1967年2月6日、ベトナム戦争で枯葉剤が撒かれる「撃つぞ!」とか「殺るぞ!」といってやった例はない

2013年02月07日

2月7日の「北方領土の日」は事勿れ主義外交の象徴だ


人気ブログランキングへ

 ペリーが浦賀に来航した二年後の安政元年(1855)2月7日、江戸幕府は伊豆下田でロシアと交渉し、「日露和親条約」を締結し、歯舞、色丹、国後、択捉の四島と千島列島の間に境界線が引かれ、樺太を混住の地と決めた。

 明治維新を成し遂げた日本政府は、榎本武揚を全権特命大使として派遣し、外交交渉を重ねた結果、明治8年(1875)5月7日、ロシアとの間で「樺太・千島交換条約(サンクトペテルブルク条約)」が締結されるに至った。

 その結果、混住の地だった樺太の北側と千島列島を交換し、南樺太と北は占守島までの全千島列島が我が国に帰属した。

 歯舞、色丹、国後、択捉の四島は日本以外に帰属したことはなく、何を今更「四島返還要求」なのか。四島返還要求こそ弱腰外交の象徴である。

 本来ならば我が国がロシアと締結した国際条約である「樺太・千島交換条約」を論拠に、或いは日露戦争の講和条約である「ポーツマス条約」に則って、四島を含む全千島列島並びに南樺太の即時返還を要求すべきなのだ。

 「北方領土の日」は2月7日ではなく、5月7日にすれば国民も北方領土への経緯も認識も理解し易いのだが、「四島返還に固執する故に「2月7日」にせざるを得ない状況に陥ってるというのが実情だ。

 2月7日に締結した「日露和親条約」は江戸幕府としてであり、日本が正式な国家として締結した「樺太・千島交換条約」こそ重んずべきだろう。

 己の土地や家を他人に強奪されて黙っている者など何処にもいない。況してや、父祖伝来の国土が強奪されて泣き寝入りする民族が何処にあろうか。

 「北方領土奪還」は正に日本民族の悲願なのだが、未だ北方領土問題が解決の糸口すら見えて来ないのは一体何故なのか。

 思うに、領土主権に対する認識不足や、如何に不法に占拠されたかの真相把握の欠如、繰り返される弱腰外交と事勿れ主義、更にはロシアへの認識の甘さと対応の甘さなどが綯い交ぜとなった結果が未だ解決の兆しすら見えない根源であろう。

 先人達の外交努力を無視し、全千島と南樺太の主権が在るにも拘らず、四島のみの領有権主張を明記し、見す見す権利を放棄した揚句に「四島返還」の国会決議をしたことは、国会と政治家の無能を示すものであり万死に値するものだ。

 北方領土始め領土主権の認識は日本共産党の主張が正しいというのは面白いというか情けない。共産党でも分かりきったことが何故に自民党を始めとした政党、政治家が理解しようとしないのは職務怠慢以外の何ものでもないだろう。

 寸土たりとも主権確立には戦いをしてまで死守しているのが世界の常識であり、奪われた領土は奪うことでしか解決出来ないというのは歴史が証明している。現在の我が国の政治家に足らないものはそうした気概だ。

 国際環境が激変しつつある時に動くものが領土問題であり、領土主権の問題は弱腰外交に見る事勿れ主義では解決など出来はしまい。

 つまりそれは北方領土や竹島を取り戻す機会が到来したと同時に、尖閣列島や対馬、或いは沖縄を奪われる危機でもあるというのは言うまでもない。

1f382f5371dc750f3234852b7a61e7f5


にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村



cordial8317 at 07:00│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 求道者   2013年02月07日 22:54
外務省についてですが
対シナ外交においてもさる事ながら、対露外交においても
不自然なほどの「不作為」が見受けられます。
対米外交についてもです。米国でアッサリ「慰安婦決議」をされてしまいました。
どうしても現代の国際的反日ネットワークたる
「創価学会インターナショナル(SGI)」の圧力ではないか?と疑わざるを得ません。
(外務省本省における創価細胞『鳳会』・
さらには第二創価にして似非保守の殿堂『松下政経塾』卒議員らと綿密に連携しているのでしょうが)

何しろ聖教新聞で「イケダ先生に名誉博士号を授与」している「友好国」というのは
全てが旧敵国なのですから。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

1967年2月6日、ベトナム戦争で枯葉剤が撒かれる「撃つぞ!」とか「殺るぞ!」といってやった例はない