乞食でもホンモノの乞食は信用出来る鳩山由紀夫の藪蛇外交は枚挙に遑なし

2013年01月17日

「なんせ、初めてのことじゃけ~」から18年が経った

 18年前の今日、阪神淡路大震災が発生。「自衛隊違憲合法論」を標榜する社会党党首で当時の首相村山富市は、自衛隊出動に難色を示し、結果、その対応の拙さから数千人もの助かる命が失われた。

 自衛隊への出動命令の遅れを批判された村山は、「なんせ、初めてのことじゃけ~」と他人事の様に宣ったのを多くの国民は忘れてはいないだろう。こうした言い訳は見苦しいばかりか、同じ過ちを繰り返すことになるのだ。

 菅が現場視察を強行した所為で「ベント」が遅れ、SPEDDEIによる数値隠しで要らぬ被曝を招いた東日本大震災もそうだが、何故に最悪の政権の時に最悪の天災が起こるのだろう。やはり天罰なのだろうか。

 阪神淡路大震災や東日本大震災など、災害派遣や我が国の平和と独立、国民の生命財産を守る為に日夜行われている訓練で、1822名もの自衛官が殉職されていることを、多くの国民は知っているだろうか。

 国家の防衛と国民の生命・財産を守るべき自衛体が、都合のいい「便利屋」の様な扱いをされ、殉職したことも知らされないというのはどうしたものか。こうした自衛官諸君に対し、国家や国民が如何に感謝し、如何に慰霊・顕彰すべきなのか。

 自衛隊殉職者追悼式は市ヶ谷駐屯地内の慰霊碑の前で、自衛隊関係者のみで行われ、国民が慰霊・顕彰することはない。やはり、殉職された自衛官は靖國神社に祀り、国民が感謝の誠を捧げるべきだと思う。

 靖國神社に代わる追悼施設の問題が議論されるが、この市ヶ谷駐屯地内の慰霊碑が「新たな追悼施設」にされるのではなかろうと危惧する国民は少なくない。

 三島由紀夫は、その「檄」において「自衛隊は国軍たりえず、建軍の本義を与えられず、警察の物理的に巨大なものとしての地位しか与えられず」と喝破したが、現在の自衛隊は、三島の未だ違憲の儘、放置され続けているのだ。

 現憲法の第9条・第2項には「陸海空軍の戦力は保持しない」と明記されており、悲しいかな自衛隊は明らかな憲法違反の存在なのだ。

 だがしかし、東日本大震災などに於ける救援活動や民生支援など正に命を賭して活動し、日夜訓練に励む自衛隊を、まともな日本人ならば誰も否定はしまい。

 安倍首相は「集団的自衛権」に対し、「憲法解釈の変更も有り得る」と公言しているが、憲法解釈などという姑息な手段ではなく、堂々と現憲法の矛盾点を指摘し、自衛隊を名誉ある軍にするべきだ。

 日本の危機管理と防災と国防が万全なものとなり、より高度な対策が構築されて行くことが、震災での犠牲になられた方々の無念さに応える唯一無二のものだと信じて止まない。合掌。

cordial8317 at 07:35│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 求道者   2013年01月17日 22:25
 本当にやりきれない思いで一杯です。
三島氏は決起で「自らを否定する者をなぜ守るのか」と問いましたが、
全くそのとおりです
 いずれ来る大地震にて朝日新聞や岩波書店・アカ地方紙の社屋が崩壊しようが、連中は自力で脱出すべきであり、
 「官」(自衛隊・警察・海保)は本来、連中など見殺しにして一人も助けてはならないと思いますよ。
 こう言ったら連中は「我々も税金は払っているのだ」と開き直るでしょうが
そういう問題ではないです。道義的に許し難い事と思うのです。
 尤も実際にはアカや創価・反日耶蘇といえども助けねばならないのが「官」の辛い所とは思いますが・・・。

追記
参考ブログは少々古いですが12/29の記事を御一読下さい。
ここでもまた「やりきれない」と思ったものです。
震災で無念な亡くなり方をした年端もいかない児童達の魂が、
霊的体質の強い人を「頼って来ている」そうです・・・。
表示されない場合は「佐藤守」で検索すると「軍事評論家・佐藤守のブログ」
が表示されます。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

乞食でもホンモノの乞食は信用出来る鳩山由紀夫の藪蛇外交は枚挙に遑なし