮮では、金日成の支配下で着々と国政の整備が進んだのに対し、韓国は、在来の官僚や亡命先からの帰国者、米国の措置で監獄から解放された共産主義者が入り乱れ、政権は安定せず、労働組合によるストライキが多発し社会混乱が加速した。

 1946年10月以降、それまで容共的だった米国は共産主義の席巻に危機感を募らせ、次第に共産党の抑圧政策に転じる。米国の傀儡李承晩は、日本と共同歩調を執ろうとした「呂運亮」を暗殺し、大統領に就くと「反日・反共」を国是とした。

 李承晩が最初にやった仕事は「親日派の追放」で、日本に育てられた優秀な官僚は次々と追放されて行った。韓国人が優れていたのは日韓併合時代だろう。

 我が国が未だGHQの統治下だった1950(昭和25)年6月25日、北朝鮮が突然の侵攻。あっという間にソウルまで南下した。同じ民族同士が相討つ戦争となり、数百万人が犠牲となる大惨事となった。これが「朝鮮戦争」である。

 この朝鮮戦争の勃発も、朝鮮の南北分断も、我が国に責任は無い。こうした朝鮮南北分断にせよ、戦前戦後の歴史を検証すればするほど、先の大戦で我が国だけが責められ、断じられる理由が分からない。何故に中韓や米国に阿る必要があろうか。

 戦前の全て「悪」ではなかろうに、GHQの統治下のたった約7年間で、我が国は去勢させられ戦前とは全く違った国に生まれ変わってしまった。

 報道に拠れば安倍首相の「戦後70年談話」には、公明党や党内左派に配慮して「侵略」も「お詫び」も明記されるというから吃驚仰天。

 ってか、安倍さんって、「戦後レジームからの脱却」や「日本を取り戻す」と訴え、それが多くの国民の共感を得たんじゃなかったっけ?

 安倍は常々、「先の大戦での反省を踏まえ、我が国は平和国家としての道を歩んで来た」と胸を張るが、これ正に自虐史観そのものではないか。

「大東亜戦争は無謀で愚かな戦いであった」との認識が根底にありながら、何が「戦後レジームからの脱却」か、何が「日本を取り戻す」だ。安倍の様な保守を気取る、曲学阿世の徒が日本に仇なすことを知るべし。

 今後、安倍おろしが露わになり、安倍も党内や公明党に配慮したつもりだろうが、「戦後70年談話」の内容如何では国民からの安倍離れも加速して行くだろう。

cordial8317 at 13:20│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by gdga   2015年08月11日 08:57
安倍首相はついに変節しましたね。政治の中で歴史に関して言えば最大のポイントである70年談話に関して村山談話のキーワード全てを入れるというのですから。これで今後安倍首相がいくら他の場所で歴史を語っても全く説得力を持たなくなりましたね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

悲憤慟哭民族痛恨の日、昭和20年8月9日を忘れるな!今こそ、東京裁判の不当性と戦後の不条理を検証せよ!