徒然日記「確定申告とわかさぎ釣り」前原外相違法献金事件は氷山の一角であり徹底解明を!

2011年03月05日

「日本人の主権が侵害されているんだよ!」(西田昌司)

 自民党・西田昌司の執拗な追求、前原外相が在日朝鮮人の婆さんからの献金の事実を認めた。明らかな政治資金規正法違反である。前原は「故意ではない」との詭弁を弄し逃げ切る魂胆だろうが、政治資金規正法違反は交通違反とは違う(笑)

 質疑終盤、西田議員が「外国人地方参政権付与問題」に及ぶと、民主党の白真勲は一斉にブーイングを浴びせる。これこそが民主党の売国性を如実に現している。

 西田議員が今回の在日からの献金問題と在日の政治活動に対し、「これは日本人の主権が侵害されている大問題なんだよ」と喝破していたが、正にその通り。

 政治不信は極に達するが、西田議員の様な国家観を矜持している議員がいることはせめてもの救いだ。 現在国内には60万人以上の在日が巣食っている。

 彼らは、所得税は不払いを決め込み、「住民税は半額にしろ!」「固定資産税は免除しろ!」と税務担当を脅し、認めさせ、まともに納税することはない。

「日本国民の為」と明記されている生活保護の支給にしても、厚生省社会局長通達を楯に支給を求め、まんまとせしめている。だが、生活保護費を在日ら外国人へ支給することは明らかに日本国憲法第25条違反であり、生活保護法違反なのだ。

「外国人地方参政権付与」問題にしても、日本に居候する朝鮮人が「我々は強制連行された可哀想な朝鮮人であり、日本人と同等に扱え!」と要求したのが最初だ。

 強制連行とは戦時中の「徴用令」による徴用労務者を指しているが、その徴用された朝鮮人は僅か245人に過ぎない。その人全員が戦後に全て帰国している。つまり、在日の殆どは、職を求めて来日した者や不法入国した者とその子孫である。

 今、全国で「地域主権」などという妄言で国民を騙し、在日やシナ人へ権利を与えようとしているのを散見するが、こうしたまやかしや詭弁に騙されてはならない。

 北方領土や竹島の領土主権は国の大事である。韓国に不法占拠されている竹島に関し、民主党は頑なに「不法占拠」の表現を避けて、「法的根拠の無い形で支配されている」と表現しているが、「不法占拠」と何処が違うというのだろう。

「不法占拠」の表現を渋る理由が理解出来ない。やはりこれも韓国政府や在日らへ配慮と言う他なく、ロシアへの「許されざる暴挙」との表現とはエライ違いだ。

 竹島は、昭和27年1月、韓国初代大統領の李承晩は国際法を無視し、軍事境界線「李承晩ライン」を設定し、日本領土の竹島を取り込んで韓国領と宣言した。我が国の主権が快復する3ヶ月前に、泥棒猫の様に竹島を掠め取ったのが真相である。

 戦後、この李承晩ラインを侵犯したとして拿捕、抑留された日本人漁民は「日韓漁業協定」が成立する間に3929人に及び、船舶328隻、死傷者は44名を数える。

 韓国政府は日本人抑留者との引換えに、犯罪を犯し収監されていた在日朝鮮人472名の放免と日本滞留特別許可を要求し、政府はその恫喝に屈し要求に応じた。

 それ以降、在日がゴキブリの如く殖え続け、在日特権が次々と与えられて行く。竹島問題は在日特権を考える上でも重要な問題であり、外務大臣が在日から献金を受けていたことは万死に値する。 前原への献金問題は氷山の一角だろう。

 鳩山由紀夫の架空名義の寄付も在日ではないかと疑われたことがあるが、多くの売国議員どもが在日外国人や中国共産党関係者からの不法献金を受け、忠誠を誓うが如く政治活動を行い、売国法案成立に躍起になっていることは疑い様のない事実である。これ以上の日本国民の主権侵害を、拱手傍観している場合ではない。

cordial8317 at 09:01

この記事へのコメント

1. Posted by ぽっきー   2011年03月06日 00:14
3月19日に明治公園で3時から東京1万人集会がありますそこで吠えて下さい。今の民主党は要らないって!!原点に帰れって!!お願いします。
徒然日記「確定申告とわかさぎ釣り」前原外相違法献金事件は氷山の一角であり徹底解明を!