「人民日報」論文で台湾と澎湖諸島の日本帰属を認める!?「慰安婦制度」は性犯罪を防ぎ、相手民族の尊厳を最低限保つという目的で創られた

2013年05月10日

「戦後レジームからの脱却」とは言うは易く行うは難し(苦笑)

 安倍首相は中韓を慮って「我が国は嘗て多くの国々、取分けアジア諸国の方々に多大な損害と苦痛を与えた」との歴史認識を披歴しインチキ保守ぶりを露呈した。

 この認識は平成7(1995)年の「村山首相談話」を踏襲したものだが、前政権時にも「全国戦没者追悼式」などで同様の発言をしており別段驚く様なことではない。まぁ、媚俗阿世の安倍ちゃんらしい。

 靖國神社参拝や歴史教科書問題などで中韓からの内政干渉は後を絶たないが、抑々勘違いされては困るのは、我が国は中華人民共和国とは戦争はしていないし、当時日本であり日本人だった韓国や北朝鮮とも戦った訳ではない。

 韓国こそ、己らの恥辱に塗れた歴史を直視し恥入ると共に、日本に少しは感謝したら如何か。オバマに懇願してる場合じゃなかろうに(嗤)

 中華人民共和国にしても、建国は昭和24(1949)年10月1日だ。先般も大々的に「建国60年」を祝ったばかりだが、こうした国と占領下だった我が国が戦える訳もなく、我が国が戦ったのは「中華民国」なのだ。

 その中華民国とは、主権を回復した昭和27年4月28日、「日華国交条約」を締結し和解は成立している。今更ながら「取分け、アジア諸国の方々に多大な損害と苦痛を与えた」などと遜る必要もない。

 だが、我が国の歴史、大東亜戦争の意義を根本的に変える事件が起きる。昭和47(1972)年9月29日の「日中国交条約」の締結である。

 北京に詣でた田中角栄は中国共産党政府を中国唯一の合法政府であると承認し、「日華国交条約」を一方的に破棄した揚句、「日中共同声明」に調印したのだ。

 その際、田中は「先の大戦で中国国民に重大な損害を与えたことに責任を痛感し、深く反省する」と詭弁を弄する。この歴史認識こそが今に引き継がれ、その後の村山談話や河野談話に繋がっているのだ。

 何度も言うが、我が国が先の大戦で戦ったのは「中華民国」であり、戦後建国した「中華人民共和国」という一党独裁の共産国家ではない。

 「日華国交条約」という国際条約の蹂躙は道義国家として決して許されるものではない。田中が発した「先の大戦で中国国民に重大な損害を与えたことに責任を痛感し、深く反省する」との歴史認識を見直さない限り、我が国の対中外交は間違った方向へ進み続けるだろう。

 更に言えば「日華国交条約」の破棄は明らかな憲法98条違反なのだが、我が国の総理大臣が平然と憲法を蹂躙していながら、マスコミも政治家もこれを看過し沈黙した。護憲派からこの問題が提起されたこともなく、何が護憲か。連中に憲法を語る資格なんぞ無い。

 まぁ、安倍ちゃんも「戦後レジームからの脱却」とは勇ましい限りだが、言うは易く行うは難しと言うことだろう。呵呵。

cordial8317 at 06:39│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「人民日報」論文で台湾と澎湖諸島の日本帰属を認める!?「慰安婦制度」は性犯罪を防ぎ、相手民族の尊厳を最低限保つという目的で創られた