奸賊・小沢一郎、未だ猛省せず!大相撲八百長騒動に思う

2011年01月31日

宮城県松島の「牡蠣小屋」で牡蠣を喰らう

 牡蠣のシーズン真っ盛りの今、昨日は友人四人で宮城県の松島の「牡蠣小屋」へ牡蠣の食べ放題に行って来た。朝8時前に郡山の自宅に迎えに来て貰い、一路松島へ。高速料金も安くなり、松島への道路も延長され随分便利になったものだ。

 9時半松島到着。早速順番待ちの名簿に記入する。既に12、3組30人程が記入していたが、10時30分の一回目に座れそうなビミョーな順番。

 暫し雑談しながら開店を待つ。開店時間になり、次々に名前が呼ばれるも結局一回目に入れず、次回の呼び出しを待った。生憎の曇天で、雪もチラホラ。寒さ凌ぎに近くに置かれているプレハブ小屋に移動し暖を取る。

 缶ビール片手にカップルや女性3人男性1人の大学時代の同級生だというグループを冷かしつつ談話を愉しんだ。「旅の恥はかき捨て」か、それとも「袖摺り合うも多生の縁」か、こうして旅先で出会った人との会話も一興だ。

 そうこうしてると名前が呼ばれ、出向くと「二人ずつ別々の席なら直ぐ座れる」というので即OKし、入店。牡蠣小屋へは今回で彼此5回目、手馴れたものだ。

 料金45分、一人2000円を支払い、宮城の地酒「日高見」とレモンを注文し席へ着く。一テーブル6人、相席の4人は2ヵ月前から予約し、初めて来たという福島市からの方達だった。 いざ乾杯。

 焼き台の上には300個位の牡蠣が蒸され、準備が整うのを待つ。担当のオバちゃんの説明が始まり、「お宅さんらは初めでが?」と聞かれたので「5回目」と答えるも、「ほだら勝手に食べでろ」ってなことで初めての客に牡蠣道を伝授してた。

 愈々蓋が開けられ、45分の闘いが始まった。日高見の冷酒をチビリとやりながら、焼き上がった牡蠣を剥いてレモンを絞りパクリ。この次期の牡蠣は最高だ。

 松島の牡蠣は小ぶりだが、旨みが凝縮されて幾らでも食べられる。結局、二人で殻を入れる一斗缶が満杯になる約200個程食べ時間終了となった。

 松島を後にし、一路蔵王温泉へ。ジンギスカン発祥の地という蔵王の店を目指すも、道を間違え急遽「遠刈田(とおがった)温泉へ変更。駅前の公衆浴場に立ち寄って、観光案内所で美味しい店を紹介して貰った。

 渡された観光地図からは少し離れているというその店は「賛久庵」で、本格手打ち蕎麦が有名だという。公衆浴場から車で2、3分程で到着し、メニューを見るも、蕎麦の店とは名ばかりの十割ではなくニ八蕎麦には唖然。

 とんかつやら豆腐料理やらでパッとしない。結局、白石も近いし名物の「温麺(うーめん)」なら無難だろうと、一杯630円也の「かけ」を注文することに。

 茶を運んでくる男性従業員に「温麺のかけ四つ」と注文すると、未だ聞いてないと言わんばかりに「少々お待ち下さい」との横柄な対応。かけ四つくらい一々メモを取らなくても覚えられるだろうに。観光客目当ての殿様商売だわな。

 これが不吉な予感の始まりで、程無く運ばれて来た温麺は、「かけ」だから何も入ってないのは良いとしても、刻み葱とその器の豪勢さとは裏腹に申し訳程度の温麺の量に一同ビックリ。「これで630円か」。これじゃ儲かるわな(苦笑)

 さぞ美味しいのかと食するも食べてガッカリ。店を出て、観光案内所に戻り、この店を紹介した職員に苦言を呈したのは言う迄もない(笑)

 夕方無事帰着し本宮市の行き付けの「焼き鳥・喜城」反省会。疲れ気味で今一つ盛り上がらない。程無くして、今回同道出来なかった友人も加わり、2時間程経ってから漸くエンジン全開。芋焼酎「武蔵」も3本目となったところで転戦。

 小腹も空いたので「おじやの店・幸楽」へ。此処の納豆入り「ミックスおじや」は絶品で、地元B級グルメの最高峰と言っても過言ではない。芋焼酎を入れ、アサリの酒蒸しに霜降りの馬刺し、鶏の唐揚げ、それにミックスおじやを注文。

 隣の席には何時の間にやら、先日の市長選で初当選をした高松義行市長一行様。高松市長の父上は愚生の中学校時代の社会科の先生で、剣道の顧問だった。顧問ということだけで剣道を教えてもらったことも無いが(笑)

 という訳で、市長も同席しての談論風発に盛り上がり、気が付くとあさりのバター焼きと馬刺しは無くなっていた。少しは残しとけっつ~の(怒)

 運転代行を呼んで御開きかと思いきや、誰かから「やっぱ〆はカレーラーメンだべ」という事となり「ひょうたん」へ。いやぁ、流石に〆のカレーラーメンはきつかったなぁ。おっさんには自殺行為だと猛省するも後の祭り(泣)

「翌日まで頭痛がし、食べられず、呻き伏して、前世と現世の境を隔てた様に、昨日の事は記憶が無く、公私の大事な用も怠って支障をきたす」(徒然草・第一七五段)。ということで昨夜も痛飲してしまった爆発五郎なのでした(笑)

cordial8317 at 12:31
奸賊・小沢一郎、未だ猛省せず!大相撲八百長騒動に思う