「熱狂する大衆のみが操縦可能である」とはよく言ったものだ神代の時代より現在まで一貫して貫く精神こそが神道であり、正に神道なくして日本なし

2013年10月03日

いにしへの姿のままにあらためぬ神のやしろぞたふとかりける

 皇大神宮(伊勢神宮)の式年遷宮で神道最大且つ最重要の儀式である「遷御の儀」が昨夜厳かに斎行された。式年遷宮とは20年に一度、神様に新しい社殿に遷り戴き、神の瑞瑞しい力の蘇りを祈る神事であり「大神嘗祭」とも呼ばれるものだ。

 繰り返し再生することで、いつも変わらない姿で、瑞瑞しいままに「永遠」を目指すことを「常若(とこわか)」といい、「常若」こそが神宮の大本の精神であり、この思いと祈りこそが先人の英知を象徴していると言えよう。

「万葉集」の時代、全てのものには魂が宿るとする信仰があった。米には稲魂(いなだま)、木には木魂(木魂・こだま)、言葉には言霊(ことだま)。国にも国魂(くにだましい)が在るとされた。

 オオヒルメムチといわれた「天照大神」は光の魂であり、日霊である。その神や国の魂を清新にすれば、我が国は若々しく、愈々栄える。

 つまり弥栄(いやさか)になるとされたのだ。 20年ごとに日本の国の魂を生まれ変わらせることによって、国家が若返り、そのことにより永遠を目指そうとするのであるが、何とロマンチックで素晴らしい想いだろう。

「常若」というのは、「古事記」や「万葉集」にある「常世(とこよ)」と同じ様に御目出度いことで、室町時代の古文書にもしばしば出てくるが、いつも若々しいこと、永遠に若いことを意味し、それは正しく神宮の目指す理念である。

いにしへの姿のままにあらためぬ神のやしろぞたふとかりける(明治天皇御製)

「式年遷宮」の神事を見入りながら、日本人として生まれた喜びを感じるとともに、この古から続く精神こそ受け継いで行かねばならない。すめらぎいやさか。



cordial8317 at 05:58│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「熱狂する大衆のみが操縦可能である」とはよく言ったものだ神代の時代より現在まで一貫して貫く精神こそが神道であり、正に神道なくして日本なし