安倍総理の米国連邦議会上下院合同会議での歴史的演説で感じたこと「憲法記念日」ではなく「新憲法の制定を祈念する日」が相応しい

2015年05月02日

つれづれなるまゝに、その日ぐらし

 愚妻が突然「シロイルカに会いたい」というので、28日の夜に計画を立て、30日の午後から八景島シーパラダイスに行って来た。経費削減からバスと普通電車の旅で、流石に30時間のスケジュールはきつかったが、中々中身の濃い旅になった。

 最近は膝の調子が悪いこともあり、渓流釣りもウオーキングもしていないので、久々に長い距離を歩いたので筋肉痛です。揚げ句に膝痛悪化してるし(笑)

 今回は旅というよりカミさん孝行だが、旅は実に好い。何が愉しいかといえば「旅打ち」ならぬ「旅呑み」に限る。美味しい肴と酒。隣り合わせた客同士、他愛もない話で盛り上がり、隙を見ては時局を面白可笑しく語ってはオルグする(笑)

 バスの出発まで時間があったので、駅ナカの蕎麦屋で旅の無事を祈り生ビールで乾杯。バスに乗り込むと後は寝るだけ。バスの揺れに間もなく睡魔に襲われる。

 夕方の7時前に、横浜駅に到着。シーバスの出発時間まで少々時間があるのでベイエリアのカフェでフィッシュ&ポテトフライをつまみに生ビール。中華街では「菜香」の飲茶で青島ビールと日本酒を飲み、その後はホテルのバーで呑み直し。

「菜香」には、地元横浜の畏友に連れてって貰ったのは随分前のことだ。舌が肥えたのか、それとも「菜香」の料理が落ちたのか、味はそれほどでもなかった。

 初めて連れてって貰った時は余りの美味しさに感動したものだが、やっぱり「美は一度限り」じゃないが、味の感動というものもそんなもんなのかも知れない。八景島を後にし、空腹の中、赤羽の鰻と焼鳥の名店「川栄」を目指す。

 到着したのは昼の営業時間終了前の1時45分。店主に、「うちはラストオーダーが2時ですので、それまでに席が空いたら連絡します。2時過ぎたらお断りの連絡を差し上げます」とのことで、近所を散策。すると間もなく着信アリ。

 時間を見れば2時10分前。店に向い「合いもり」「ホロホロ鶏のバラ焼き」「ぼんちり」「せせり」「うな丼としのび丼」を注文。ホロホロ鶏のバラ焼きは売り切れ。生ビールで乾杯するも、「ラストオーダーです」とのことで冷酒を追加。

 一階の店内は狭いが雰囲気好し。慌ただしい時間だったが、「孤独のグルメ」に登場しただけあってどの料理も美味しく、雰囲気も接客も好く旅の好い〆になった。

 赤羽から在来線でのんびり帰還した。今年は昨年挫折した八十里峠の縦走と、四国への放浪の旅を計画しているが、兎にも角にも軍備を満たすことが先決で、サラリーマンの様に実入りが安定していないので、計画は思う様には進まない。

 只見から長岡へ。その足で弥彦競輪でひと儲けして、四国の旅に出るのがベストなのだが、そう簡単には行くまい。ボロ負けして郡山に帰還するのがオチだろう(笑)

 新潟県長岡市の弥彦競輪場は彌彦(いやひこ)神社の境内に在り、日本では唯一となる村営の公営競技場であり、「旅打ち」の聖地でもあると勝手に思っている。

「旅打ち」といえば色川武大こと阿佐田哲也だろう。他にも浅田次郎や伊集院静、山口瞳なんかも旅打ちを愛した作家だ。「旅をしながらギャンブルを行う」というスタイルは、江戸時代の「博徒」と呼ばれた国定忠治などの無宿人がそう。

 愚生からすると、ギャンブルを否定する人や全くギャンブルをやったことが無い人というのは魅力を感じない。それは無難な人生を歩んで来たという如何にも安泰した生活臭が、そういう雰囲気を醸し出しているからだろうが、何事も失敗を経験しバカな事に打ち込んだ人というのはどことなく人間味に溢れている。

 阿佐田や浅田、伊集院といった作家の作品がウケるのは、そうした経験から滲み出る人間性から発した生きた言葉や人生観が綴られているからだと思う。

 阿佐田はギャンブルから学んだ人生観を相撲の勝敗に喩え、「9勝6敗を狙え。8勝7敗では寂しい。10勝を狙うと無理が出る」と教えた。

「幸運が続きすぎると危ない」という考えから、ギャンブルに大負けすると「ここで不運を消化しておけば安心だ」とよく語っていたという。

「満(み)つれば(か)欠くる」ともいうが、愚生の人生も40歳の頃がピークで、後はずっと欠けっぱなし。まぁ、月も三日月になってしまえば後は満ちて来るし、ツキは戻って来るものだから、今を凌げばどうにかなるだろうと楽観視している。

「勝つと思うな思えば負けよ」という。「勝とう」「勝たねば」と思うと実力を発揮出来ずに終わるということが多いが、これを「引き分けで好い」と思うと意外と気負わずに出来るもの。そんな精神的余裕が勝ちに結びついたりするものだ。そういう意味では旅打ちやギャンブルというのは精神修行でもあるのだ(笑)

 という訳でGWだが当面やることも無し。渓流釣りにも行きたいが「出れば出銭」だし、軽挙妄動を戒めてじっとしているしかないか。ってか、その前に問題は明日の「天皇賞」の結果次第だわな。呵呵。

cordial8317 at 09:21│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

安倍総理の米国連邦議会上下院合同会議での歴史的演説で感じたこと「憲法記念日」ではなく「新憲法の制定を祈念する日」が相応しい