長嶋茂雄松井秀喜国民栄誉賞W受賞に想う「人民日報」論文で台湾と澎湖諸島の日本帰属を認める!?

2013年05月08日

靖國神社本殿左奥に鎮座する「鎮霊社」に詣でたことはありますか


人気ブログランキングへ

 録画していた「八重の桜」観ていたら、白河の関や二本松藩が登場し、後の少年隊・木村銃太郎隊長らが登場し、愈々二本松の戦いや会津戦争が始まる。

 会津が中心のドラマ故に、会津と戦った薩長が悪者の様にされてはいるが、我が国の歴史も「勝てば官軍」と言われる様に、薩長が後に袂を分かつと、長州閥が維新後の多くを取り仕切った。靖國神社もその一つ。

 靖國神社は明治2年、明治天皇の思し召しにより、「東京招魂社」として建立された神社だ。その合祀対象は、三条実美の祭文に在る様に、「皇軍に役立ちして、賊徒等を討たん其の義に・・・命果てぬる輩」に限られている。

 この原則がある限り、会津藩や我が二本松藩、西南戦争での西郷軍関係者が祀られることはなく、未来永劫 「賊軍」の汚名が消えることはない。

 こうした方々が祀られているのは、本殿左奥に鎮座する「鎮霊社」。昭和40年5月26日に地鎮祭が斎行され、7月13日に鎮座祭を挙行した。以来、この日に祭事が執り行われているが、今年は「みたままつり」と重なる様だ。是非とも万障繰り合わせて参上したいものだ。

 「鎮霊社」は、幕末の嘉永6年以降、戦争や事変に係わって戦没したものの、本殿に祀られていない日本人の御霊と、同時期以降の世界の戦争・事変に係わって戦没した全世界各国全ての戦没者の御霊を祀る。

 この御霊には、慶応4年の戊辰戦争で会津若松の飯盛山で自決した会津藩白虎隊や二本松少年隊、明治10年の西南戦争で自決した西郷隆盛らも含まれる。

 しかしながら、本殿と鎮霊社の並立状態は、平成13年参議院選挙直前の記者クラブでの党首討論で、所謂A級戦犯分祀について小泉純一郎がいみじくも言った「死者の選別」に皮肉にも該当する好例だとも言えよう。

 靖國神社側が、宗教的な敬虔さを示す為に、こうしたカタチで「鎮霊社」を設けたことは高い評価を受けるべきであろうが、「朝敵」とされ、死後も未だ本殿とは別にしてその死を包括し得ない現状に、真に「靖國」の意味が在るのかという疑問もまた生じてしまうのだ。

 「嘗ての会津藩士の御霊が薩長藩士の霊と一緒に祀られることを喜ぶのか」という声が無い訳ではないが、朝敵とされたままで良いとも思えない。

 会津藩に至っては幕閣で唯一の神道であり、どの藩よりも朝廷に忠節を尽くした藩にも拘らず、薩長の策謀により「朝敵」とされただけだ。孝明天皇から下賜された宸翰が物語っているではないか。

 朝敵を別なカタチで祀ることと、朝敵をも本殿に祀ることと、そのどちらが現代という時代に即して天皇(スメロギ、スベラギ)が顕現される道なのだろう。

 このまま「死者の選別」をしたままでいいのか。所謂「A級戦犯分祀論」で世論を攪乱してるアホ政治家が後を絶えないが、英霊を「戦犯」と罵った挙句、分祀さえすればそれで済むのか。そろそろ我々は明治天皇の思し召しに応える意味でも靖國の在り方を真剣に考えなくてはならない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村


cordial8317 at 07:51│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

長嶋茂雄松井秀喜国民栄誉賞W受賞に想う「人民日報」論文で台湾と澎湖諸島の日本帰属を認める!?