革命家として人生を終えたいものだ・・・日本はアジアの希望の星だった!

2012年06月20日

出でよ平成の思想家よ、悩める右翼を導き給え!

 ヤクザ、右翼ファン御用達のマニアックな某月刊誌を立ち読みしてみた。グラビアには鈴木邦男が田原総一郎や左翼の面々が「暴力団排除条例」の問題で「人権がどうの」「憲法がこうの」と能書きを垂れてたが、時代遅れの感は否めない。

 鈴木邦男は右翼側と思われているが、自著「言論の覚悟」で左翼転向宣言した人物であり、胡散臭げな左翼言論人と意見が一致するのは当然だろう。

 右翼団体の最近の運動は「暴排条例撤廃」が中心だというが、驚くというより厭きれてしまった。右翼の多くがヤクザとのとつながりがあるのは承知しているが、宣伝車で大声で訴えてりゃ却って逆効果だと思うし、ヤクザも迷惑だろう(笑)

 こうした問題は右翼団体の主体とする運動ではないと思うのだが、どうも訳が分からん。悩める右翼を導き煽動してくれる思想家は出ないものだろうか。

 ヤクザを取り上げ営利に奔る雑誌屋にしてみれば「暴排条例」は大問題だろうが、ヤクザに向かって「私たちは反対してますよ」ってなポーズにしか見えない。

 暴排条例は人権侵害というが、この条例があるから現行犯逮捕が無くなったのも確かだろう。例えば、スナックにみかじめ料を要求しても中止命令で終わり。昔だったら店から110番されて、恐喝や恐喝未遂で現行犯逮捕だろうに(笑)

 人権が無かったら裁判も受けられないが、裁判を受けられるし、国選弁護士やら弁護士も選び放題だ。警察権力や国家権力と社会的正義を訴える勢力との争いの構図らしいが、どう見ても右翼団体がヤクザに利用されている感は否めない。

「今度、ウチの雑誌にオタクの団体を載せようと思うんだが、派手なパフォーマンス頼みますよ」と記者。それに右翼団体が、「了解~♪」って応える感じだろうか。

 鈴木邦夫が左翼転向を宣言しても、未だ「一水会」の相談役だか顧問に納まっているのは解せないが、代表の木村三浩もその雑誌に載っていたのには嗤えた(苦笑)

 一緒に写真に納まり、記者に語った内容は衒学臭さと胡散臭さが漂っていたと思った愚生は穿ち過ぎだからか。上昇志向が逞しい木村代表も最近は品善く納まり過ぎて、極貧に喘ぎながらも純粋で行動派だった頃の無鉄砲さは感じない。

 現在の右翼団体の中で、愚生的に一番演説が上手いと思っている長谷川光良が載っていたのは好かった。記事からも長谷川氏のあの低音のダミ声が聞こえてきそうで、弁舌豊かな上にシャレが利いていた実に分かり易い内容だった。

 長谷川氏は見てくれはあの通りだが、喋る声も実に耳障りも好いし、落語家なみの話しっぷりは故横山武彦ばりで、聞いてても心地好い。「暴排条例」の話にしても田原や鈴木らの営業的言動とは比べものにならないくらい説得力があった。

 昨今の右翼活動家の演説は政治家やインチキ評論家みたいな話しっぷりが多くて、長谷川光良氏の様なアジテーターが少なくなったなぁ。右翼は読書より落語が勉強になる。ということで右翼人の端くれとして忌憚のない雑感を綴ってみた。呵呵。

※コメントは返信するのも煩わしいので会員のみにさせて頂いております。コメント及びメッセージ、御意見御感想、近況報告などは mr.cordial@live.jp へ。

《会費&御支援の御願い》みずほ銀行 郡山支店 普1464729 ニッポンロンダンクラブ。年会費一般30000円。法人120000円。協賛会員は300000円~。

cordial8317 at 09:01│Comments(3)

この記事へのコメント

3. Posted by 爆発五郎   2012年06月22日 09:59
>東電前で「山と河と子供を守れ~」とアジるだけで、活動家とか呼ばれて持ち上げられるご時世。おめでたい限りです。鈴木氏に至っては、自らの確固たる思想を語るでもなく、過去の「右翼の偉人」の伝聞を切り貼りしただけの退屈な本を乱発し、ネット右翼と呼ばれる人々を相手にひと稼ぎ。

あまりにも正鵠を射た発言に爆笑しました。
2. Posted by 國士舘卒   2012年06月22日 06:39
5 佐久間様はじめまして。
新橋ステージありし頃、私の父は仕事の合間に頻繁に通っていました。
「ヘタな新聞のアカ臭い社説を読むよりずっと役に立つ」という理由でした。いま、「時局演説」が出来る右翼団体が一体どれだけ存在しているのでしょうか?東電前で「山と河と子供を守れ~」とアジるだけで、活動家とか呼ばれて持ち上げられるご時世。おめでたい限りです。
鈴木氏に至っては、自らの確固たる思想を語るでもなく、過去の「右翼の偉人」の伝聞を切り貼りしただけの退屈な本を乱発し、ネット右翼と呼ばれる人々を相手にひと稼ぎ。鈴木氏は近年、愛國党の故赤尾敏総裁の本を書きたいと述べていましたが、これは断固として阻止したいものです。どうせまた、お得意の「親米・反米論」に終始し、自らの反米姿勢を自己称賛する形に持っていくであろう事が目に浮かぶのです。
新橋ステージ、数寄屋橋交差点。私の中の「真の右翼団体」の存在は、昭和を区切りに終わっています。
1. Posted by 右翼おたく   2012年06月20日 19:41
いつもブログ拝見させていただいてます。
一般に人から見ると、右翼もヤクザもやっていることは変わらないと
思っている人がほとんどではないでしょうか。ヤクザとの2枚看板であるとか、右翼でありながら覚せい剤売買、裏ビデオ販売など破廉恥な凌ぎを行っていたり・・。個々の凌ぎのために、いろんな不法行為を行う。これで日本古来の精神を受け継いでいるといえるのでしょうか。真の右翼は右翼団体構成員のごく一部しかいない気が私にはしてます。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

革命家として人生を終えたいものだ・・・日本はアジアの希望の星だった!