一般参賀~靖国神社~浅草へ年末年始はいつものことながら少々飲み過ぎたな(爆)

2011年01月04日

「反日」を国是とする韓国

 前原外相が韓国との「日韓同盟構築」発言を否定した。対北朝鮮との防衛強化をアピールする狙いだったのだろうが、朝鮮半島の平和安定に寄与するのは吝かではないが、「反日」を国是とする韓国との同盟は一考を要する。

 前原はインタビューで、近々に訪韓し金星煥外相との会談を希望した様だが、此れに対し金外相は「日本は過去の歴史に対して反省すべき所は反省しなければならない」などと相変わらずの無知蒙昧な対応を示したという。

 2002年、韓国16代大統領に就任した盧武鉉は歴史の見直しに強い意欲を示し、100年前の日韓併合や日本統治時代の真相究明や責任の追及、補償を行う為に「過去史整理基本法」を成立させる。

 更に日本統治時代の親日派の子孫を排斥する為「親日分子取締法」を施行し、「親日派」の財産と土地を没収した。「親日・反民族行為者真相究明委員会」は一昨年12月にも、406名を「親日派・反民族分子」と断定し追加公表している。

 こうした事後法は文明の原則である法の「不遡及の原則」に反しており、まともな国際社会では許されるものではない。

 これらの事実を見ても韓国と胸襟を開いて付き合うなどとは笑止千万で、日韓同盟よりも先ず韓国側が「反日」の国是と此れら恥ずべき事後法を無効とすべきだ。

 日本の統治時代を悪逆非道の「日帝36年」と決め付ける韓国の主張の根源は、米国の傀儡・李承晩らによる「反日教育」の影響と民族性だろう。

 李承晩は日本統治時代、海外で反日運動をしていた人物で、戦後米国の威光で初代大統領に就いた。就任後、韓国国民を纏めようと行ったのが「反共」「反日」政策で、これを「国是」とした。

 こうした一部の少数派が創り上げた歴史を未だ猛省もせず鵜呑みにしているのだが、 韓国併合当時、韓国国民の力による近代独立国家建設の道など有得ない。

 彼らに、あの巨大帝国ロシア勢力の排除など到底無理だったことは、日清・日露戦争時代の近代史を学べば解ることだ。

 日清戦争後、ロシアが南下政策を開始し、日本が戦利品として割譲された、遼東半島に攻め入り、韓国までも触手を伸ばしている時に韓国独自でロシアと対峙する事など出来なかった。

 その意味では、寧ろ日本による韓国保護の必要性を認め日本と一体となった上で民族の自立発展の道を模索した「日韓合邦派」の主張の方が現実的だった。
 
 韓国が非難して止まない差別と弾圧の日帝支配なるものは、寧ろその逆で世界に例を見ない極めて公平で平等な制度だったのだ。傲岸不遜な韓国との同盟よりも先ずは正理公道を以て猛省を促すべきである。

cordial8317 at 07:02
一般参賀~靖国神社~浅草へ年末年始はいつものことながら少々飲み過ぎたな(爆)