慰安婦連行の「虚偽」を認め記事を取り消した朝日新聞札幌2泊3日の旅の備忘録。「果てしない大空と広い大地のその中で」

2014年08月09日

ヘイトスピーチを規制するなら「在特会」より先ずは「反天連」を規制せよ!

 
ブログランキングに御協力を←応援クリック、宜しくお願いします!

 本日は長崎に原爆が投下された日であると共に、旧ソ連が「日ソ中立条約」を蹂躙、同胞の虐殺、強姦、略奪がこの日を以て開始され、我が国固有の領土が強奪された民族痛恨の日であります。犠牲になられた先人に対し、衷心より哀悼の意を表します。

 舛添東京都知事は、7日安倍首相と対談し、在特会のヘイトスピーチ(憎悪表現)について、「民主主義や基本的人権に対する極めて重大な挑戦だ」と述べ、国レベルで規制への対策を検討するよう要請した。

 これに対し安倍は 「(ヘイトスピーチは)日本人の誇りを傷つける。しっかり対処しなければならない」と述べ、自民党で対応を検討する考えを示唆した。 

 在特会のデモを「ヘイトスピーチ」だからと批判するなら、愚生も現役右翼時代、日教組大会に登場しては「槙枝(日教組元委員長)殺せ!」だとかやってたし、信濃町に繰り出しては「池田大作は地獄に堕ちろ!」なんてのもやってたな(笑)

 麻布十番では韓国大使館や民団に出向いては抗議と共に、「パーポーチョソン」だとか「オマエらキムチ臭いから今直ぐ日本から出てけ!」とか、やりたい放題。

 ベンツの中から宣伝車を撮影してたオッサンらに「何撮ってんだ、コラッ!」って言ったのはいいが、パチンコ屋か朝鮮人の成り金だろうと思ってたら、山〇組の直参二組。新橋の本部事務所に乱入され、最後はホテル・オークラに呼び出され凄まれたっけ(爆)

 まぁ結局は愚生じゃ埒が明かないし、二代目の早坂総隊長が昵懇だった山〇組の中〇会の人間が間に入り事なきを得たが、ヤクザってのはやっぱ名前のデカいのが強いね(爆)

 よくよく考えれば愚生が行動隊長だった頃の防挺の抗議街宣ってのは、今でいう「ヘイトスピーチ」と同じだわな、ってか在特会なんかよりもっと品がなかったかもね(笑)

 在特会に批判的な自称・正統右翼は、武士道精神もないのに「武士道精神に悖る」だとか、「在特会のデモは怪しからん」と断じるが、愚生はああいうスタイルの団体が在ってもいいと思ってるし、一律化してしまった右翼より魅力的だ(笑)

 在特会を批判する前に、天皇への侮蔑を繰り返す「反天連(反天皇制運動連絡会)」のデモこそ糾弾し、刺違えてでも阻止するべきだし、安倍も「日本人の誇りを傷付ける」というのなら、公の場所で堂々と「天皇粉砕」を叫ぶキチガイ共こそ排除すべし。

 抑々、日本国憲法の「表現の自由」や「集会の自由」を楯にこうしたことが赦されるのなら、在特会の街宣のみを規制しようというのは片手落ちというものだろう。

 現憲法では確かに「結社の自由」や「集会の自由」「表現の自由」が保障されている。憲法は国の最高法規であり、憲法が最優先されるのは当然のこと。

 だがどうだろう。街宣するにも勝手にやっている訳でもなく、やるにしても警察にショバ代を払い、「道路使用許可」を貰うのだが、やる際にも時間も音量も規制される。

 「結社」も「表現」も「集会」も「自由」なら、ビラ貼りの規制も、ショバ代も、音量規制も、時間制限も明らかに憲法に抵触するものではないのか。

 だが、憲法云々の前にやはり公共の福祉を守るという常識がなくてはならないのだ。

 「道路交通法」や「静穏保持法案」「騒音防止条例」などで規制するのもそういう理由からだが、見方を変えれば「日本国憲法」というものは国の基本法として機能しておらず、「道交法」や「刑法」より軽い法律と見做されているとも言えよう。

 因みに、「大日本帝国憲法」第二十九條にはこう在る。

 「日本臣民ハ法律ノ範圍内ニ於テ言論著作印行集會及結社ノ自由ヲ有ス」

 この「法律ノ範圍内ニ於テ(法律の範囲内)」というのが大事で、法律の範囲内で「集会」や「結社」の自由が認められるのだ。

 こうした文言を見てもやはり我が国の憲法には「大日本帝国憲法」が相応しい。

 「表現の自由」が何でもかんでも赦されるなら、マスコミも「放送禁止用語」なんてのは要らないだろうし、マスコミは先ずはそこから始めて言論の自由の模範を示せばいい(笑)

 在特会の街宣をヘイトスピーチだと騒ぎ立てるのは単に論理のすり替えでしかない。

 在特会の目的は「在日特権を赦さない」ということであり、ヘイトスピーチばかりを問題視させることによって「在日特権」を矮小化することが狙いなのだ。

 在日特権問題の元凶は、朝鮮人らを野放しにしていた行政側の責任が大きく、行政側の職務怠慢を看過し、「街宣は公共の福祉に抵触する」と差別認定して摩訶不思議な判決を出した。

 有罪判決が下された在特会の抗議行動も、その元凶は朝鮮学校の不法占有であり、その経緯を見れば竹島の不法占拠と同じゴネ得でしかない。

 こうした朝鮮人の違法行為には寛容で、在特会側のみを一方的に断じることは本末転倒と言う他はなく、こうした不公平な対応は国益にも合致しない。

 今年もまた終戦の日がやって来る。靖國での左右入り乱れての喧騒は感心しない。

 国会議事堂や外国公使館周辺での街宣や拡声器での抗議活動は、本来「静穏保持法案」によって禁止されている訳で、警察は8月15日のデモや街宣は徹底して排除するべきである。

 陛下の靖國神社御親拝を実現する為にも、日本人の誇りを傷つける「反天連」のデモを取り締まり、静謐な環境を創り出すことこそ大事である。

 「ヘイトスピーチ」なんぞ「反天連」の不敬極まるデモに比べれば可愛いものだ。こうしたキチガイ共のデモを規制出来ない警察に代わり、終戦の日に靖國に参集する右翼や自称・保守派は「反天連」と刺違え、存在を示せ!

 にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村



cordial8317 at 08:43│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

慰安婦連行の「虚偽」を認め記事を取り消した朝日新聞札幌2泊3日の旅の備忘録。「果てしない大空と広い大地のその中で」