中共の圧政と戦う英雄たち一般参賀~靖国神社~浅草へ

2011年01月01日

謹んで新年のお慶び申し上げます

人気ブログランキングへ

 年頭に当り、皇室の弥栄を寿ぎ奉り、併而皆々様方に謹んで新年の御挨拶を申し上げます。

 民主党政権は政権政党としてその責任の重さを実感しつつ、現実主義と大衆迎合主義の板挟みで益々混迷の度を深めているが、混迷の一端は、戦後政治の総括を怠り、自己保身と偽善に狂奔して来た自民党政治に在ると言っても過言ではない。普天間問題の迷走にしろ尖閣列島での支那漁船衝突事件の混乱にしろ、戦後体制の諸矛盾が露呈した結果だろう。漁船衝突事件での弱腰外交で国民の怒りは一気に頂点に達し、その矛先は民主党政権に向けられた。民主党政権の打倒こそ日本を救うが如くの俗見が溢れているが、民主党政権が頓挫し自民党政権に代わったところで、国民の不安と不満は払拭されず、隔靴掻痒の感は益々募るだろう。

 今日の祖国日本の重苦しい閉塞感と惨憺たる現況を救う為に要用なものは、我らは日本人であるという自覚と誇りと矜持を取戻す事以外に無い。その為には、最早機能していない現憲法を早急に破棄し、先人の智慧と営為に学び、日本人の手による日本人の為の最高法規を制定する必要が有ろう。同時に、日本国民一人一人の義務として靖国神社に眠る英霊に感謝の誠を捧げる事こそ大事であると考えます。

 我国の歴史の中で此れ程迄に堕落し、自己犠牲の精神を忘却し自己本位の享楽にばかりに狂った時代は無いだろう。だが、そんな中でも、真保守主義に覚醒し、山積する諸問題を如何に打破し、日本再生の転換点と成すべきと行動する若者が多く出て来たのは喜ばしい限りだ。愚生もしがない右翼浪人だが、この迫り来る祖国の危機に対処し、粉骨砕身愛国的活動に奮励邁進する事こそが日本再生の道で有り、天皇国日本を磐石の安きに置く使命だと確信しております。

 さだめなき世なりと知るも草莽の一筋の道かはることなし(野村秋介辞世)

 本年が皆様にとって実り有る一年と成ります様に心より御祈念申し上げます。

 皇紀2671年 元旦 爆発五郎こと佐久間五郎拝

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村



cordial8317 at 08:07
中共の圧政と戦う英雄たち一般参賀~靖国神社~浅草へ