本日は「主権回復の日」、明日は昭和天皇の御遺徳を偲ぶ「昭和の日」集団的自衛権の行使容認に関する安倍の危機意識は至極真っ当なものではあるが

2014年05月13日

「今の福島に住んではいけない」という差別に厭きれる

 愚生も好きな人気漫画「美味しんぼ」で、東京電力福島第一原発を訪問した主人公の山岡士郎が鼻血を出し、双葉町の井戸川克隆元町長らしき人物が登場して、「福島では同じ症状の人が大勢いる」と発言する描写に対しての批判が相次いでいる。

 作者の雁屋哲は「ここまで騒ぎになるとは思わなかった」とその軽挙を認識している様だが、この男の売国性を見れば確信犯だったことが窺える。「福島にはもう除染しても人は住めない」「今の福島には住んではいけない」と言いたい放題。

 地元双葉町を始め県や環境省、瓦礫を受け容れている大阪府と大阪市など各地からの相次ぐ抗議に小学館も対応には苦慮している様だが、「議論をもう一度深める助長になることを願って作者が採用した」と堅白同異の弁を垂れ流している。

 小学館のホームページでは「鼻血と放射線の因果関係を断定する意図はない」としているが、発刊前からこうした問題点は指摘されており、要は世論の騒動を利用した営利至上主義であると断じざるを得ない。況してやこれは福島県民に対する差別ではないのか。差別に敏感なマスコミや出版社が差別を助長するとは何事か。

 我が国は在日への差別には敏感に反応するが、日本人自身への差別には寛容で、然もそれが日本を貶めることならば売国勢力は団結するという実に不可思議な国だ。

 大江健三郎が現地取材も無しに書き上げた「沖縄ノート」という書籍がある。この本に「25年ぶりの屠殺者と生き残りの再会」という表現が綴られている。沖縄での「虐殺者」を「屠殺者」に準えている。 「差別」に敏感である筈のマスコミや部落解放同盟が、大江のこの差別表現に黙殺しているのは不思議でならない。

「屠殺」という差別表現に拘るのなら、大江の「沖縄ノート」こそ差別表現の最たるものとして糾弾されるべきものであろう。評論家の呉智英は、この「沖縄ノート」の差別表記に驚愕し、「これ(差別用語)、いつから解禁になったのか。虐殺を屠殺になぞらえようものなら許すべからざる差別表現として部落解放同盟と屠場労組の苛烈な糾弾が展開されたことは言論人なら誰知らぬものはいない」と語っている。

 更に、呉は例えて、1982年の俳優座のブレヒト原作、「屠殺場の聖ヨハンナ」について、「改題してもなお激しい糾弾に合い上演は困難を極めた」と指摘している。この騒動の際に部落解放同盟らが、「誰々の作品だから差別はない。神格化したものの考え方を一掃したい」と言明したことまでも振り返っている。

 また、1987年には「沖縄ノート」と同じ岩波書店で出版した「報道写真家」という本の中の、「戦場という異常な状況下では牛や豚などの家畜の虐殺と同じになる」という記述が問題にされて回収処分となっていることも紹介している。

 何故か「沖縄ノート」は一度も糾弾も回収もされず、それどころかアホな裁判官がこのフィクション本を証拠として採用し、「集団自殺の軍命令があった」との摩訶不思議な判決を出した。大江健三郎のみ「神格化」される理由は何か。

 部落解放同盟が「神格化したものの考え方を一掃したい」とした声明は嘘なのか。要は「売国」「反日」では共闘するということ。所詮は「差別」なんぞより己らの利益が優先される。その他の理由なんぞ付けたりに過ぎない屁理屈だということだ。漫画に登場した元町長も「高が漫画で・・・」と気に留める様子はなく、己の発言が福島への風評を助長するということも自覚がないとは呆れ甚し。

 井戸川元町長は「漫画に環境省が異常なほど反応していますがこれは彼らが福島で安心キャンペーンの嘘がバレるために躍起になって否定をしているからです、嘘をついていなければ漫画がどうしたと平静でいられるものです。如何に福島は危ないかを証明しているのは今の環境省です」とのトンチンカンな自説を垂れ流した。

 環境省の陰謀説とは恐れ入るが、こうした大馬鹿者が福島第一原発設置の首長だったというのだから地元住民にとっても県民にとっても不幸としか言い様がない。

 この井戸川は、中間貯蔵施設設置に絡み怪しげな噂が飛び交い、結局は議会で不信任決議を受けて町長職を辞任した人物でもある。以前にも日本生態系協会会長の池谷奉文という人物が「福島の人とは結婚し​ない方がいい」「今後、福島での発がん率が上がり、奇形児が発生する懸念がある」などとの発言してるが同類である。

 池谷は「福島の人を差別する様なことは思っていない」と反論​し、己の妄言を正当化していたが、「結婚はするな」「子どもを産むな」とはどういうことか。今回の「美味しんぼ」も同じこと。今までも「反原発」の立場から殊更に放​射線の恐怖を煽る発言や表現はあったが、その発言に根拠はなく、単なる妄想ばかり。

 キチガイ池谷は「福島ばかりじゃございま​せんで、栃木だとか、埼玉、東京、神奈川辺りの放射能雲の通った地域にいた方々は極力結婚しない方がいいだろう。結婚して子どもを産むと、奇形発生率がドーンと上がる」とも語っている。

 名指しされた東京、神奈川、栃木、埼玉​の地域だけではなく、日本人ならこうした妄言に怒りの声を上げて当然のこと。「反原発派」こそがこうした差別的愚論には苦言を呈すべきだと思うが、残念ながらそうした正義の声は聞こえて来ない。

 池谷や雁屋、井戸川らの、こうした日本人らしからぬ発言を鵜呑みにする人がいるとは思えないが、こうした妄言や流言蜚語は更なる差別と風評被害を齎すばかりか、放射線への誤解は復旧作業や復興にも影響を与えかねない問題なのだ。

 実際にはあり得ないことだと分かっていても、専門家としてそれなりの立場に在る者から、実しやかに「奇形が生まれる​」とか「福島には住んではいけない」などと言われれば気持ちの良いものではないし、不安になるのは当然のこと。

 原発事故にもめげずに、復旧・復興に励んでいる福島県民にとって、人気漫画「美味しんぼ」の表記は残念至極という他はなく、小学館は事の重大性を認識すると共に差別表記の漫画を早々に回収し、事の収束に当るべきである。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 08:44│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

本日は「主権回復の日」、明日は昭和天皇の御遺徳を偲ぶ「昭和の日」集団的自衛権の行使容認に関する安倍の危機意識は至極真っ当なものではあるが