安倍首相も安倍支持層の皆さんも「宥和」がお好きな様で(笑)戦後政治の総括を急げ!

2012年12月27日

第二次安倍内閣発足。県内から二人が初入閣するも

 第二次安倍内閣が発足した。福島県内からは根本匠と森雅子の二人が初入閣し、更なる復旧復興への期待が高まった。県民としても喜ばしい限り。

 会見では「隗(カイ)より始めよ」という言葉が使われていた。最近では小沢一郎や野田前首相も好んで使っていたので馴染みになってきたが、小沢や野田らはこの意味を穿違えていた気がしてならない。

「隗より始めよ」とは、遠大な事をするには手近なことから始めよという意味で、転じて、事を始めるには先ず自分自身が着手することが大事という教え。「戦国策燕策」郭隗の故事からの引用だが、そんな言葉より実行することが大事。

 言い出した者が先ず率先垂範し、滅私奉公しなさいということなのだが、今どきそんな奇特な政治家など見たこともないし、「滅私奉公」など今や死語だ。そういう意味でも安倍首相自らが範を示し、国家国民を導いて頂きたいものだ。

 安倍内閣では参院選勝利まで保守色は控える意向だという。保守色どころか、昨夜の菅義偉官房長官の記者会見では、侵略と植民地支配を謝罪した「村山談話」を第二次安倍内閣として踏襲する考えを示したのには耳を疑った。

 菅官房長官は「これまで日本政府は先の大戦を踏まえ、すべての犠牲者に慎んで哀悼の意を表してきたしこの内閣もその認識だ」と述べた。これでは何の為の「危機突破内閣」なのかと言いたくなるのは愚生だけではあるまい。

 安倍信者は参院選勝利までは別に関係ないというが、こうした自虐史観の踏襲を看過するのは情けない。そんな誤魔化しで参院選に勝てると思ってるとしたら国民もなめられたものだが、安倍支持者というはそんなものなのかもな。

 安倍がやるべきことは「村山談話」や「河野談話」の見直しは勿論、これら談話の元凶である田中角栄の「日中共同宣言」での謝罪や妄言を撤回することだ。

 昭和47年(1972年)9月29日、田中角栄首相は北京で中華人民共和国との国交を結ぶ為に、中国共産党政府を中国唯一の合法政府であると承認し、「日華国交条約」を一方的に破棄した揚句、「日中共同声明」に調印する。

「先の大戦で中国国民に重大な損害を与えたことに責任を痛感し、深く反省する」と詭弁を弄した。田中の誤った歴史認識が悪しき前例となって、現在の政権でも受け継がれ子供達への歴史教育の弊害になっている。

 菅官房長官の発言は到底看過出来るものではなく、「戦後レジームからの脱却」を図る上でも重要なことだ。安倍支持層はこの発言を容認するのか。

 愚生も真正保守としての安倍に期待して自民党へ一票を投じたが、この発言が容認されるのなら断固として安倍政権と対峙しなければならいだろう。

 保守色を隠してまで参院選に勝ちたいのか。逆だろうよ。前回も就任早々中共に出向き、結局はそれが原因で対中外交を誤ったが、今、同じ轍を踏もうとしているのではないのか。官房長官の発言は安倍の発言でもあり、その発言は重い

 こんな認識では「教育改革」など到底無理だろう。教育制度の改革も重要だが、如何に将来を担う子供達に誇りの持てる教育を施すかが大事であり、それは安倍自身も選挙期間中頻りに言っていたことではないのか。自民党新綱領にも「志の高い日本人を創る」と記されているではないか。

 左翼勢力や無自覚左翼が自虐史観丸出しで、大東亜戦争を「太平洋戦争」と謳い、「侵略戦争」でありアジアの人々に多大の迷惑を掛けたと罵るのならいざ知らず、「新しく生まれ変わった自民党」と大見得を切った安倍内閣が発足して、直ぐに「村山談話」の踏襲とは、ガッカリもいいとこだ。

 戦争の原因を「天皇である」とか、「軍部である」とか、「A級戦犯である」などと喧伝しているのは、無知に他ならないが、抑抑、何故我が国が開戦を決意し、真珠湾攻撃に至ったかが問題であって、それには1953年のペリー来航時代迄遡らなければ近代史など理解出来まい。

 15世紀の「大航海時代」以来、白人による世界制覇の波がアジアにも押し寄せ、アジア諸国は次々と列強に蚕食され植民地となっていった。

 これに危機感を抱いた我が国は、強力な中央集権国家を形成しようと、たった十数年で「明治維新」という大業を成し遂げる。

「日清・日露戦争」の勃発も避けては通れない宿命的な歴史だったのだ。「日清・日露戦争」での日本大勝利の報は、固唾を呑んで見守っていた世界の人々を驚嘆させ、特に有色人種に与えた影響は強烈だった。

 日露戦争勝利から15年後の「パリ講和会議」で日本は、「人種平等の原則」を国際連盟規約に載せることを提案するも議長の米国大統領ウイルソンが拒絶、

 人種平等の原則は一方的に否決されたが、「有色人種に人権など必要無い」との差別が横溢していたのは明らかだった。その後、世界は第二次世界大戦に突入し、日本もABCD包囲網や最後通牒(ハルノート)を突き付けられ、最早生き残る道は連合国との戦争しかないとの決断に至るのだ。

 昭和26年(1951年)、上院軍事外交委員会でマッカーサーが、「日本が戦争に飛び込んで行った動機は、安全保障の必要に迫られた為である」と告白している様に、日本は決して騙まし討ちも、侵略もしていない。

 日本は敗れはしたが、大東亜戦争後、アジアの国々は独立を果たし、「人種平等の原則」は成立した。その事実をしても、如何に大東亜戦争が聖戦だったかが理解出来るというものだろう。

 何が「侵略戦争」か。何が「日韓併合」の謝罪か。安倍政権下での「村山談話」の踏襲は言語道断であり、自民党は生まれ変わったどころか全く同じではないか。歴史は国の一大事である。君、国売り給うこと勿れ!

cordial8317 at 09:19│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

安倍首相も安倍支持層の皆さんも「宥和」がお好きな様で(笑)戦後政治の総括を急げ!