ヘイトスピーチを規制するなら「在特会」より先ずは「反天連」を規制せよ!「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に思う

2014年08月14日

札幌2泊3日の旅の備忘録。「果てしない大空と広い大地のその中で」

 
ブログランキングに御協力を←応援クリック、宜しくお願いします!

 DSC00697
 11日、10時25分発で札幌に向かう。台風の影響で遅れが出てる様だ。空港のラウンジで旅の無事を願い乾杯。つまみはモーニングのサンドウィッチ。これがキンキンに冷えた生ビールとの相性抜群で、お代わりを頼もうと思ったが愚妻に諫められた。

 10分ほどの遅れでどうにか出発。乗れば1時間ほどで札幌だ。結構揺れたが、飛行機初搭乗の愚妻はあんなものだと思ってた様で快適な様子だった。

 札幌に到着。松山千春の「大空と大地の中で」の一節が頭の中でリフレインする。

 新千歳空港からは電車で札幌へ。宿泊は駅近くのセンチェリーロイヤルホテル。チェックインは3時と聞いていたが、手荷物が重いので預かって貰おうとホテルに向かうと、「お部屋にご案内できます」とのことで手続きをしてチェックイン。

 昼飯は近くの「函館うに・むらかみ」さんへ。

 DSC00446
 愚妻は「三色丼」と冷酒、愚生は人気の「無添加生うに丼」と生ビール、店員が「ラストオーダーです」というので冷酒も注文し安着祝い(笑)

 程好く酔っ払い、近所を散策。愚妻は夕方予定していた「だるま本店」には行かないというので、札幌東急デバート地下の飲食店で愚妻の晩酌のつまみと酒を調達し、ホテルに送って1人のんびりと散策しながら「だるま本店」へ向かった。

 「だるま本店」は北朝鮮出身の店主が経営する店で、その昔、脱税で摘発された曰く付きの店。「北朝鮮の然も脱税した店に右翼人が行くのはチョッと」との声も聞くが、大体食べ物にそんなのは関係ね~(笑)

 北海道には北方領土返還の運動や日教組で幾度となく訪れている。ジンギスカンの美味しい店も在るのは知っているがやはり「だるま本店」がいい。

 「明日死ぬと言われたら何を食べたい?」と聞かれれば「だるま本店」のジンギスカンというのは今でも変わっていない。久しぶりに食べて思いは変わっていない(笑)

 DSC00461
 4時30分に店に到着すると既に1組2名が並んでた。3番目に並び待つこと暫し。5時の開店時には既に2、30名の行列が出来てた。

 愈々入店。案内された席に座ると店員さんがジンギスカン鍋を置き、玉葱と長葱が載せられる。生ビールを注文したと同時にジンギスカンが出される。ここは「生マトン」。生ラムも美味しいがジンギスカンは生マトンが旨い。

 狭い店内はあっという間に煙が充満し煙いのなんの。それでも生ビールをお代わりし、ジンギスカンも3皿平らげ、20分ほどで店を出た。早いでしょ(笑)

 店を出ると、大日本愛国党北海道本部政治局長の雪田顕正さんが立っていてビックリ。何やら携帯やFBで連絡してた様だがそれに気付かず恐縮する。

DSC00464
 飲むには早い時間で何処もやっていないということで、雪田さんの知人の経営する「スパホテルソーレ」屋上でやってるビアガーデンで一献することに。因みに「SOLE」という店名は「総連」からの「SOLE」、ここも北朝鮮の店らしい(笑)

 雪田さんとはFBでのやり取りはあったが会うのは今回が初めて。人相風体も、着てる服も愚生と似てて、何か弟に会った様な感じで初めてという感じがしない(笑)

 渾身の悩みや大病を患ったことなど微塵も感じさせない雪田さんに男気を感じ、好漢との一献は正に、「一献歌」の歌詞の如く、「男の酒の嬉しさは忽ち通う意気と熱」。ということで、「いざ、我が友よまず一献」と相成った。

 ところが1杯目も終わらないうちに雨がぱらぱらと。まぁ直ぐにあがると思っていたが、益々酷くなるばかりで撤収し、下の階のレストランへ移動した。

 いつものことだが程なく酔っ払い、論談風発して時の過ぎるのを忘れる。

 その後、雪田さんの行きつけのバーに移動。店の前では雪田さんの門下生・村井祐介さんに出迎えられた。好さ気なバーだったのだが酔っ払ってて名前も分からない(笑)

 DSC00468
 バーボンソーダを何杯飲んだだろう。全く分からない。何を語り、何を聞いたのかも定かではないが、まぁ酔っ払った時の言葉こそ本音だと思っているので気にはしていない(笑)

