食文化の崩壊が国家の崩壊を招く!「国士・中曽根康弘先生―昭和維新の志士・戦後初の右翼宰相」の著者は瀬戸弘幸大先生(笑)

2013年10月26日

大丈夫、心配ない、なんとかなる!

 そろそろ起きようか、トイレに行こうかなと夢うつつの中、心地好い揺れにまた寝てしまった。地震もドカンとくれば驚きもするが、東日本大震災の震度6強を経験すれば、震度4や5では驚きもしない。

 小さな地震に驚いてたら本当に凄い地震が来たらパニックになると思う。兎に角、震度6は凄い揺れです。用心することは大事だが、小さな揺れに一喜一憂することなく、いつどこでも平常心でいることがもっと大事だ。

「災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。死ぬ時節には、死ぬがよく候。是ハこれ災難をのがるる妙法にて候」とは良寛和尚の金言である。

 災難に遭ってしまうことは誰でもあること。それが何処でいつ起きるかは分からない。起こってしまった災難を取り消すことは出来ないし、災難に慌てふためいたりしてしまうと、過った対処をして災難を大きくしてしまうこともある。

 小さなことで慌てたり驚いたりしてれば、心の中で災難が大きくなってしまい、いざという時には冷静な判断は出来ないだろう。起こってしまった不幸には「こういう時もある」と受け容れることも大事。人間、なるようにしかならないものだ。

 逆境やピンチになると人間というのは潜在能力を発揮するものだが、その逆境やピンチから逃れようとする人は意外に多い。それだけ人間というのは弱いものだ。だが、果して、どうにもならない運命などあるのだろうか。

「一休さん」で有名な一休宗純は、死ぬ間際、弟子達に「自分が死んだ後、どうにもならないことがあったら、これを開けなさい」と遺言状を渡したという。

 やがて、彼の死後、弟子の中で大変困ったことが起こり、弟子達は師に救いを求めようとその遺言状を開けた。そこには一言だけ、「なんとかなる!」と綴ってあったという。短い言葉だが実に重い言葉でもある。

 どうにもならない様なことは自分でそう思っているだけで、実はそれほど大したことではなく、なんとかなるものなのだ。未来のことを気にしてこじんまりするより、今を本気で真剣に生きるべきで、「一日一生」とはそういうことだ。

cordial8317 at 05:16│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

食文化の崩壊が国家の崩壊を招く!「国士・中曽根康弘先生―昭和維新の志士・戦後初の右翼宰相」の著者は瀬戸弘幸大先生(笑)