松下政経塾出身者初の総理就任で問われる政治手腕菅の「最後っ屁」は、北朝鮮に忠誠を示す計画的犯行だ!

2011年08月31日

永遠の日教組組合員・輿石の幹事長起用で危ぶまれる学校教育

 野田新総理が民主党の幹事長に輿石東参議院会長を起用するという。保守を自任する野田と真逆の輿石が幹事長として党内を纏めるというのも違和感を覚えるが、野田という人物の強かさを感じる。

 輿石の幹事長起用で党内融和は成されるのだろうが、国家の大本である教育が大きく転換され、日教組の「反日」「自虐」史観に基づく学校教育が大っぴらに行われ、教育が荒廃していくのだけは断じて許されない。

 輿石は民主党内の左派を束ね、日本労働組合総連合(連合)との関係を深め、「日教組のボス」と称され、「永遠に日教組の組合員という自負を持って、日教組と共に戦い抜く」と、自他共に認める日教組政治家だ。

 民主党が「小沢支配」と仄聞されるが、その実は「輿石支配」と言っても過言ではなく、輿石は「参院のドン」というより、民主党の陰のドン、裏の顔なのだ。

 普天間問題で日米関係が崩壊し、次々民主党の政権担当能力に疑問を懐いた国民の支持率が下がると見るや、輿石は「鳩山・小沢」の偽装辞任劇を画策した。

 この辞任劇で鳩山政権末期20%そこそこの支持率が60%台に跳ね上がり、落選と目されていた輿石も息を吹返し、自民党の元高校教師、宮川典子に僅か3745票の差で辛勝した。今振り返って見ても、宮川候補の落選は返す返すも残念だった。
 
 輿石の地元山梨県の参議院選挙で、「教育公務員特例法」と「政治資金規制法」で県教組関係者が逮捕され、有罪判決を受けている。この一件で輿石は、事実関係を全面否認し、何ら責任を取ってはいない。

 小沢が「政治とカネ」の問題なら、輿石にも同様に「政治とカネ」や「政治と日教組」「政治と労組」問題が山積し、輿石の表舞台の登場で、これらの問題が公に曝され、責められるのは避けられまい。

 輿石は「教育の政治的中立は有り得ない」と、改正教育基本法を再び改正しようと目論み、日教組の反日思想を政治の場に持ち込んでいるのは周知の通り。

 また「内外に多くの犠牲を齎した先の大戦を国策として立案・指導した人の責任は非常に大きい」として、靖国神社を冒涜し、将来を担う子供達に反日、自虐の教育を徹底し、洗脳しているが、何処までも姑息な連中だ。教育荒廃の元凶である奴等に教育を語る資格など無い。

 民主党政権下で国のカタチが大きく変り、国家の大本である教育が大きく転換されつつある。保守を自任する野田の登場でそれらが革められるのかと思いきや、輿石の幹事長起用でその期待を大きく裏切られた。やはり野田の保守は尊皇無き保守。

 尊皇無き保守など米国や英国の保守政党と何ら変わりは無く、野田新総理が、米国から好意を持たれていることが胡散臭げに感じてしまう。震災復興や経済対策も大事だが、国家の大本である教育や国防こそ最重要問題である。

cordial8317 at 06:13
松下政経塾出身者初の総理就任で問われる政治手腕菅の「最後っ屁」は、北朝鮮に忠誠を示す計画的犯行だ!