日本には「愛国心」などという言葉はそぐはないのではないか竹島問題は「在日特権」を考える上でも重要な問題である

2013年02月20日

堂々と出頭し、韓国人の無知蒙昧さと傲岸不遜な態度を改めさせるべし


人気ブログランキングへ

 一昨年12月26日未明に靖國神社境内の「神門」に放火した不良支那人を、警視庁は「犯罪人引渡条約」に基づいて引き渡しを求めたが、韓国の裁判所が「人道主義の観点」からというマヌケな理由でこの不良支那人を「政治犯」と認定し、日本への引き渡しを拒否したのは既報の通り。

 「犯罪人引渡条約」は、両国が互いの法益と司法権を尊重するという意味で締結されたもので、放火犯を「政治犯」と認定した韓国裁判所の判断は、「反日」では中韓は共闘するという証左であり、韓国司法の未熟さと御粗末さを世界に露呈した形となった。

 一方で、昨年6月に韓国へ渡航した維新政党・新風のメンバーが、ソウル市内の日本大使館前と「戦争と女性の人権博物館」(通称・慰安婦博物館)前に設置された慰安婦少女像に、日の丸と「竹島は日本固有の領土」と日本語とハングルで書かれた「竹島の碑」を設置した。

 この問題で、ソウル中央地検は17日までに、元慰安婦女性らへの名誉毀損罪などで男性を在宅起訴した。今後の裁判で実刑判決が出た場合、「日韓犯罪人引渡条約」に基づき男性の身柄引き渡しを求める可能性もあるというが、韓国側が本気で要求するとは思えない。

 設置したメンバーの一人は、ブログで「今後は日本大使館前にある売春婦像に〈竹島の碑〉を縛りつけた画像を韓国内に広めて、韓国内の世論を喚起したいと思います」と行動の正当性を語り、「日本大使館前に追軍売春婦像を設置したことを、日本人は黙っていない怒り心頭に達していると、世界に発信し韓国の嘘を暴き、日本の名誉を回復しなければならない」とも述べている。

 ならば韓国側に煩わしいことなどさせずとも、此方から堂々と出頭し、韓国人の無知蒙昧さと傲岸不遜な態度を改めさせる絶好の機会と捉え、一維新者として正理公道を以てその気概を見せるべし。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村



cordial8317 at 07:49│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

日本には「愛国心」などという言葉はそぐはないのではないか竹島問題は「在日特権」を考える上でも重要な問題である