生活保護の不正受給は詐欺という立派な犯罪です!「原発いらない金曜デモ」は菅直人の自宅を包囲しなさい!

2012年07月12日

党名が「国民の生活が第一」ってどうなのよ(失笑)

 小沢一派が新党を旗揚げした。党名が「国民の生活が第一」とは御粗末過ぎるだろう。誰が考えたのか、余りのセンスの無さに、失笑するしかない。

「消費税増税反対」「脱原発」を方針に掲げる他には、国家の理想像や具体的な政策を語ることはなく、「二大政党」論者だった小沢が弱小政党を率いることに違和感を覚える国民は多い。

 民主党は先の参院選では「民力結集」というスローガンで​戦ったが、「民力」とは市民や民団の結集だと見抜かれた​。「国民の生活が第一」も同じ様なもので、こうした反日​的且つ大衆迎合主義は百害有って一利無し。

 政治が国民目線に立ったとき、必ず国は滅ぶというのは世の常だ。何故なら国民の判断力は古今東西常に低く、その意見も気紛れだからだ。

 最近の政治家は頻りに「国民の目線に立った政治を行う」と国民に媚びを売るが、民主主義の本質は国民目線に立つ事ではない。

 国家観を以て国民の安全と安心を創り出すことだ。政治には、国民目線と掛離れた歴史観、人間観、世界観、時には高度な権謀術数を必要とする。国民目線の大衆迎合主義の政治家を戴くというのは国民の最大不幸でもあるのだ。

 新党のみすぼらしい政策の中で「地域政策」として「東日本大震災からの復興・生活再建」「地域主権の確立」という項目が明記されている。

 前妻に三下り半を着き付けられ離婚した小沢が、放射能が怖くて岩手入りしなかったのは言わずもがな。今更、大震災からの復興をアピールしたところで呆れ甚し、臍で茶を沸かすというものだ。

 小沢新党が目指す最大の政策こそ「地域主権の確立」だろう。此れこそが小沢新党の売国性を示すもので、語るに堕ちるとはこういうことだ。

「外国人地方参政権付与」が多くの国民の声で成立が困難になって行く中で、此れを危惧した推進派が「地域主権」などという造語を創り出した。

 国民を欺き、どさくさ紛れに地方に権限を委譲し在日朝鮮人、支那人など外国人へ特権を与え様としているのだが、「国民の生活が第一」と言いながら、小沢らが目指すものは日本国家の解体であり、国民はこうした策謀に騙されてはならない。

無題


cordial8317 at 06:27│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

生活保護の不正受給は詐欺という立派な犯罪です!「原発いらない金曜デモ」は菅直人の自宅を包囲しなさい!