「慰安婦問題」を、強請り、タカリとばかりも言ってはいられない「天長節」と「靖國神社」と「大破轟沈」

2011年12月20日

金正日頓死で「哀悼の意」を表したアホ政府

 北朝鮮の独裁者金正日が頓死した。今迄も「死亡説」が飛び交ったが、今回の死亡の報は間違いなさそうだ。死亡した日は先週末の土曜日、京都で日韓首脳非公式会議が行われていた時だというから奇遇と言えば奇遇だ。

 日本政府にしろ韓国にしろ危機管理や情報能力は世界から嘲笑されかねないレベルだ。「金正日死亡」の情報を入手してたら会談は別のものになっていただろう。

 李明博にしても「日本政府が応じなければ慰安婦像をあと2、3個造るぞ」なんて、恫喝してる場合じゃなかっただろうに(苦笑)

 政府は金正日死亡の報に接し「哀悼の意」を表明した。日本人の道徳観からすればどんな人も死ねば同じだろうが、もう少し言い方を考えたらどうなのだ。

 国家の方針として「国際テロ」や「拉致」を実行したのは北朝鮮も認めているし、麻薬や覚醒剤を生産して密輸して薬物中毒患者を殖やし、ニセ札をばら撒く「犯罪国家」や「ヤクザ国家」のボスだという認識はないのだろうか。

 マスコミも、金正日の頓死などテロップで流す程度で十分なのに、国民に金正日のカリスマ性でも植え付けるつもりかっての。リビアのカダフィやイラクのフセイン、チェコのチャウシェスクら独裁者が死亡した際に「遺憾の意」を表しか?

 独裁者の金正日に「遺憾の意」とはどういうことか。正式名称「朝鮮民主主義人民共和国」というが、民主主義でも人民の国でもない。

 人民の貧困や餓死者が出ても歯牙にも掛けず、ミサイルを開発しては日本上空を飛行させ、核開発の疑惑を持たれても懲りずに軍事力増強に狂奔している社会主義に内在した金一族の世襲全体主義に物申すべきではないのか。

 北朝鮮如きに媚びる必要は全くない。日韓首脳会談で無礼千万な対応に終始した李明博然り、朝鮮人には日本的美風は通じないということを知るべきだ。

 小泉純一郎が訪朝した平成14年(2002年)、金正日は日本人拉致を認め謝罪したが、拉致の責任はこの金正日に在る。朝鮮半島情勢が激変するかもしれない今こそ、拉致被害者救出の千載一遇のチャンスとも言えよう。

 金正日の死亡で、後継者の金正恩には全拉致被害者を帰国させる大英断を実行して欲しいものだが、親父に輪をかけて如何にも性格が悪そうな人相風体だし、三代目の親分にそうした甘い期待を抱くのは危険だろうな。

 我が国を見渡せば、朝鮮半島や沖縄を虎視眈々と狙う中国共産党の策謀に嵌り、「東アジア大交流時代」だとか「沖縄ビジョン」だとか、更には左翼勢力に拠る「米軍基地反対運動」は激しさを増し、中共の御先棒を担いでいる。

 こんなことでは拉致問題を解決するどころか、益々我が国土は不良外国人に蚕食され続けるだろう。金正日が死亡した今こそ、危機管理を疎かにすることなく、国家の安全保障の確立を急がねばならない。

cordial8317 at 05:10
「慰安婦問題」を、強請り、タカリとばかりも言ってはいられない「天長節」と「靖國神社」と「大破轟沈」