蹴散らして前へ!御陵、墳丘への立ち入り調査を強行する学匪どもを一掃しよう!

2013年01月22日

犠牲となられた企業戦士の方々の御悔やみ申し上げます

 アルジェリア人質事件で多くの日本人が殺害されたことは、言い方は悪いが、改めて日本人が「平和」というものを考えるいい機会になったのではないだろうか。

 政府にしても、憲法論を語らずして安全保障を語ったところで意味はないし、集団的自衛権の問題にしろ、海外での邦人救出に関しても自衛隊法の改正という目先だけの改革で終わってしまうことがあってはならない。

 今回の事件を機に、政治が成すべきことは、憲法論を大いに語り、日本人自らの手で新憲法を創り、国防体制を強化し、国民の生命と安全を如何に護るかということが大事だ。

 国防の目的は「平和」にあり、「戦争」にある訳ではない。日本の政治の愚かさは、「国防」そのものまで否定してしまっていることで、「国防」を除いてしまったら、国家の存在意義まで失われてしまうことに気が付いていない。

「国防」とは単に領土の防衛ということだけではない。「国防」とは三島由紀夫が訓えた様に、「それを亡くしてしまったら日本ではなくなってしまうものを守り抜くこと」に在る。

「国を護る」ということは、つまり国柄である民族、宗教、言語、​歴史、価値観、習慣、制度を護るであり、世界の中で最も優れた精神文化​や未来の子供達、そして何より皇統を死守し、継承して行くことなのだ。

「国防」で重要なことは、国民が公開の場でよく議論することで、「何から何を護るのか」を明確にした上で、国防の範囲を画定することが基本である。

 今回のアルジェリアの邦人殺害は、日本の法整備の欠落と危機管理能力の欠如と脆弱さを顕わにした。

 今回の事件を教訓に、これらの妨げになっている現憲法の議論と見直しから始めるべきだが、未だ現憲法を金科玉条の如く奉り、このクソ憲法を守ってさえいれば平和が続くと思っている輩も多く存在してるのは困ったものだ。

「平和ボケ」という言葉は高度成長からバブル時代にかけて、金儲けや飽食に狂奔してきた世相や空想的平和論を弄び、米国の核には反対しても、支那やロシアの書くには反対したことも無い左翼運動家を揶揄したものだ。

 今や左翼に止まらず国民の多くが、まやかしの平和に気付かぬまま、魂亡き繁栄に現を抜かし、私利私欲に狂奔してしまっている。タレントのフィフィは現在の「平和ボケ」について実に分かり易くこういう。 

「平和ボケとは、まともな情報が流れてこなくて、娯楽ばっか与えられて、いつしかモラルすらこだわらなくなって、それを平和と思い込まされてて。水面下でうごめく危機に気づか無くて、いや気づか無いように教育されて。気が付けば、時すでに遅しの状態のこと」

 今や平和主義の理念を守れば平和が訪れる時代ではない。今迄の我が国の平和は米国の軍事力の賜物と、単なる偶然に過ぎないのだ。今こそ、日本人の手で真の「平和」を自分達で創り出さねばならない。

 今回犠牲となられた企業戦士の方々の御悔やみ申し上げます。合掌。

cordial8317 at 08:14│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

蹴散らして前へ!御陵、墳丘への立ち入り調査を強行する学匪どもを一掃しよう!