 雪田顕正という好漢との邂逅と心地いい酒の余韻を味わいながら、薄野から酔い覚ましがてら歩いてホテルに向かった。

 札幌二日目。今日は愚妻を旭山動物園に連れて行く。夫婦共々動物は好きで、動物は癒される。ということで、バスターミナルに向い手続きを済ませる。

 9時過ぎに出発、旭山動物園まで途中休憩を挟み約2時間半。座席は前々から予約していたので最前席、運転手より見晴らしも良く快適な旅となった。

 DSC00475
 バスガイドさんは井城美香子さんというベテランガイド。このガイドさんの説明が何とも上手で、北海道の歴史を始めとした話は大学の講義を聞いてる様で実に勉強になった。

 そうこうしているとあっという間に旭山動物園に到着。昼時だったのでレストランは大行列。入場する前に近くのレストランでカレーと豚丼を頂く。勿論、生ビールも。つまみはチキンスティック。これが何とも安くて旨い。

 旭山動物園は旭川市が経営してるので実に良心的。聞けば、動物園の動物は皆、市職員に登録されていて、食事代は自分達でやりくりしているというから大したものだ。

 レッサーパンダの散策に微笑み、アザラシのサービス精神の豊富さに感激し、暑さに参るライオンや白熊に同情し、カバの百吉の暴れ様に感動する。

 園内を3時間ほどかけ見物したが、歩き過ぎて最後はカートに乗った。道行く人がこっちを見て嗤っている様に見えたのは気の所為か(笑)

 DSC00564
 札幌に戻ったのは夕方6時過ぎ。今日も雪田さんと待ち合わせしているので、昨日も行った東急で買い出ししてホテルに送り、狸小路へ向った。

 道に迷ったこともあり待ち合わせ時間に少し遅れた。雪田さんに連絡すると雪田さんの後輩で大日本愛国党北海道本部の政治局次長・泉谷さんが迎えに来てくれた。

 待ち合わせした場所は「すし明」。何やら泉谷さんの行きつけの店らしいが、実に愚生好みの寿司屋で、店内は店主の拘りを感じさせる店で、何よりも店主の寡黙さがいい。

 「おまかせ」で注文。愚生は地酒の純米酒の冷酒で乾杯!

 泉谷さんはこの後に会合があるというので酒ではなくウーロン茶。何やら泉谷さんは札幌市内で4店舗ほど店を持ってる若手事業家らしく、昨日の後輩にしろ、いい後輩を持ってるというのは雪田さんの器量の賜物だろう。

 右翼人としても、こうした後輩が地方と雖も頑張ってることは実に頼もしい限り。

 DSC00570


 DSC00576


 DSC00578


 DSC00592


 DSC00598


 DSC00600
 北海道らしい肴で酒も進み、今日も昨夜同様、論談風発に時の過ぎるのを忘れたのは言うまでもない。ホントいい出会いと酒だった。

 画像はホンの一部だが、酒肴も握りも店主の人柄も最高。特に〆のあさりの味噌汁は感動もの。いい店を教えて頂いた。またいつか伺いたい札幌の寿司屋の名店だと思います。

 「河岸を変えて飲み直しましょう」という雪田さんの言葉に気持ちも揺らいだが、再会を約束し、今宵ものんびりと札幌の夜の雰囲気を味わいながら千鳥足でホテルに向かった。 

 札幌三日目。9時にチェックアウトを済ませ、地下鉄を使い大通り公園へ。テレビ塔で時間を潰し、昼めしはスープカレーを食べようと目当ての「ガラク」へ。

 DSC00638
 開店前だというのに既に100名ほどの行列。諦めて札幌ラーメン横丁に行くも、何か気が進まない。腹も減ったので薄野のラーメン屋に入ってみたがイマイチで、ラーメンはやはり生まれた地元のラーメンに限る。

 ということで、札幌駅に戻り、新千歳空港へ。

 出発までは未だ3時間ほどある。空港内に在る温泉でのんびりしようと思ったが、空港内のレストランで時間を潰す。

 スープカレーの店に行くも、カレーの前に頼んだつまみで腹一杯になり食べるのは諦めた。まぁガイドさんも言ってたが「スープカレーはレトルトでもそれなりの味が出てます」とのことで土産を買うことにした(笑)

DSC00684
 出発までは未だ時間がある。札幌の〆はバーラウンジで「流氷ハイボール」。これが実に旨い。ニッカの「ブラック」と「余市」のブレンドで、耳を傾ければ炭酸に解けてく流氷の音が何ともロマンを感じ心地いい。

 夕方5時の飛行機で福島に帰還。と、そんな感じで札幌2泊3日の旅は終了しました。好い旅でした。雪田さん、有難う。またいつの日か一献!

 にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村



cordial8317 at 20:29│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ヘイトスピーチを規制するなら「在特会」より先ずは「反天連」を規制せよ!「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に思う