赤羽「米山」へ裏返し。その後聖子メドレーを聞かされる「葉隠聞書」は優れた道徳規範の書

2011年01月15日

菅再改造内閣発足。目糞鼻糞を笑う。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

 菅再改造内閣が発足した。与謝野が入閣した以外に大して話題性の無い顔ぶれだと思うが、此れを「実務強力推進内閣」とは仰々しい。与謝野の起用は、財政再建と社会保障改革を明確に示したものらしいが、既に党内から反発を呼んでいるし、自民党からも「自民党比例で復活当選したのだから、議員を辞し一民間人として入閣すべき」と批判されている。野党側は、問責決議を受けた閣僚の辞任と小沢の政倫審出席が国会審議の条件だったが、与謝野の経済財政担当相就任で与謝野の変節を攻撃され審議に影響を与えるのは必至。与謝野の入閣は、新たな火種を抱え込んだだけの様に感じるのは杞憂だろうか。結果、国民不在の政争は繰り返される。

 迷走に迷走を重ね、国民を裏切り続けた民主党が引き続き政権を担う事は国民最大不幸だろう。しかし悲しい事は続くもので、最大野党の自民党の為体にも困ったものだ。保守政党としての気概も矜持も感じない。「外国人地方参政権付与法案」を、今春訪日する李明博韓国大統領への土産として成立を目指し政治日程に組み込んだ。自民党は沈黙している様だが、やはりそこには旧態依然とした陋習が蔓延っているのではなかろうか。国民が期待しているのは国益を重んじ、国家観の確りした保守政党の出現であり、政権を担うということは、政党の持つ国家観や哲学、構想、未来像が政府の政策に反映するということを意味する。その意味で民主党や自民党という政党そのものが問われなければならないのだが、所詮、民主党も自民党も「でもしか政党」。菅再改造内閣を批判する姿は「目糞鼻糞を笑う」そのものだ。

 他にも「外国人住民基本法案」「国立追悼施設の建立」「戦時性的強制被害者法案」「夫婦別姓」「戸籍法改正」「人権救済機関の設置」「日教組主導の教育関連政策」といった売国法案に与する自民党議員の存在に驚かされる。既に民主党政権下では支那の策謀に嵌り「東アジア大交流時代」と称し「観光立国」「査証簡素化」の愚策を忠実に実行し、憂慮すべき事態に陥っているのを知らないとでも言うのか。財政再建や社会保障の改革、政治とカネの問題の議論も結構だが、国家解体を目論む売国法案に対峙し、激変する国際環境の中で日本の在るべき姿の快復を急ぐべきだ。菅再改造内閣が国家国民を救うというなら、速やかに衆院を解散し国民の審判を仰ぎ、せめて政界再編の呼水になって貰いたいものだ。

人気ブログランキングへ

cordial8317 at 10:41
赤羽「米山」へ裏返し。その後聖子メドレーを聞かされる「葉隠聞書」は優れた道徳規範の書