藤沢秀行と升田幸三。こうした勝負師から学ぶことは実に多い邦人殺害の実行犯とされる英国人を国際指名手配せよ!

2015年02月01日

イスラム国に屈する訳には参らない。目覚めよ、日本人!

o0711086613198698595
 ジャーナリストの後藤健二氏が「イスラム国」に殺害されたとみられる映像がインターネット上に投稿された。

 NHKなどのマスコミも朝からてんやわんやの大騒ぎ。然しながらそれは想定されていたことで、その死がどういう意味を持つのかを、日本人一人一人が考えるべきであろう。

 国民は、過去の同じ様なジャーナリストの殺害や、一昨年前に起きたアルジェリア人質事件で邦人10人が殺害されたことなどもう忘れてしまった様だが、イスラム圏に於いては今回の殺害事件だけが特別なものなのではない。

 「可哀想だ」とか「気の毒だ」とか、揚句は「安倍が見殺しにした」だと「自業自得」だとか、そんな簡単な次元で解決出来る問題でもない。

 確かに、「政府が見殺しにした」というのは強ち間違いではない。

 唯、その過ちは身代金の拒否というものではなく、歴代政府が国防や安全保障という国家の大本を米国に委ねていたツケが今回の事件の背景にあるのは確かで、この償いは国防体制の強化というカタチで償うべきであろう。

 過ちや失敗というのは繰り返すことがあってはならないのだ。

 自ら行った国でそうした犠牲に遭うことより、自らの意志とは関係なく拉致され塗炭の苦しみを味わい、未だ帰ることも叶わない同胞の無念や悲しみに思いを致せば、如何なる不条理も晴らさねばならないと痛感する。

 言い方は悪いが、今回のイスラム国での日本人同胞二人の殺害は、日本人が「真の平和」というものを考えるいい機会になったのではなかろうか。

 この事件を教訓に、更には、国際情勢を鑑み、国防体制を強化し、国民の生命と安全を如何に護るかということを真剣に議論すべきであろう。

 だが、国内を見渡せば総理官邸前でどんちゃん騒ぎしている光景を見れば、相変わらず我が国は平和ボケが蔓延していると痛感する。

 自称平和主義者らは集団的自衛権に反対し、国防をも否定するが、国防の目的は「平和」にあり、「戦争」にある訳ではない。

 日本の政治の愚かさは、国防そのものまで否定してしまっていることで、国防を除いてしまったら、国家の存在意義まで失われてしまうことに何故に気が付かないのか。

 平和主義者や左翼に欠落していることはそういうことだ。

 国防とは単に領土の防衛ということだけではないく、国防とは三島由紀夫が訓えた様に、「それを亡くしてしまったら日本ではなくなってしまうものを守り抜くこと」に在る。

 「国を護る」ということは、つまり国柄である民族、宗教、言語、​歴史、価値観、習慣、制度を護るであり、世界の中で最も優れた精神文化​や将来を担う未来の子供達を育むことであり、そして何より皇統を死守し、継承して行くことである。

 国防で重要なことは、「何から何を護るのか」を明確にした上で、国防の範囲を画定することが基本である。

 今回の殺害事件も、一昨年前のアルジェリアの邦人殺害も、我が国の法整備の欠落と危機管理能力の欠如と脆弱さを顕わにした。

 今回の事件を教訓に、これらの妨げになっている現憲法の議論と見直しから始めるべきなのだが、未だ現憲法を金科玉条の如く奉り、このクソ憲法を守ってさえいれば平和が続くと思っている輩も多く存在しているのも確か。

 「平和ボケ」という言葉は、我が国の高度成長からバブル時代にかけて、金儲けや飽食に狂奔してきた世相や空想的平和論を弄び、米国の核には反対しても、支那やロシアの書くには反対したことも無い左翼運動家を揶揄したものだ。

 今や左翼に止まらず国民の多くが、まやかしの平和に気付かぬまま、魂亡き繁栄に現を抜かし、私利私欲に狂奔してしまっている。

 安倍首相でなくても、「同胞を死に追い遣ったテロリストに罪を償わせる為に」、また「テロに屈しない」というならば、我ら日本人自身が戦後の平和主義の妄想から覚醒せねばならないのだ。

 戦後の我が国の平和は単なる偶然に過ぎず、北朝鮮に拉致されたまま、未だ救出すら、まともな交渉すら出来ない現状を見れば、正に拉致というテロ事件は平和主義という妄想が生んだ悲劇であると断じても過言ではない。

 国家の大本をいつまで他国に委ねるのか。今こそ、平和や安全というものは、自らの手で創り出さなければならないのである。

 安倍は「テロと戦う国際社会で日本として責任を毅然として果たしていく」と強調する。

 その上で「食糧支援や医療支援といった人道支援を拡充していく」という。これが「テロと戦う国際社会で我が国の責任だ」とするならば、その認識は間違いであると断じざるを得ない。

 人道支援とは耳障りのいい言葉だが、人道支援しか出来ない政治の歪みを現すもので、これ即ち現憲法の矛盾を曝け出していることでもあるのだ。

 出国前、「何があっても私の責任」とその覚悟を示していた後藤氏。これは、自分の夢を果そうとした結果であり、気の毒などと言い現わしたらそれこそ気の毒だ。正に「男子の本懐」、これに尽きる。

 怠惰な生活に溺れ、まやかしの平和の中で「自己責任」「自業自得」などとか断じてる輩よりも立派だったと思う。合掌

cordial8317 at 09:47│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

藤沢秀行と升田幸三。こうした勝負師から学ぶことは実に多い邦人殺害の実行犯とされる英国人を国際指名手配せよ!