アメリカは日本の番犬だったが、その番犬も・・・9泊10日の旅、無事に帰還しました。皆さん、ありがとう♪

2013年09月09日

2週間ほど愛を求め、放浪の旅に出掛けて来ます。呵呵

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
↑ブログランキング応援クリック、宜しくお願いします!

 「人間の財産というものは、いざと言う時に自分を支えてくれる人は勿論のこと、各自が目指す目標実現の為の知恵袋でもある」

 右翼浪人を気取り、日々の生活にも汲汲してはいるが、正にそういった理解者や個性的な友人・知人に巡り会えたことは、在り来たりの人生を送るサラリーマンよりも恵まれてるのだろうとは自覚している。

 右翼団体を辞して数年が経つが、右翼人というか一維新者として、このままで果たしていいのかと日々自問自答する。

 今から20年ほど前、今は亡き右翼浪人の横山武彦と、約1ヶ月かけて全国行脚の旅をした。その旅はそれまでの右翼人生が変わるきっかけでもあった。

 深い目的など無かった。やることもないし、ならばボーっとしてないで、行き当たりばったりの放浪の旅にでも出るかくらいの気楽なもので、目的地は鹿児島県知覧の「特攻平和記念館」。知覧には出発して一週間後に到着した。

 旅をした横山とは歳が20も違ったが妙に馬が合った。

 横山に初めて会ったのは防挺時代で、愚生が入隊した頃、横山は副隊長だった。それを考えれば、「縁は異なもの味なもの」とはよく言ったもので、人生とは実に面白いものだと思う。

 愚生が入隊してから数年後、諸事情で横山が防挺を離れ、故郷の天草に蟄居した。それから何年経ったのだろう、郡山で邂逅することになった。

 爾来、痛飲は言うに及ばず、色々と行動を共にしたが、酒好きが祟って数年前、幽冥境を異にした。

 破天荒な右翼であり、究極の反面教師だった横山が寂したことは愚生にとって返す返すも無念なことだった。

 その横山との旅は愉しいもので、別段、「右翼とはなんぞや」だとか、政治の話をする訳でもないのだが、一緒に行動することで何かを吸収したのは違いない。

 この旅によって、愚生の心の師である高花豊先生と邂逅し、先生から右翼人としての貴重な30代から50歳まで、物心両面で支えて頂いた。

 横山との邂逅と全国行脚の旅が無ければ、高花先生との出会いも無かった訳で、人生とは正に「邂逅の一言に尽きる」ということを痛感する。

 自由気儘に歩き回りることが禁止されていた幕藩体制下に「横議横行」を勧め、下級武士らに「脱藩せよ!」と叫んだのが吉田松陰だ。

 松陰は「一君万民論」を唱え、近代国民国家を志向した魁であり、そこから「草莽屈起論」を導いた。つまり、「天皇=一君」と「国民(臣民)」という関係を構築する為に封建制度を打破すべく脱藩し、一草莽たれと訴えたのである。

 その結果、松陰の意を汲んだ下級武士らが脱藩し、こうした草莽の志士らの結集が明治維新を実現させたと言っても過言ではないだろう。

 「横議横行」とは、「勝手に論ずる」とか「勝手気儘に歩く」という意味だが、「横議横行」を実践した人物の筆頭は坂本竜馬や吉田松陰だ。

 龍馬にしろ松陰にしろ、時代の寵児として活躍した人物の共通の特徴は「言葉」が違うことで、大衆の心を引き付けるのは「言葉」を以て他に無く、竜馬や松陰は正に「言葉の達人」だったと言えるだろう。

 龍馬が幕閣とも勤王の志士とも通じ、後には薩長連合の仕掛け人として、明治維新を豪腕で引き寄せた立役者足り得たのは、説得の技術、つまりは言葉の豊かさによるものだったと言っていいのではなかろうか。

 更にもう一つは、彼らは「歩く人」だったことで、交通の不便だった時代に、実に驚く距離を行き来した。

 こうしたことでも分かる様に、放浪の旅や、家を飛び出して多くの人と顔を突き合わせ、「横議横行」することは大切なことなのだ。

 「旅の恥はかき捨て」とか、それとも「袖摺り合うも多生の縁」だとかいうが、土地土地で知り合った方々と酒を酌み交わすくらい愉しいものはないし、それこそが横議横行の極意なのではなかろうか。

