「ヘイトスピーチ」元凶は相手が朝鮮人だからと野放しにしていた行政側の責任が大きい安倍よ、そして政治家よ、隗より始めよ!

2013年10月10日

10月10日は「体育の日」。「ハッピーマンデー」を廃止しよう!

 昭和39(1964)年10月10日、「東京オリンピック」が開催された。アジアで最初の、また有色人種国としても初のオリンピックが開催された日に由来した「体育の日」のその意義を、我々は決して忘れてはならない。

 未だ幼かった為に記憶は殆ど無いが、地元の円谷幸吉選手の銅メダル獲得と、その4年後のメキシコシティオリンピック前、「幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません」と言い残し自殺したことは子供心に衝撃を受けた。

 今でも「とろろメシ」を食べる度に、「三日とろろ美味しゅうございました・・・」と綴られた円谷選手の遺書の一節を思い出す。

 毎年10月10日、実家では「紋付き祭り」が開催される。だが、「祝日法」が改悪により、所謂「ハッピーマンデー」が施行され第二月曜日が休日となってからは、祭りは10日に関係なく「土日月」に開催される。

 第二月曜日が祝日になることが何故「ハッピー」なのだろう。月曜日が祝日となったことで、例えば教育現場では月曜日の授業分の字数が減って、それを補う為に教員らは色々と苦労を強いられている。

 所謂「ハッピーマンデー」なる愚策は、左翼陣営が国體破壊を目的として、その休日の意義を薄れさせる為に施行されたものだが、こうしたものに自民党や保守を標榜する政治家が同調して来たのは実に御粗末過ぎる。

 10月10日の「体育の日」は東京オリンピックだし、1月15日の「成人の日」にしても、何故1月15日なのかと言えば、この日が「小正月」であり、神道の儀式の一つ「元服の儀」が小正月に行われていたからだ。

 国體破壊を目指す左翼陣営の最終目的は、我が国の重要な祝日である「勤労感謝の日(新嘗祭)」や「建国記念日(紀元節)」を第二月曜日にすることにある。

「勤労感謝」というと何か、労働していることに感謝する様に思ってしまうが、本当の意味は「人々の勤労によって生み出される万物の生産を祝うもの」だ。

 神の加護による農作物を始めとした恵に国民が互いに感謝し合う日なのだが、その意味を取り違えている国民は少なくない。やはり「勤労感謝」というより、「新嘗祭」という名称が相応しい。

 また「建国記念日」にしても、三笠宮崇仁殿下の「紀元節祭復活は科学的根拠に欠ける」と、皇居皇霊殿での祭祀に反対している意見を利用し、2月11日に拘る必要なしなどとしているが言語道断。

 左翼陣営はこうした既成事実を積み重ねることによって、日本の歴史や伝統、文化を否定する論拠とするというのは言わずもがな。

 本来「祝日」と「休日」では全く意味が違う。「祝日」には夫夫意味が在り、その日に祝うからこそ、その価値が見出される。我が国の「祝日」ほど国柄や国體の精華を理解出来るものはないのだ。

 GHQが我が国の歴史や伝統、文化を否定することから始まった「祝日法」を再改正し、「ハッピーマンデー」を廃止し、本来の在るべき姿に見直すべきだ。

 まぁそんなとこですが、神社庁の「祝祭日には国旗を掲揚しましょう!」というスローガンにも違和感を覚える一人です。呵呵。

cordial8317 at 05:11│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「ヘイトスピーチ」元凶は相手が朝鮮人だからと野放しにしていた行政側の責任が大きい安倍よ、そして政治家よ、隗より始めよ!