安倍の靖國参拝で米国の面目丸潰れ!呵呵大笑!喩えば暗殺が全然なかったら、政治家はどんなに不真面目になるか

2013年12月28日

坂本龍馬を暗殺したのは誰なのか・・・


↑御一読前に先ずはブログランキング応援クリックをプチッとヨロシク!

 先日、小名木さんのブログ「ねずさんのひとりごと」で「坂本龍馬暗殺説」というのがアップされてて興味深く読んだ。愚生も拙ブログで論じたことがある。

 龍馬暗殺の謎について、「北辰一刀流免許皆伝の龍馬を一刀両断するとは」「龍馬はピストルを持っていたのに一発も発砲されていないのは何故か」「中岡の暗殺に、龍馬が巻き込まれたのではないか」など謎は多い。

 こうした疑問は、竜馬のカリスマ性と共に後々誇張され歪曲され、そして想像されていったのではなかろうか。

 坂本龍馬は、幕末には然程有名ではなかった人物だったという。

 維新後、数十年が経ち、四国の新聞に「坂本龍馬特集」が連載され、それが人気に火を点け、全国に拡がり現在に至っているというのが真相だ。

 坂本龍馬暗殺の実行犯は今でも歴史家の意見も様々で、「京都見廻組」と「新撰組」に分かれている。

 「京都見廻組説」では、明治時代に入り、元・隊士だった今井信郎、渡辺篤が、佐々木只三郎らと実行したとの証言を理由に挙げる。

 「新撰組説」では、刺客が「こなくそ」と伊予弁を話していたとされ、伊予出身の新撰組隊士の原田左之助刀の鞘や隊士の下駄が、近江屋に残されていたとの説を挙げる。この「こなくそ」説は、それこそ谷干城のひとりごとだ。

 こうした謎が益々龍馬の神秘性を高めているのは確かだ。

 龍馬は近江屋に、脱出する事が出来る隠れ家を土蔵に作っていたというが、風邪を引いていた龍馬は土蔵ではなく、来訪した中岡慎太郎と近江屋のニ階で、好物の「鶏の水炊き」を食らいながら歓談していた。

 部屋には二人の他に、龍馬の護衛をしていた元・力士の山田藤吉。その日、近江屋に南大和の「十津川郷土」と名乗る男らが訪ねて来る。

 山田が対応したが、その客人を疑わずに通した。部屋へ向かう途中に山田は後ろから斬られ、続いて龍馬と中岡が襲撃された。

 龍馬は即死に近く、仄聞されている様な、「わしゃ脳をやられちゅうきダメじゃ」という台詞を吐く間もなかったのではなかろうか。

 中岡は襲撃からニ日後に亡くなった。

 龍馬は北辰一刀流の免許皆伝というのが歴史的に語られているが、事実は北辰一刀流の「長刀」の使い手、つまりは薙刀だ。

 西洋流砲術も学びはしたが、実際には剣の腕前はそれほどではなかったというのが真実だろうと思う。

 居合や剣道を経験した者は分かるだろうが、龍馬の立ち居振る舞いは如何にも弱そうで、とても剣の達人には見えない。

 寺田屋事件でも龍馬は短銃で応戦はしたが、弾丸が切れたにも拘らず、持っていた刀を抜いてはいない。短銃を振り回して、両手に数か所の深手を負った。とても北辰一刀流免許皆伝の応対ではない。

 この時の傷を癒す為にお龍さんと共に薩摩の温泉に行くのだが、歴史的にはこれが新婚旅行の最初とされている。

 だが、これも根拠の無いもので、薩摩の家老・小松帯刀がそれより十年早く霧島へ新婚旅行へ行ってるそうだ。

 歴史が物語として語られる時、必ずしもその人物の真実を伝えているとは限らない。書き手や読み方ひとつで変わっていくものなのだ。

 龍馬の憧れもいいが、生き方を学ぶなら、やはり龍馬が実践した横議横行が大事。時代の寵児として活躍した人物らの共通の特徴は「言葉」が違うことだ。大衆の心を引き付けるのは「言葉」を以て他に無い。

 中でも龍馬は、正に「言葉の達人」だった。

 彼が幕閣とも勤王の志士とも通じ、後には薩長連合の仕掛け人として明治維新を豪腕で引き寄せ立役者足り得たのは、説得の技術が長けていたということであり、つまりはその言葉の豊かさに拠るものだろう。

 更にもう一つは、彼が「歩く人」だったことだ。交通の不便だった時代に、龍馬は実に驚く距離を行き来している。

 家を飛び出し、多くの人と顔を突き合わせ「横議横行」することは実に大切なことで、その邂逅こそが時代をも変える可能性を秘めていると確信している。

 今秋、久々に放浪の旅に出て「横議横行」した。また行きたいと思うが、それより年末年始の手元の不如意をどうにかせねば。呵呵。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村←ブログランキング応援クリック、最後もプチッと一押し!

cordial8317 at 07:10│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

安倍の靖國参拝で米国の面目丸潰れ!呵呵大笑!喩えば暗殺が全然なかったら、政治家はどんなに不真面目になるか