右翼になったら友達百人できるかな(笑)政治家の靖國神社への参拝なんぞどうでもいい

2015年04月20日

初心に返り、修行、稽古を重ねて行かねばと痛感する

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
〈ブログランキング応援クリックありがとうございます!〉

11168117_675031142601976_6812143411571531903_n
 無事に母の葬儀告別式が終わり安堵しております。御参列頂いた方、また遠くから弔電や御厚志を賜った方々に衷心より御礼申し上げます。

 画像は昭和37年頃、自宅「相模屋呉服店」前にて。父34歳、母31歳(後列中央)、愚生2歳。顔の角度、身体の構えが親父とほぼ一緒。我ながらいい面構え(笑)

 母は10年前に脳梗塞を患い、晩年は言葉も発する事も出来ず、その姿を見るのは忍びなく、見舞いなどは実兄に任せ、ろくろく会いに行くこともなかった。

 息子として親不孝だし、世間から見れば冷たい様だが、「願わくば早く天に召されて欲しい」と思ってたのも事実で、最後は微笑んで眠る様に逝ったと聞き、悲しみよりは安堵の方が大きかったのも正直なところ。

 剣豪・宮本武蔵が「独行道」で遺した言葉に、「いづれの道にもわかれをかなしまず」というものが在る。では、「別れを悲しまない」という武蔵という人物は、血も涙も無い冷血漢だったのだろうか。

 例えば、酒を嫌いな人が「我、酒を絶つ」、或いはタバコを吸わない者が「タバコを絶つ」などと書かない。

 飲みたいが、或いは吸いたいが止めようと自分に誓願した者が「絶つ」と言ってこそ、人に訴えるものがあるのではないか。

 武蔵は寧ろ、人一倍感情豊かで熱血漢であり、別離に人並み以上の涙を流しながら、涙を見せまいと努力した人間に違いない。

 宮本武蔵が著した「五輪書」に、「山水三千世界を万里一空に入れ、満天地とも攬(と)る」という一節が在る。

 「万里一空」とは「世界はどこまでいっても空は一つ」「全てのものは一つの世界に留まっている」という考え方で、武蔵の思想の根本でもある。

 「何事も動揺せず、常に冷静な気持ちで事に当たる」「一つの目標に向かって精進する」などの意味として解釈されるが、これをいざ実践するとなると実に難しい。

 人の死に限らず、何か事が起これば冷静さなど忘れ右往左往してしまいがちだが、何事も万里一空と思えば冷静にもなれる。

 右翼人として政局に一喜一憂し、ブログやフェイスブックなどで「時局厳正批判」を尤もらしく披歴しているが、目先のことを語ることや喧々諤々の議論に何の意味もない。

 天地自然や人間の大道を心得え、時の動きに従いつつも正義を踏み外さず、危機に際しても平時と同じ様に対処出来ること、読書などでの理論よりもこういう心構えを日頃から意識することこそ大事なことであり、そういう意味では日々の修行は欠かせない。

 「自分磨き」という言葉を聞く。

 自分を磨くというのは大事なことで、それには「修業」「修行」「稽古」など様々で、「修業」とは、学問や技芸などを師から習い身に付けること。

 「修行」とは、それら修業によって学んだものを、より向上させる為に肉体的、技術的、精神的に励み、磨くこと。

 「稽古」とは、「古(いにしえ)の道を考える」ということである。

 師に学ぶこともなく、古の教えも知らないで「自分磨き」は出来ない。

 稽古の「稽」とは「考える」という意味があり、古書を紐解いて古人の教えを学ぶ、それが「稽古」の本来の意味だ。

 千利休は「稽古」の何たるかを喝破し、こう訓える。

 「稽古とは一より習い十を知り十よりかへるもとのその一」

 稽古というのは、初めて一を習う時と、十まで習い元の一に戻って再び一を習う時とでは、人の心は全く変わっているもの。

 「十まで習ったからこれでよい」と思った人の進歩はそれで止まってしまい、その真意をつかむことは出来ないとの教えた。

 稽古に稽古を重ね、一応全てを知り尽くしたつもりでいてもそれで満足すればそれまで。大事なのは「もとのその一」という初心である。

 「初心忘れるべからず」とは蓋し名言であろう。

 岡倉天心も、古人、先人の教えを学ぶことの重要性を教えている。

 「歴史の中に未来の秘密がある。我々は、我々の歴史の中に、我々の未来の秘密が横たわっているということを本能的に知る。変化こそ唯一の永遠である」というのがそれ。

 安倍は先の所信表明でこの都合のいい部分だけを切り取り、「変化こそ唯一の永遠である」と、TPPや農業改革などが然も当然かの様に宣った。

 だが、正統の保守主義者に於いて時間を体験する仕方は、過去の意味を直視し、その中に価値を見出す発見によって未来を創造して行くものである。

 つまりは安倍や自民党がやる改革は「未来が全て」であり、これ即ち保守に非ず、完全な自由主義者であろう。

 人というのは、いざという時に的確な行動が出来る様にする為に生きていると言っても過言ではなく、過去に学び、修行や稽古に励むことは大事なことだ。

 これを愚生に当て嵌めてみれば、愚生には師と呼べる人はいない。周りに居た者は全て反面教師といっていい個性的な人物ばかりだった。

 それが好かったことなのか、悪かったのかはこれからの生き様で分かるだろう(笑)

 母の死で両親はもういない。親から教わったことや周りから学んだことを忘れず、初心に返り、修行、稽古を重ねて行かねばと痛感する。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
〈ブログランキング応援クリックありがとうございます!〉

cordial8317 at 08:23│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

右翼になったら友達百人できるかな(笑)政治家の靖國神社への参拝なんぞどうでもいい