発展途上国でもあるまいし「観光立国」という愚策を止めよ!我が国の石油危機を救った「アラビア太郎」こと山下太郎

2014年10月28日

原発稼働停止で緑豊かな森が破壊されて行く

DSC01387
 最近は県内をドライブすると大規模な太陽光パネルや巨大な風力発電の風車を目にする。郡山市内では布引山、会津の背炙山の巨大風車は正に圧巻。だが自然の風景と最先端技術の融合は見る者にとっては異様な光景である。

 原発稼働停止で、国内の大資本から民間企業、外国資本までもが太陽光発電事業に参入した。結果は地上げ屋が跋扈し、山林が売買され森が伐採されて行った。緑豊かな森が人工的なパネルで敷き詰められ、広場も埋め尽くされ自然の景観を損なっている。バブルで浮かれてゴルフ場を開発しまくったことと同じ構図だ。

 エネルギー資源の乏しい我が国が、原発の再稼働無しで繁栄を維持出来るとは到底思えないし、産業振興、電力不足など不安は大きい。何より、「便利」という価値観に溺れた日本人が、太陽光や風力、石油や天然ガス、再生可能エネルギーだけでの生活に満足するとも思えない。

 反原発派は「電力は足りている」という。だが、原発事故以来、化石燃料に頼ったツケが我が国経済に大きく圧し掛かっているではないか。今年度上半期の貿易収支は5兆4271億円の赤字。これは、原発停止に伴う火力発電に使われる液化天然ガスや太陽光パネルに使われる半導体等電子部品、石油製品の輸入増加が原因だ。

 原発はプルサーマルや高速増殖炉も実用化出来れば、化石燃料に依存しなくてもかなりのエネルギーは自国で賄える。国力低下を食い止める為にも再稼働を急がなくてはならない。「脱原発」の理想は分かるが、それよりも原発の安全対策を施すことが喫緊の課題であり、福島原発事故も防波堤などの整備を万全にしてさえいたら、大事には至らなかったではないか。

「想定外」の巨大地震が起き、東日本大震災を上回る大津波が発​生したとなれば、日本の原発より、中共や韓国の原発が危​機に瀕するのは明らか。

 そうした事態に備え、我が国は福島原発事故の原因と対策、更には収束技術や環境に与える影響などあらゆる研究を怠らず、万が一、事故が起きたなら、その研究や技術を提供することこそ、原発事故を起こしてしまった我が国の務めであろう。同時に原発に代わるエネルギー研究開発も今後の課題であることは言うまでもない。

AS20140414004042_comm
 原発に反対し、「友よ山河を滅ぼす勿れ」と叫ぶ活動家がいる。「美しい福島の自然は破壊された」などと福島の現実も見てもいないのに恰も見て来た様な嘘を垂れ流す。福島市の一級河川「荒川」は原発事故後も清流日本一を保っている。これでも福島が滅んでると言い張るのか。君、我が故郷を貶めること勿れ。

 沿岸の破壊された光景は大津波によるもので、それは宮城県や岩手県も同じこと。放射線への過敏な反応の元凶は左翼による煽動であり、大衆がプロパガンダに騙されているに過ぎない。「原発周辺が破壊されているじゃないか!」「県内外に避難している被災者は原発事故の最大の被害者」だともいう。

 これは、緊急時迅速放射能影響予測ネットワーク(SPEEDI)の数値を無視し、「原発周辺20キロ圏内」という根拠のない​避難指示に拠るところが大きい。原発の北側に在る浪江町や飯館村、葛尾村の放射線量が多いのを知っていな​がら、撤回する​ことを躊躇した菅直人と民主党政権の責任は重い。

 抑々、避難指示はSPEEDIによるデータを無視し、「半径20キロ圏内」という線引きで決まったもので、例えば原発南側に在る楢葉町や広野町の放射線数値は低く、川内村に至っては避難先の郡山市より低い(笑)

 田母神俊雄は被災者の状況を「菅直人による強制連行」だと断じている。だが、その言葉は荒っぽいが正論であり、正に原発事故というのは、事故後に反原発派に転じた菅直人による我田引水的マッチポンプに他ならない。

 民主党政権下で行われた避難指示にしろ、過敏な放射線数値にしろ、それに伴い実行された除染にしろ、喫緊に見直しすることこそ肝要で、福島第二原発は全く被害は被っておらず、事故対策を万全にし、全国に先駆けて再稼働させることこそ復旧に、そして復興にも大きく貢献するだろう。何より、現在避難している被災者は原発関連で働いていた人が少なくなく、原発を廃炉にしながら、帰還命令を出したところで働き先はなく、それこそ「戻れ!」というのは無責任極まる。

 原発稼働停止により、全国的に買い漁られた土地が切り崩され、太陽光パネルが敷き詰められてる光景にこそ営利至上主義であり、福島原発事故を責めるならば、原発事故を利用して営利に狂奔する悪徳資本家に対しても、「山河を滅ぼす勿れ」と断じるべきだったのではなかろうか。

 太陽光エネルギーという名のバブルは、電力会社が「買い取り中止」を宣言し、今後は縮小、そして事業停止するのは時間の問題。原発再稼働となれば尚更だ。太陽光エネルギー事業で伐採された森林も、バブル崩壊で荒れたゴルフ場と同じ様にほったらかしにされるだろう。麗しい緑豊かな森が元の姿に戻ることはない。

cordial8317 at 08:50│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

発展途上国でもあるまいし「観光立国」という愚策を止めよ!我が国の石油危機を救った「アラビア太郎」こと山下太郎