なにごとの おはしますをば しらねども かたじけなさに 涙こぼるる日本国憲法の功罪

2013年05月02日

「憲法改正」か「自主憲法制定」か、それとも「欽定憲法復元改正」か


人気ブログランキングへ

 安倍首相は、「第96条」の改正条項の見直しを参院の公約に掲げいるが、「憲法改正」にしろ、「自主憲法」や「新憲法」にしろ、「大日本帝国(明治欽定)憲法復元改正」にしろ、「第1条」を改憲の突破口とすべきではないだろうか。

 日本共産党は、第1条の「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」という条項を理由に天皇の存在を否定している。

 その屁理屈とは、「主権の存する我々が反対しており、国民の総意ではない。よって天皇は象徴でもなければ憲法違反の存在である」という無礼極まるものだ。

 こうした日本国民としてあるまじき無礼に対し、内閣総理大臣を始め衆参議長からも御咎めもなく、情けないことに看過しているというのが現状なのだ。

 こうした共産党の行為を苦々しく思い、怒りを覚える国民は多いが、残念ながらこの共産党の屁理屈は憲法上は正論なのだ。総理大臣や議長が傍観を極め込むのもそうした理由からだが、果たしてそれでいいのだろうか。

 日本国憲法というのは国の基本法というより占領基本法であり、国體の破壊を目論んだものだ。中でも「第1条」がその最たるのもので、この条文こそ国民に知らしめ、憲法の在り方を論じるべきだと思う。

 天皇は現憲法上の制約から、国事行為として、「国会の開会式」、首相や最高裁長官の「親任式」、「大臣の認証式」など年間約60回、国賓・公賓への接遇や会見や会食などの御公務を約170回お努めになられる実に激務と言えよう。 

 また天皇の「祭事」は、元旦未明から斎行なされる「四方拝」から始まり、「歳旦祭」、「元始祭」や毎月の「旬祭」など、実に年に約50回程に上るが、こうしたものは「公的行為」ではなく「私的行為」とされているのだ。

 天皇にとって大事なものは「祭事」であり、本来は「国事行為」よりも優先されるべきものなのだが、「祭事」は現憲法によって「天皇家の私事」とされたまま放置され続けているのが現状なのだ。

 現憲法は、歴史的な国家としての継続された「祭祀」に関する天皇の役割を否定している。これこそが日本弱体化政策の最たるものであり、これを見直さない限り米国によるGHQの「神道指令」の呪縛から解放されることはない。

 安倍政権が本気で「戦後レジームからの脱却」を図るのならば、国體や国柄、そして皇統を護る上でも、天皇の「祭事」を憲法上最優先で認められる様にすることこそ大事である。天皇は憲法以前の御存在なのだ。

 「憲法改正」というと「第9条」ばかりが問題にされるが、「第9条」よりも共産党の天皇否定の「題1条」の屁理屈を明らかにすれば、現憲法の矛盾と改憲への理解が深まるだろう。

 憲法の在り方について、改憲派は「憲法改正派」、「自主(新)憲法制定派」、「大日本帝国(明治欽定)憲法復元改正派」の凡そ三つに分けられる。

 「改正派」は、現憲法を認めつつ矛盾した部分を見直そうというもの。

 「自主憲法制定派」や「新憲法制定派」は現憲法を認めず、破棄した上で新しい憲法を国民で創ろうとするものだ。

 大日本帝国憲法復元改正派は、抑々現憲法は主権回復と共に失効しており、元々の憲法を復元し、時代に応じ改正することこそ望ましいとするもので、愚生はこの復元改正派だ。

 本来は主権が恢復した昭和27年4月28日に堂々と大日本帝国憲法の復元を図れば好かったものを、朝鮮戦争の勃発などで現憲法を利用した吉田茂の策謀によって、その絶好の機を失してしまった。

 「改憲」を分かり易く説明すれば、仮住まいに綻びが出て来たのでリフォームしてまた住もうというのが「改正派」

 借家がボロになったので建て替えようとか、引っ越そうというのが「新憲法派」や「自主憲法制定派」

 元々先々代が遺した豪邸をリフォームして、和モダン風に改造して未来に遺そうというのが「復元改正派」だ。

 安倍総理は「第96条改正」を目論み、それ機に自民党の党是である新憲法の制定を目指すのだろうが、ややもすればその96条改正が後の政権下で逆利用されかねない危険も孕んでいる。

 国柄や国體、そして皇統を護り抜く上でも、「第1条」の共産党の屁理屈を指弾し、憲法論議を活発化させると共に、先人の智慧によって創られた大日本帝国(明治欽定)憲法の復元改正を図るべきである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

cordial8317 at 08:16│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

なにごとの おはしますをば しらねども かたじけなさに 涙こぼるる日本国憲法の功罪