「死刑廃止論者」江田法相の詭弁を嗤う東京裁判史観と、戦後の歪んだ贖罪意識を払拭しよう

2011年08月14日

終戦の日の「玉音放送」を知っていますか

 明日は終戦記念日。国民挙って「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です。一体あの戦争とは何だったのか。玉音放送を知れば、陛下の大御心と大戦の真意、そして我が国が進むべき道が自ずと理解出来るのではないだろうか。

     玉音放送(現代語訳)

 私は、深く世界の大勢と日本の現状を考えて、
 特別な方法でこの事態を収拾しようと思い、
 此処に忠義の気持ちを持った国民に告げます。

 私は政府に、米・英・中国・ソ連の四国に対して
 ポツダム共同宣言を受諾することを通告させました。

 もともと日本国民の安全と世界の共存を共にすることは、
 我が歴代天皇の残した教えで私も大切にしていることです。

 米国や英国と戦争をしたのも、日本の自立とアジアの平和を願うからであり、
 もともと他国の主権を侵したり、領土に侵入することは私の気持ちではありません。

 開戦以来すでに四年経ち、我が陸海軍の将兵が勇ましく戦い、
 役人たちが懸命に働き一億の国民が力を尽くし、
 それぞれ最善をつくしたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転しません。
 世界の大勢もまた我々に利がないことを示しています。

 その上、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、
 罪のない人たちを殺傷し、その痛ましい被害は計り知れません。
 このまま戦争を続ければ最後には我が民族が滅亡するだけでなく、
 人類の文明をも破壊するでしょう。

 もしそうなれば一億の国民を預かっている私としてどうやって
 我が歴代天皇の霊に謝ることができましょう。
 このことが私が政府に対し共同宣言に応じさせるに至った理由です。

 私は、日本とともにアジアの解放に協力した国々に
 申し訳なく思わずにはいられません。
 日本国民で、戦地で死んだり職場で命を落とした人々と、
 その遺族のことを思うと、悲しみで心が裂ける思いです。

 また戦傷を負い、災難で家業を失った人々についても
 私は大変心配しています。
 考えると、これから日本が受けるであろう苦しみは大変なものがあると思います。

 国民の悔しい思いは私がよく知っています。
 しかし私は時の運に従って、堪え難きを耐え、忍びがたきを忍んで、
 後の世のために平和を齎したいと思っているのです。

 私は日本の国家を譲ることができたので、
 忠義で善良な国民の真心に信頼を寄せ、いつも国民と一緒にいます。
 感情のままにみだりに事件を起こしたり、
 国民同士が争って時勢を乱して、
 そのために道を誤って世界の信用を失うようなことは、
 私が最も戒めるところです。

 国を挙げて子孫に伝え、神国の不滅を信じ、
 任務は重く道は遠いことを思い、将来の国の再建に向けて総力をあげ、
 道義を厚くして志を堅くして、日本の優れたところを更に高め、
 世界の進歩に遅れないよう決意すべきです。

 君たち国民よ、私の気持ちを汲んで身をもって行いなさい。



cordial8317 at 05:42
「死刑廃止論者」江田法相の詭弁を嗤う東京裁判史観と、戦後の歪んだ贖罪意識を払拭しよう