拙ブログ「爆ちゃん吼える」は「たけし吼える」のパクリ奸賊・小沢一郎、未だ猛省せず!

2011年01月28日

亡国政府観光庁長官、台湾人旅行者を無視!

 亡国政府観光局は昨年訪日した外国人旅行者数を発表した。目標とする1000万人には届かなかったが、二年連続で800万人を超えた。

  国・地域別では韓国が244万人でトップ。中共が141万3000人で二位。次いで台湾の126万8000人。米国72万7000人。

 訪日した数を比較しても台湾人と大差はなく、支那人への観光査証(ビザ)の発給条件を緩和して訪日させようとした愚策は功を奏していない様だ。

 溝畑環光庁長官は13年迄に訪日外国人を年間1500万人と目標を掲げ「中国や韓国からの旅行者をどれだけ上積み出来るかだ」と述べ、台湾への感謝の言葉は見られない。日本が未だ台湾を国家として認めていない証左だろう。

 我国が昭和27年4月28日に主権を快復した同じ日に、中華民国への報恩感謝として日華国交条約の締結する。

 同年8月5日に発効した条約は、昭和47年、中華人民共和国との国交正常化交渉がなされると、一方的に中華民国に対し断絶を通告した。旧ソ連から「日ソ中立条約」を一方的に破棄されたのと同じ行為を台湾に行ったのだ。

 この行為は明らかな憲法98条違で、道義国家として赦されざる行為だろう。爾来、台湾を国家と見做さない無礼千万な振る舞いを行っているが、日本人として恥かしい限りだ。

 亡国政府観光庁は、支那人を増やす事に躍起だが、此れは中共政府の謀る日本侵略を忠実に遂行していると言っても過言ではない。

 嘗ては世界一安全といわれた日本が、外国人の急増、それも支那人の増加によって安全が脅かされていることは幾ら不精な人でも気付いている。

 生命の保証、財産の安全こそ国民の願望であり、此れに優る国益はない。今更、凶悪犯やら犯罪者予備軍ともいうべき不法滞在者や不法就労者が多発している支那人に来て貰う必要はないのだ。

 抑抑「東アジア大交流時代」「観光立国」などという妄想は、日本社会の安全を無視した無責任極まりない愚策であり、大きく国益を損ねるものだ。支那人観光客が落とす幾許かのカネを期待し経済の浮揚に繋げるというが笑止千万。

「更に多くの中国の方に日本を訪問して欲しい」と願ってるキチガイが多いのも困ったものだ。 中共政府の謀略に嵌り、走狗と化す民主党政府を粉砕しよう!

cordial8317 at 08:28
拙ブログ「爆ちゃん吼える」は「たけし吼える」のパクリ奸賊・小沢一郎、未だ猛省せず!