国賊・鳩山由紀夫に続いて村山富市と加藤紘一が揃って訪中除染工事で暴力団初摘発されるも氷山の一角!

2013年01月31日

全日本女子柔道でもパワハラ、今や一億教育評論家か(笑)

 大阪市立桜宮高校での体罰問題を機に、今や一億総教育評論家になってしまった様だ。「暴力はけしからん」と非暴力主義的意見が大半で、日本も愈々ガンジー主義時代に突入したのだろうか。せめて「左の頬を殴られたら、右の頬を出しなさい」くらいでいいと思うがなぁ(笑)

 だが、多くの意見は「教育や指導とはどう在るべきか」という根本からかけ離れ、興味本位で<体罰=暴力=悪>という図式だけが先行し、クソもミソも一緒になった軽佻浮華な意見が目立つ。

「角を矯(た)めて牛を殺す」という諺が在る。「少々の欠点を直そうとして、反ってそのもの自体を駄目にしてしまう」という意味だ。

<体罰=暴力=悪>というレッテルばかりが騒がれて、それに踊らされてる人を目の当たりにし、枝葉に係ずらわって肝心な根本を損ってしまうのではという危機感を覚えるのは愚生だけではあるまい。 また、人というのは「好き」か「嫌いか」のどちらかだという。

「生理的に合わない」とか「以心伝心」という言葉もそうだが、自分が嫌いだとか苦手だなと思ってるいるヤツは、大概、向こうもこっちと同じ様に感じているもので、要は桜宮校のバスケ部顧問にしろ女子柔道の園田監督にしろ、生徒や選手から嫌われていたということだ。

 教員や指導者はある意味人気商売の様なもので、生徒や選手に好かれて、尊敬されて、初めて本当の「教育」や「指導」が出来るものだと思っている。

「人に意見や指導をしてその人の欠点を直す」ということは大切なことであり、親切心であり、慈悲の心だとも言えるが、意見される側や指導される側が、それを受け容れる気持ちが無ければ単なる「余計なお世話」なのだ。

 企業経営者でも、金儲けというのは容易なことだが、人を育てるというのは実に難しいものだと感じている人が多いだろう。

 大方の人は、人の失敗や欠点に対し、好まれない言い難い事を言ってやるのが親切心だと思っているが、それはややもすれば徒に人に恥をかかせ、悪口を言う結果になってしまっている場合も多いということを気付いてはいない。

 意見というものは先ず、その人がそれを受け入れられるかどうかを見極め、相手と親しくなり、自分を信用し受け容れる状態になってからでないと意味はない。

 食事や痛飲しながら相手に心を許し、自分の失敗談を話し、意見を言わなくても相手に思い当たる様に仕向けたり、相手の長所を褒めながら、その上で欠点を指摘し直すというのが本当の親切心であり、意見や指導とは斯く在るべきなのだ。

 何よりも、人というのは好きか嫌いかであって、嫌われてるのに幾ら熱く語ったところで、相手には受け容れられることはないということ。言うことを聞かない、受け容れる態度が悪いからと体罰やヤキを入れる悪循環になっているのだろう。

「そうか、好きか嫌いかか。なるほど」、右翼が喩え正論を吐いたところで、世間から忌み嫌われるのはそういうことか。呵呵大笑。

cordial8317 at 06:58│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

国賊・鳩山由紀夫に続いて村山富市と加藤紘一が揃って訪中除染工事で暴力団初摘発されるも氷山の一角!