「主権回復の日」、死守すべきは皇統である「憲法改正」か「自主憲法制定」か、それとも「欽定憲法復元改正」か

2013年05月01日

なにごとの おはしますをば しらねども かたじけなさに 涙こぼるる

 GWの29日の「昭和の日」に合わせ伊勢神宮参拝を計画した。長年連れ添った愚妻と遠出するのは初めてのこと。28日の早朝に購入したての愛車フィアット・アッズーラ・チンクエチェントで出発。朝は喜多方の「喜一」で朝ラー。

 未だ7時チョッと過ぎだというのに超満員、席に案内されるまで40分を要した。その後は、富山の庄川を目指し、北陸道を南下する。

 大学時代、卒論テーマは「庄川の河道計画に関する研究」。大学から現地調査の費用が出ながらも現地を訪れることはしなかった。

 いつかは行かなければと思いつつも、卒業から30年も経ってしまった。喜多方から4時間ほどで富山入りし、先ずは「富山ブラック」ということで、地元でも人気という「喜八」さんへ行ってみることに。

 朝は「喜一」で昼「喜八」。別にそういうので選んだ訳ではないが、目当ての富山ブラックラーメンはメンマが塩抜きしていないのだろう嫌味なしょっぱさ(笑)

 郡山ブラックの方がコクもあり美味しいと思うが、富山のソウルフードは流石に強烈なインパクトを残した。その日は庄川の畔に建つ、薬師温泉「庄永閣」に。旅館に到着すると、国士舘大学の黒川先輩から日本酒の差し入れが届いてた。

 旅館の作りにしろ料理にしろ派手さはないが、仄仄とした好い旅館だった。秋の紅葉シーズンは最高だろう。またいつか訪れたいものだ。

 翌日、朝風呂と朝食を済ませ、庄川沿いを南下し伊勢神宮を目指す。途中、世界遺産の白川・五箇山集落を見物、名古屋を通過したのは丁度昼時。名古屋と言えば「ひつまぶし」でしょ。ということで食べログでヒットした「備長」さんへ。

 江戸前の蒸した蒲焼きも好いが、カリッと焼いた鰻も香ばしくて美味しい。先ずはそのままで、次は薬味を載せて、そして3杯目は茶漬けで。まぁ感激する程ではないが、もうチョイ安くはならないものか。昼食を済ませいざ伊勢へ。

 到着したのは4時近く。伊勢神宮の正式名称は「神宮」。神路山の皇大神宮(内宮)と、高倉山の豊受大神宮(外宮)の両正宮からなる。両宮の間は約5キロ離れており、外宮から先に参拝するのが古来からの習わしだが、今回は内宮から。

 29日は「昭和の日」だが、所謂A級戦犯の方々が「死刑」の求刑をされた日でもある。そして処刑されたのが今上陛下生誕日の12月23日。

 この事実をしても米英の非情さが分かるというものだが、その米国に国家の大本を委ねた儘で何が「主権回復」か。実に嘆かわしいことだ。

 本社を前にし、昭和天皇の御遺徳を偲ぶと共に、皇室の弥栄と心願成就を謹んで祈願した。内宮は垂仁(すいにん)天皇の時代(3世紀後半)、宮中に祀られていた天照大御神をこの地に移した時を創祀とする。

 日本の祖神として、あらゆる神徳がある。五十鈴川の清流に架かる宇治橋を渡ると内宮の神苑。参道は深い森に囲まれ静謐且つ荘厳な雰囲気に満ちている。

 神様を拝むには心身を清めることが大事で、どの宗教もそうだが、特に神道では清浄という「禊(みそぎ)」を尊ぶ。神宮に橋が無かった時代、参拝する為には必ず歩いて五十鈴川を渡らなければならず、自然に禊が出来る様になっていた。

 現代では川などで禊をしてからということが難しいので、神社には参道に「手水舎(てみずや)」が置かれ、ここで身を清める。手水舎は「禊」の場所であり、神社では重要な場所なのだが、手や口も清めずに本殿に参じることはイケません。

