「米でオスプレイ着陸失敗」で大騒ぎするアホなマスコミ米国の意向通りにシリアのアサド政権退陣を表明する安倍の従属ぶり

2013年08月29日

安倍総理は「生まれた国に誇りの持てる子供達を育む」というが・・・

 小学校時代は遊んでばかりで勉強した記憶はないが、国語の「ちびくろサンボ」が大好きだった。何のことはない、サンボがトラに追いかけられて出来上がったバター(ギー)で作ったホットケーキが美味そうだったから(笑)

「ちびくろサンボ」は、父・ジャンボと母・マンボと一緒に暮らしている元気な男の子、サンボが主人公の物語だ。 両親から新しい靴・上着・ズボン・傘をプレゼントされたサンボはそれを着て、竹藪に出かける。しかし通りかかったトラ達に喰われそうになり、身に着けたものを一つずつ与えることで許してもらう。

 トラ達は、サンボからの戦利品を奪い合って木の周りをぐるぐる回りはじめる。その間にサンボは、与えたものをすべて取り返すことに成功し、そのトラ達は終には溶けてギー(インドのバター)になってしまう。

 サンボ一家はそのギーでパンケーキ(ホットケーキ)を焼く。マンボは27枚、ジャンボは55枚、サンボは169枚食べた・・・このシーンは今でもホットケーキに憧れてた少年時代を思い出す。この「ちびくろサンボ」がある日突然消えてしまった。

 主人公をインドの少年から、アメリカに住むアフリカ系黒人の少年に置き換えたことで、人種差別問題となり、事実上絶版となり書店から回収された。

 当時、イギリスでもアメリカでも、この絵本は広く受け入れられ、一時は黒人のイメージを向上させる本として図書館の推薦図書にまでなっていた。

 サンボが169枚のパンケーキを平らげる描写が「大喰らいの黒人」を馬鹿にしているのではないか。とか、サンボの派手なファッションは黒人の美的センスを見くびっている。など抗議が相次いだという。

 これらは、マスコミによって大きく取り上げられ、差別表現に神経質となった世論の影響で「ちびくろサンボ」は自主回収され、更にはカルピスの商標を始め、その他の黒人表現の自主規制にも繋がって行った。

 今では再出版される様になったが、差別や不当表記に敏感になり過ぎて、子供達への情操教育の妨げになってしまっている場合も無きにしも非ず。松山市教育委員会が「はだしのゲン」の閲覧制限を撤回した。

 教育委員会に正義はなく、所詮は占領下に行った米国の民主教育の意のままに事が進んでいるだけで、教育を崩壊させる点では日教組や共産党と大して変わりはない。戦後教育の陋習である教育委員会制度は廃止するのが妥当だろう。

 共産党や日教組の機関誌で連載されたものを単行本だからと表現の自由を振り翳し、正当な権利であると主張するが、過去には差別や不当表記などで廃刊や閲覧制限された出版物は少なくない。何故に「はだしのゲン」だけに拘るのか。

 営利至上主義の出版社にとって本の中身など関係なく、売れれば恩の字なのだろうが、それが将来を担う子供達の教育に係わるものだとしたら如何なものか。このまま嘘八百のヨタ記事を垂れ流し続けることに罪の意識は感じないのか。

 安倍首相は常々「誇りの持てる子供達を育てる」と宣って憚らないが、「はだしのゲン」を読んだ子供達が果たして生まれた国に誇りを持てるのだろうか。教育は国家の大本である。安倍さんよ、今こそ政治主導の出番ではないのですか。

cordial8317 at 06:26│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「米でオスプレイ着陸失敗」で大騒ぎするアホなマスコミ米国の意向通りにシリアのアサド政権退陣を表明する安倍の従属ぶり