酒は飲むべし、酒は飲むべし「反日」を国是とする韓国

2011年01月03日

一般参賀~靖国神社~浅草へ

 新年に当り、陛下が臣民から祝賀を受けられる恒例の新年一般参賀に伍する為に上京した。朋友と10時に東京駅で待ち合わせて皇居へ向かう。晴天に恵まれ、コートも要らない位の暖かさ。二回目の11時の御出座しを待つ。

「もう直ぐ御出座しになられます」とのアナウンスが流れると間もなく宮殿・長和殿の襖が開けられ天皇皇后両陛下が皇太子殿下、同妃殿下、秋篠宮殿下、同妃殿下と他皇族方と共に入城し、ベランダに御立ちになられる。

 彼方此方から「天皇陛下萬歳」が唱和される。右翼現役の頃は若い隊員と共に萬歳三唱を声高らかにしたものだが、今年は静かに陛下の弥栄を御祈りした。

 同道した元防共挺身隊行動隊長の板倉純一郎も何か物足らなさを感じていた様子だった。陛下より「今年が皆さん一人一人にとり、少しでも善い年になるよう願っています」との御言葉を賜り、皇国臣民としての喜び此れに優るものはない。

 皇居宮殿を後にし、靖国神社へ詣でる為に「乾門」方向へ歩く。今迄は参賀を終えると、東京駅方面へ戻っていた為に、初めて見る宮城の佇まいに感動しつつ、暫し九段下迄の散策を愉しんだ。途中、高円宮妃殿下や高松宮殿下皇族方の車が我々の横を御通りになったのには驚いたというか感動。

 乾門を出て、北丸の内公園を通り、靖国神社へ到着。靖国には老若男女多くの心有る国民でごった返していたが、一般参賀もそうだが、こうして自然発生的に集まる姿を見れば日本も未だ未だ捨てたものじゃないと実感する。

 本殿参拝と鎮霊社へ詣でる予定だったが、居並ぶ人の多さに遠くから一礼し靖国を後にした。靖国通りでタクシーを拾う。乗り込み早々、ヘキサ交通の運転手の長沢さんに「お年玉」を頂く。「今年一年見通しが明るくなる様に」と、中には55円が入っていたが、こうした御心遣いは本当に嬉しいものだ。

 気分上上で、浅草はどぜうの名店「飯田屋」へ。20分程待たされたが、二階席へ座るなり「生ビール」を注文。どぜう鍋は丸と、牛蒡の笹掻きを別注文。

 肴は「山かけ」と「茶碗蒸し」「鯰の唐揚げ」を注文。ビールの後は純米酒の冷やを頂く。連れの二人ともどぜう鍋は初めてらしく、「葱は多めに入れ」などと薀蓄を並べるも、その味の秀逸さは鍋を突けば忽ち分かると言うものだ。

 追加の丸と豆腐を注文して鍋も終了。心地良く酔って来たところで勘定を済ませ、「神谷バー」へ。やはり此処も正月だけあって店の外には長い行列。

 10分程で席に案内される。名物の「デンキブラン」を呑む。その後はデンキブランの炭酸割りにデンキブランを入れた「奥村バージョン」。

 何杯飲んだか忘れたが、兎に角酔っ払い過ぎて、周りの迷惑顧みず談論風発、白昼にして乱酔す。興志ひとたび来らば狂喜し、侠友ひとたび往かば乱酔すべし。

cordial8317 at 09:24
酒は飲むべし、酒は飲むべし「反日」を国是とする韓国