昭和天皇の御遺徳を偲び激動の昭和に思いを馳せる日慣れとは恐ろしい「メルトダウン」と聞いても驚かなくなった(笑)

2011年05月06日

ゴールデンウイークは渓流釣り三昧(笑)

 ブログアップも其方退けで連休中は渓流釣り三昧。天候にも恵まれ、愉しいゴールデンウイークとなった。でも、流石に身体の彼方此方が筋肉痛です。週末の再釣行へ備えて、今日は雑用を済ませあら温泉でのんびり体調を整えようと思う。

 県内各地のボサ川へも行ったが、チョウチン釣りではチョッと物足りない。やはり新潟の渓での本流での釣りが好い。福島県境を越えると実川(さねがわ)という川が在るのだが、飯豊山からの雪解け水が流れて来る渓谷は迫力が違う。

 3日にも実川行ったのだが、子熊に遭遇。後輩らが「熊が出ないもっと落ち着けてやれる所にしましょう」というので、已む無く別な川へ移動することに(笑)

 実川から西へ数キロ移動して、寂しげな集落を抜けるとその川は在った。高低差が無く比較的入り易い川だった。同道した友人は釣りのキャリアは愚生よりかなり長いのだが、センスが無いのか未だ釣り上げた数は小さなイワナ2匹だけ。

 釣り方の欠点をあれやこれやと教えてイザ竿を出す。竿を出して1時間後、友人が22センチ程のイワナを釣り上げた。思わず「やった~」と近寄り記念撮影。

 その後も、キープサイズのイワナをゲット。結局5匹釣り上げ、2匹を持ち帰った。愚生は6匹で全部リリース。昼近くになって、後輩らと別れ帰還することに。

 同級生4人との酒乱会の為に本宮市はジンギスカンの名店「だるま」へ向かう。この店は知る人ぞ知る店で、芸能人もお忍びでやってくるというから驚く。

 大手芸能事務所の社長の親が地元出身ということも有って、浜崎あゆみや安室奈美恵らも来るらしい。因みに、札幌すすきのの「だるま」とは全く関係はない。

 生ビールと「生マトン」と「生ラム」を注文する。やはり「マトン」が無い。先日訪れた時も無かったが残念至極。ラムはクセが無く旨いが、マトンは香りが良く本来の羊の肉らしくて通好み。札幌の「だるま」もマトンだが全くクセが無く絶品。ここの店のマトンも同じく絶品なのだが、最近はとんと御目に掛かっていない。

 生ビールで「乾杯」し、酒乱会が始まった。午前2時起きと、往復4時間以上の運転と釣行で忽ち酔っ払った。生ビールをお代わりし、続いて芋焼酎「さつま美人」のロックを呷る。結局、2時間位で四合瓶を4本空けた。その後、地元在住の友人がお気に入りのスナックへ行くも、その肝心な友人が店で眠ってしまった。

 態々起こすのも悪いので、その友人一人だけ残して、運転代行が来る間に居酒屋「ひょうたん」でカレーラーメン。いやぁ、横浜の畏友の言葉を借りれば正に大破轟沈。仕上げのカレーラーメンは自殺行為だと猛省したが後の祭り。

 昨日は、実川へ。夜中の3時半に郡山の自宅を出発。6時前に実川に到着。土砂崩れでの「通行止め」の看板も何のその、軽の四駆で山の奥深く入って行く。

 昨年、土砂崩れが有った場所は修復されていて、思ったよりも奥まで進入出来た。残雪で行き止まりになってからは、釣れるポイント探して歩き続ける。30分程歩いて最初のポイントへ降り、竿を出すと30センチオーバーの尺イワナがヒット。

 大きな岩の上からだったので中々上がらず、やっとの思いでイワナ掴もうと思ったらバレてしまい逃げられた。「クソ~」と悔しがった矢先に、今度は友人にヒット。やはり、30センチの大物だった。仕掛けを作り直し、イザ再挑戦と竿を出すと、竿に何やら違和感。竿の真ん中の部分が2箇所欠損してるのが見付かった。

 さっきの尺上のイワナとのタックルで壊れた様だ。その後も何箇所か登っては降り、登っては降りを繰り返し昼過ぎに撤収。カップ麺とおにぎりで昼食。食べてる間に先日オークションで購入した「パーコレーター」でコーヒーを淹れた。

 鳥の囀りと川のせせらぎの音を聞きながら飲む食後のコーヒーは贅沢の極み。週末も渓流釣りの予定が入っているが、さてと何処の川へ出没しようかな(笑) 

cordial8317 at 07:27
昭和天皇の御遺徳を偲び激動の昭和に思いを馳せる日慣れとは恐ろしい「メルトダウン」と聞いても驚かなくなった(笑)