弁当に入ってた、鯨の「竜田揚げ」や「ステーキ」が懐かしい「親日分子取締法(反日法)」なる恥ずべき悪法を廃止すべし!

2013年02月24日

出来レースだった「関税撤廃に例外」というTPP参加表明!


人気ブログランキングへ

 日米首脳会談が行われ、貿易自由化を目指す環太平洋連携協定(TPP)交渉について、関税撤廃に例外を設けることを確認し、実質、日本もTPPに参加することを表明した。まぁ「三方一両損」と言ったところか(笑)

 TPPは、オバマが政権の命運を懸けて断行する経済侵略であり、米国依存体質の日本が断ることなど至難の業だと思っていたが、案の定、その通りになった。TPP参加は「日米強化」というより、「日本の属国化」に他ならない。

 TPP推進派は同盟強化こそ日本の生き残る道であり、乗り遅れれば中共に呑み込まれると不安を煽るが、無理無体、理不尽な米国との「同盟強化」という名の「従米」は如何なものか。

 TPP不参加こそ「従順なイエスマン」を返上する好機であり、米国依存からの脱却を図る上でも重要なものだったのだが、「関税撤廃に例外」の約束事は初めから参加が決まっていた「出来レース」だろう。

 世界で、美的感受性や道徳の圧倒的高さを有する国家は日本を措いて他はなく、TPP不参加で喩え経済成長が鈍ろうとも、「それでも大いに結構」という、そういう自信や誇りというものを失ってはならないのだ。

 「米国か中共か」と究極の選択をしろと言われればそりゃ米国なのだろうが、世界の二大元凶こそ米国と中共であり、何故にその二大元凶に阿なければならないのか。そういう意味では我が国は孤高の日本でいいのだ。

 昔から、アジアの動乱の原因は米国と共産主義であり、日本がTPPに参加してもしなくても、最終的には米中の覇権争いに巻き込まれ、再び、極東アジアの日本とアジア全体に不幸を齎すことは火を見るより明らかだ。

 「日露戦争」後、動乱の全てにキリスト教徒と天道教徒が係わり、「ハーグ国際会議」後の騒乱にキリスト教徒が参画し、「寺内総督暗殺未遂事件」でも、逮捕された122人の殆どがキリスト教徒だった。

 米国内の秘密結社「新民会」による「五賊」「七賊」、所謂「親日派」の大臣暗殺計画、3.1独立運動、支那での5.4運動、支那事変、そして大東亜戦争も、米国と共産主義の巧妙な工作活動が最大原因であり、アジアの動乱の多くに米国人が係ったことは歴史が証明している。

 20世紀は正に、キリスト教徒の望んだプロレタリア独裁を標榜する中国共産党と米国が世界の脅威となったのだ。歴史は繰り返されるというが、今、その米中がアジアと日本の災いとなっているのを知らない訳はなかろう。

 国防という国家の大本を米国に委ねたまま、まやかしの平和や繁栄を享受して来たツケが一気に露呈していることに眼を瞑り、恰もTPP参加こそが日米関係を揺るぎないものとするするものだとは本末転倒だ。

 国家主権と安全保障の確立こそが我が国の喫緊の最重要課題であり、TPP参加問題なんぞ棚上げし、亡国憲法を破棄し、日米安保を再改定し、国防を強化するこそ肝要である。

 まぁそんなとこで、引っ越しの為に拙ブログはこれを以て暫し終了します。パソコンの環境が整うのは来月2日以降ですので悪しからず。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村



cordial8317 at 08:19│Comments(3)

この記事へのコメント

3. Posted by 求道者   2013年02月25日 22:52
再開を楽しみにしております。
今回の御指摘も親米保守派には耳が痛いところと思われますが
「正論」です。
近所の図書館に「NEWSWEEK」日本版が置いてありますが
いわゆる靖国問題における同誌の論調は、
朝日新聞よりひどい物でした。
頭に来てこの5年ほど読んでいませんが、今も全く変わらないと思われます。
また産経新聞の一面でよく書いている親米原理主義者・岡崎久彦という元外交官の暴論も決して忘れることはできません。
2. Posted by らるご   2013年02月25日 11:48
いつも読ませていただいてます。
落ちつかれましたらの再開
楽しみにしています。
1. Posted by アルコ   2013年02月24日 22:10
いつも拝見させて頂いてます。
楽しみに待って居ます。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

弁当に入ってた、鯨の「竜田揚げ」や「ステーキ」が懐かしい「親日分子取締法(反日法)」なる恥ずべき悪法を廃止すべし!