左翼というのは物事の見方が実に薄っぺらで腹立たしいものばかり安保法案閣議決定。見直すべきは集団的自衛権の行使云々ではなく自衛隊の存在である!

2015年05月14日

韓国国会、日本国総理大臣を名指しで糾弾する決議を採択

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
〈ブログランキング応援クリックありがとうございます!〉

 韓国国会は、過去の侵略の歴史や旧日本軍の慰安婦被害者に対する反省を示さない安倍晋三首相を名指しで糾弾する決議を採択した。

 決議は、安倍首相が慰安婦問題に関し「人身売買の犠牲」と表現して本質を暈かした他、靖国神社参拝や集団的自衛権行使、独島領有権侵害、教科書歪曲・捏造といった歴史責任を回避する言動をしていると批判。

 また、朝鮮人が強制徴用された施設が含まれる「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録の推進を糾弾する決議も採択した。

 これに対し菅官房長官は記者会見で、「誠に遺憾。友好国の首相を名指しで決議というのは非礼」と断じた。

 我が国は何故にこうも韓国に侮辱されなければならないのか。

 平和条約には「両締結国は、善隣友好の精神に基き且つ平和及び互恵並びに内政に関する相互不干渉の原則に従い両国民の交流促進の為努力する」と踏襲されている。

 だが、善隣友好なんぞ名ばかりで、韓国にはそうした精神も無い。在るのは留まる処を知らない反日と侮日だけで、事ある毎に慰安婦問題を取り上げ、歴史問題に対する修正を要求する。

 韓国の歴史問題に対する修正要求は、歴史解釈という様な範疇ではなく、我が国の歴史そのものを否定するもので、これは明らかな内政干渉でもある。

 こうした事態が常習化しつつあるが、これは平和友好条約の蹂躙であり、こうした謂れなき批判や要求が続く様なら平和条約の意味は無く、韓国側に不当行為を正式に伝えた上で日韓条約を破棄することも検討すべきであろう。

 抑々、戦争もしていない国との平和条約自体が摩訶不可思議ことで、それでも「平和条約」を締結した以上、遵守するのが当たり前のことで、韓国の安部首相への糾弾決議は平和条約違反であることを認識すべきだ。

 韓国が非難して止まない差別と弾圧の「日帝36年」なるものは、寧ろその逆であり、世界に例を見ない極めて公平で平等な制度だったのは余程のバカじゃない限り理解しているだろう。

 「韓国併合」に至る歴史はアジアの近代史を知らねばならない。

 アジアの近代史とは、欧米の植民地支配の歴史であり、ペリーが浦賀に来航し、それこそ武力によって開国を要求したあの時代に遡って考えなければ答えは出ないだろう。

 アジア近代史の必然として起こったのが日清戦争であり、日露戦争であり、大東亜戦争だったのだ。

 当時、韓国独自での巨大ロシアの排除など到底無理で、況してや近代国家建設の道は日本の助力なしでは在り得ず、寧ろ、日本による韓国保護の必要性を認め、日本と一体となった上で民族の自立発展の道を模索しようとした「日韓合邦派」の主張が現実的だったのは言うまでもない。

 無論、その合邦派も終には「韓国併合」という現実に一切沈黙せざるを得なかったというのが日本と韓国の歴史的な経緯であり、この悲劇の現実こそが、日韓関係の日韓関係たる所以なのである。

 歴史的事実は一切無視し、「事大思想」から物事を冷静に判断出来ないばかりか、「韓国併合」は西洋列強の植民地支配とは違うと反論し続ける。

 要するに、西洋の植民地支配は先進国が後進国を支配したのであって、「韓国併合」は後進国の日本如きが先進国の韓国を支配するとはケシカラン、日韓併合はナチスドイツのフランス侵略と同じだという発想なのだ。

 「進んだ文化を持つ国が遅れた国を支配することは至極当然で、非難など出来る筈もないが、日本の朝鮮半島支配は別だ」という韓国人の「事大思想」は、もう世界遺産級。

 いっそのこと世界遺産に登録申請すりゃいいのに(嗤)

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
〈ブログランキング応援クリックありがとうございます!〉

cordial8317 at 06:55│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

左翼というのは物事の見方が実に薄っぺらで腹立たしいものばかり安保法案閣議決定。見直すべきは集団的自衛権の行使云々ではなく自衛隊の存在である!