 そんな訳で、天草に眠る横山を偲び、全国各地の友人らと痛飲し、右翼浪人としての中途半端な生き方を見つめ直す為に、2週間ほど旅に出ます。

 旅といっても、バックパッカーとしての放浪の旅で、移動するのもバスと電車と徒歩で行くつもりだ。予算も乏しいので出来る限り野宿したいと思ってるが、車じゃないし、野営する場所を確保するにしても大変そうだ。

 放浪の旅に出るなどというと、「羨ましい」という声が聞こえて来る。「ならば一緒にどうよ!」というと、「時間がない」だとか「カネが・・・」という応えが返ってくる。要は「羨ましい」というのは空々しい言葉だと思う。

 そりゃそうだろう、今どき一週間も家を空けたら女房に叱られるだろうし、仕事にも影響が出るだろうし、何よりカネがかかる。

 不如意の折り経費の捻出も容易ではなかったし、気楽な旅をしてるほど余裕がある訳でもないが、必要な時間とか必要なお金というのは、「何としてでも作ってやろう」という強い気持ちが無いと中々出来るものではない。

 「カネが出来たらやろう」とか、「時間が出来たら・・・」なんて言ってる様じゃ、どんなことでも実行出来ることはないだろう。

 そういう意味では、どうしても欲しいものがあるのなら買ってしまえばいいし、思いっきり行動してしまえば、後で何とかなるものなのだ。

 やらないで後悔するより、やって失敗し、後悔する方がずっと本人の為になるし、失敗することで何か得られるものがあるだろう。

 そんな訳で明後日未明から旅に出ます。鹿児島の知覧や鹿屋、万世といった特攻基地を巡り、英霊の鎮魂と感謝の誠を捧げ、残り僅かであろう人生に加護を給わらんことを祈願し、体力と気力、何より資金が続く限り、全国を彷徨って来ます。

 そんな事情の為、このブログを以て暫く休止致します。では、また!


↑先ずはブログランキング応援クリックをプチッとお願いします!


cordial8317 at 06:30│Comments(4)

この記事へのコメント

4. Posted by 一大学教師   2013年09月10日 20:52
5 小生は医学部の教員をしています。講義の中で必ず彼らに説くことが、まさに貴殿がおっしゃっていることだったのです:『人は死ぬときやったことではなく、やらなかったことを多く後悔します。また、「いつかやる、、、」といっている人間がまず実際にやることはありません。みなさん、やるのは”今このとき、この刹那”しかないのです。貴君らの責務は学問することにある。医学部の6年間、しっかりと学究に精進されんことを、私は大いに期待します。以上!』。貴殿の本実践にもとづく信念が、私の胸襟に響いたので、初めてですがコメントいたしました。どうぞ有意義な右翼浪人としてのお旅をご堪能ください!末筆ながら、私が心の師、西晋一郎先生のお言葉をもって、末筆とします:

我が民族の将来と国家の前途を思うは人間の最も真剣なる感情であり、君国に忠、親に孝なるは最も現実なる道徳である。之を離れては人類愛も世界的正義も空想に過ぎない(西晋一郎先生)
3. Posted by 雪   2013年09月09日 22:41
五郎さんの言葉に、ハッとさせられました。

今の所、放浪の旅は真似できませんが、行動力や金銭、また新たに考え直そうと思います。

暫くブログをお休みするとの事で、かなり残念ですが、放浪の旅を終えた五郎さんのブログ、期待して待ってます。

お体に気をつけて。行ってらっしゃいませ!
2. Posted by 求道者   2013年09月09日 18:56
旅の無事を祈念致します。
ところで
渾身のノンフイクションブログですが、

「閲覧は郡山市民限定!」と書いてありますと

ついつい、読みたくなってしまうのが人間の心理なんですね・・・

父方の実家は千葉の木更津市でした。
昭和の終わりごろに帰りますと、県議も市議もポスターの笑みが怖すぎ、
異様というか特異な雰囲気を放っていたものです。

やはり地方議会はどこも同じなのでしょうか
(千葉は故浜田幸一大先生の地元で、金権王国として全国でも酷さが度を越していましたが)

では再開を心待ちにしております。
1. Posted by 台湾も日本ですう   2013年09月09日 08:34
臺灣にも是非。最後の大日本帝国が復活しつつありますぜ。特に台南がお勧め。孔子廟の隣の武徳殿、いいっすよ~

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

アメリカは日本の番犬だったが、その番犬も・・・9泊10日の旅、無事に帰還しました。皆さん、ありがとう♪