かの国の「歴史」とは都合の好い様に創られる創作物に過ぎない政治が大衆迎合に陥るのは国民の政治への意識が乏しい所為だ

2013年05月31日

歴史は歴史家に任せればいいというものではない


人気ブログランキングへ

 安倍にしてもそうだが、政治家は歴史認識を問われると、「歴史は歴史家に任せる」などとキレイゴトを言うが、これは単なる言い訳であり、遁辞に過ぎない。「言い訳は見苦しいばかりではなく同じ過ちを繰り返す」というが、我が国の弱腰外交はこうした言い訳とキレイゴトが元凶だ。

 靖國神社問題然り、事在る毎に中韓からのイチャモンは絶えないが、政府は、中韓の内政干渉に屈するカタチで、「日韓歴史共同研究」「日中歴史共同研究」という茶番が行われていることを知ってるだろうか。

 日中韓の合意によって創られたものだが、抑抑、歴史の共同認識など共有出来るものではない。歴史を共有するということは、相手国の歴史を受け容れることであり、つまり自国の歴史を否定することだ。

 我が国の歴史学者は中韓の学者に比べれば多少モラルを持っているだろうが、他所の国は違うし、中韓の歴史家なんぞ酷いものだ。

 かの国にとって優秀な歴史家というものは、自国の正当性を如何に論じられるかだけで、捏造してでも真実と言い張れるかなのだ。特に韓国側の歴史に対する修正要求は、歴史解釈という様な範疇ではなく、我が国の歴史と日本人そのものを否定する愚劣なものばかり。

 日韓併合にしても、韓国人は「悪逆非道の日帝36年」だと断じる。しかし、果たしてそうだろうか。当時、韓国国民独自の力による近代独立国家建設の道など在り得ない。彼らに、あの巨大ロシア勢力の排除など到底無理だったことは、近代史を学べば解ることではないか。

 日清戦争後、ロシアが南下政策を開始し、日本が戦利品として割譲された、遼東半島に攻め入り、韓国までも触手を伸ばしている時に韓国独自でロシアと対峙することなど到底無理だったのだ。

 その意味では、寧ろ日本による韓国保護の必要性を認め、日本と一体となった上で、民族の自立発展の道を模索しようとした「日韓合邦派」の主張の方が現実的だったと言えよう。

 その合邦派を「日帝の手先」として糾弾し、その子孫をも「親日分子取締法」によって弾圧する韓国に、歴史の共同研究など語る資格もなく、実に痴がましい。

 「韓国併合」は、西洋列強のアジアの植民地支配とは違うという。

 「進んだ文化を持つ国が、遅れた国を支配することは至極当然であり、先進国が後進国を支配することを批判は出来ないが、後進国の日本の韓国併合は赦されるものではない」というものだが、「事大思想」にはホトホト厭になる。

 日本書紀の「在安羅諸倭臣」にもイチャモンを付け、「倭人は安羅の臣下で、安羅倭臣館という用語が妥当」との主張をしているが、これも韓国併合の認識同様「事大思想」に拠るものだ。

 安倍よ、「歴史は歴史家が考える」などという遁辞を弄する勿れ!歴史の問題は、一国の存亡に係わる大事である。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

cordial8317 at 12:25│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

かの国の「歴史」とは都合の好い様に創られる創作物に過ぎない政治が大衆迎合に陥るのは国民の政治への意識が乏しい所為だ