 翌日早朝に参拝した外宮は、内宮の創始から約500年後に丹波の国から移された社だ。祭神の豊受大御神は、穀物神で天照大御神の食物を調達するという意味がある。内宮より明るく開放的な雰囲気で親しみ易さを感じさせてくれる。

 神宮は内宮に「天照大御神」を、外宮に「豊受大神宮」を祀る。社殿は日本最古の建築様式の一つ「唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)」で、檜を素材にして清楚な佇まいを見せている。質素乍らも荘厳な神社である。

 伊勢神宮は1年中が祭りで、全て合わせると千数百に及ぶという。中でも祈年、神御衣、月次、神嘗、新嘗は五大祭として盛大に執り行われる。

 日本人なら「お伊勢参り」は一生に一度はしたいものだ。おはらい町に在る「おかげ横丁」はそんなお伊勢参りの人達で連日賑わっているが、自然発生的にこうして全国から詣でる姿を見れば、日本というのは未だ未だ大丈夫だと痛感する。

 社殿は20年毎に造り替える「式年遷宮」の制度があり、今年がその年に当たる。更に多くの善男善女が訪れることだろう。愚生も参加してみたいものだ。

 日本というのは伝統を重んじるが、それと同時に新しいものから息吹を頂き、それを活かすという風土がある。「遷宮」もそういう意味があるという。

 この「遷宮」を最初に行ったのが持統天皇。最近は「愛国」ブームだというが、この「愛国」という言葉を最初に使った人物こそ持統天皇である。「愛国」の由来は「日本書記・第三十三巻」に在る、「朕嘉厥尊朝愛国売己顕忠」という勅語だ。

 その意味は、「我(朕)は、貴男が廷を尊び、天皇国を思い、己を売ってまで忠誠を示したことを(顕・あきらかにした)嬉しく思う(嘉・よろこぶ)」。一般個人に与えたられた「勅語」はこれ以外にない。

 天智2年(663年)唐・新羅連合軍に攻撃された百済は日本に救援を求めると、中大兄皇子(天智天皇)を中心とするヤマト朝廷は全国から傭兵。凡そ5万の援軍を送るも、「白村江の海戦」で大敗を喫し、生き残った者は捕虜となった。

 その捕虜の一人、大伴部博麻は「唐が日本を攻める」という情報を得るも、日本に知らせる術はなく、自らを奴隷に売って資金を捻出し、仲間を帰国させ危機を知らせる。持統4年(689年)のことだ。

 奴隷となった博麻が帰国したのは何とその30年後。帰国後、持統天皇が博麻を表彰した際に送ったその言葉が前出の「愛国」の勅語だったのである。

 日本人が失った徳目を呼び返そうという標語として、「愛国心」は最も相応しい言葉だと思うが、三島由紀夫は「日本の様な国には、愛国心などという言葉はそぐはないのではないか。『大和魂』で十分ではないか」と語ったが、最近の安っぽい「愛国ブーム」を見てると三島の言葉が重く圧し掛かる。

 伊勢神宮の参拝は「二礼二拍手一礼」ではなく、「八度拝八開手」と称して、拝を八回行い、拍手を八回打つ作法なのだが、二礼八拍手や二礼二拍手でも好いらしい。神道とは大らかなものだと痛感する(笑)

 二日目は「紅葉軒」という旅館に宿泊。国士舘故に「紅葉」とかには直ぐ反応してしまう(笑)。レトロな旅館だが雰囲気もよく、料理も美味しいし、外宮の傍という便利さで、機会があれば次回も利用したいと思っている。

 という訳で、二泊三日、約1500キロに及ぶ旅も昨夜無事帰還しました。チンクエチェントは運転してても愉しい車だった。長距離を走って大満足の夫婦旅行だったが、ローンの支払いは5月末からなんだよなぁ(笑)

 今日は朔日、神棚の御札を伊勢神宮で買って来た新しいものに替え、皇室の弥栄と心願成就を祈る。そういや赤福の朔日餅が食べてみたかった。

 なにごとの おはしますをば しらねども かたじけなさに 涙こぼるる(西行)

cordial8317 at 19:06│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「主権回復の日」、死守すべきは皇統である「憲法改正」か「自主憲法制定」か、それとも「欽定憲法復元改正」か