10月10日は「体育の日」。「ハッピーマンデー」を廃止しよう!七生までも同じく人間の世界に生まれ代わり朝敵を滅ぼしたいものです

2013年10月11日

安倍よ、そして政治家よ、隗より始めよ!


↑先ずはブログランキング応援クリックをプチッとお願いします!

 総選挙前、実家「相模屋」のカツ丼を食べてくれたから安倍を支持した訳ではない。語ってた政策の中で、「将来を担う子供達が自分の国に誇りの持てる教育を施す」との、その一言で支持出来ると思ったからだ。

 安倍よ、経済ばかりでどうしたら子供らが誇りが持てる様になるのか。将来の子供達は、我々が遺した借金の返済だけをしてればいいのか。

 「断腸の思い」と悔しさを滲ませた靖國への参拝も前回同様「真榊」奉納でその場を誤魔化し、「戦後レジームの総決算」と宣いながら集団的自衛権さえも憲法解釈で誤魔化そうとしているが、今やらずにいつやるのか。

 「今でしょ!」などと揶揄するつもりもないが、国の基本法である憲法の改正無くして戦後政治の総決算など出来る訳はない。改憲さえも手を拱いていて、どうやって「誇りの持てる教育を施す」のか。

 政治で大事なものは経済に非ず。未来の子供達を思えば「国防」と「教育」にこそ心血を雪ぐべきなのだ。

 だが「誇りの持てる教育を施す」と大見得を切った安倍も歴代の首相と何ら変わることなく、教育をほっぽり投げ、民主党の遺した愚策を継承し景気対策やら財政再建やらを優先するばかり。

 「教育」を疎かにし、政治家がカネの分配ばかりに狂奔するとは本末転倒である。「国防」にしても集団的自衛権を憲法解釈で誤魔化そうとするのが関の山。「戦後レジームの総決算」とは所詮はそんな薄っぺらいものだったのだ。

 「国防」とは単に領土だけを護ることではない。国を護るということは、国柄である民族、宗教、言語、​歴史、価値観、習慣、制度を護ることであり、世界の中で最も優れた我が国の精神文化​や未来を担う子供達、そして何より皇統を死守し継承して行くことに他ならないのだ。

 本を糺さず、その場凌ぎの偽善に狂奔し、自己保身、権力欲に溺れた現在の我が国の政治屋は、「自由主義経済」や「グローバル経済」に狂奔しながら詭弁を弄し、己を正当化しているが、こうした米国主導の醜い経済競争への追随は軽佻浮薄な愚行そのものであると断じざるを得ない。

 奔放に生き、世界を流浪し、大勢の知己友人を持つ日本の誇るべきナショナリスト・岡倉天心は斯く言う。

 「ああ西洋開花は利欲の開花なり。利欲の開花は道徳の心を損じ、人身をして唯一個の射利器械たらしむ。貧者は益々貧しく、富者は益々富み、一般の幸福を増加さする能はざるなり」

 「射利」とは、「手段を選ばず利益を得ようとすること」だが、消費税の値上げにしろ、TPPにしろ、この「射利」そのものだ。

 国民の幸福ではなく、共産党が吠えている様に、消費税増税とTPP参加は「大手資本と特権階級の保護を目的とするものだ」と断じても強ち間違いではあるまい。

 岡倉天心は外交交渉の上でも我が国の伝統文化に目を向け日本文化を鼓吹した。現在の我が国の政治家や官僚に決定的に足らないものがこうした国家観と気概だ。

 我が国では国の礎となった英霊の方々は国家から顧みられることが少ない。何故ならそれは政治家が中韓に諂い、英霊に感謝の誠を示さないからだが、このことがどれだけ国民精神の頽廃に繋がり、政治家の為体を招いているのか、安倍や政治指導者は考えたことがあるのだろうか。

 愛国心の欠落、その結果としての国防意識の低下、日本人としての誇りや自信の喪失、子殺しや親殺し等々、日本の社会に蔓延する問題の全ては靖國の問題に起因していると言っても過言ではない。

 消費税値上げにしても、偉そうに未来を語り、財政再建の痛みを国民に押し付けるなら、歳費を返上しろとは言わないまでも、国民から詐取している「政党交付(助成)金制度」を廃止し、準公務員的な立場から脱却すべきだろう。

 安倍よ、そして政治家よ、隗より始めよ!

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
↑ブログランキング応援クリック、宜しくお願いします!


cordial8317 at 04:09│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 常住不断   2013年10月11日 14:53
TTPにより完全に日本は植民地化されます。
韓国のように。
今の自民党は保守ではない。
保守とは培われた文化を守り伝えるもの。
自民党・安倍政権は真っ向政策のオンパレード。
それに本気で異を唱えているのが日共とは皮肉なものです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

10月10日は「体育の日」。「ハッピーマンデー」を廃止しよう!七生までも同じく人間の世界に生まれ代わり朝敵を滅ぼしたいものです