硫黄島訪問での高松宮宣仁殿下の秘話一般参賀~靖国神社~浅草へ

2010年12月27日

酒は飲むべし、酒は飲むべし

 土曜日は、数年ぶりに邂逅した友人から「是非、連れて行きたい居酒屋が在る」というので出掛けた。場所は東京赤羽。連れてって貰った店の名前は「米山」。

 中々マニアックな店で、開店は6時15分。この一回目の開店時に入れないと、次に入れるのが8時半以降の完全総入れ替え制となる。

 七時半に到着し、二回目の先頭に並ぶ。寒風吹き荒ぶ中、久しぶりの再会で話も弾み、待ち時間を感じさせないが、8時半過ぎになっても入れる気配無し。9時過ぎに漸く入店。店には何やらルールが有るらしく、注文は連れにお任せ。

 先ず飲み物は「ホッピー」を注文。次にメニューだが、焼きトン中心で、生、半焼き、焼きが有り、レバー、タン、ハツの生とレバー、カシラ、ハラミ、ハツの半焼きとつくねとあぶら、タマネギ和え(合え)、おしんこ、肉豆腐を注文。

 ホッピーを飲み、暫しすると刻み葱とニンニク(ニンニクか生姜を選ぶ)が盛られた皿が運ばれ、生の肉が乗せられる。コレが絶品。こんな豚の生肉は食べたことが無い。お好みで胡麻油、醤油、塩で味付けして食べる。

 生肉の次に半焼きの品々。生も旨いが、半焼きのカシラとハラミも最高。つくねがこれまた絶品で、スパイシーな味付け。つくねは超稀少メニュー。

 愚生的には、浜松町の「秋田屋」、蒲田の「八幸」が最高峰だと思っていたが、ここ「米山」も引けを取らない逸品で、それどころか一番美味しいかも知れない。

 このつくねを目当てに来る客が多いと言うのは頷ける。二本ずつ頼んだが、「今日は一本しか出せない」との事。でも一本だけでも食べられただけラッキーだった。

 ホッピーを二杯飲んでから、グレープフルーツ割りを頂く。連れはトマトジュース割りにタバスコを少々。ここの焼酎は凍らせて細かく砕いたのを入れるので、氷で薄くなるという事が無いから兎に角酔っ払う。

 美味しいからと調子に乗って飲んでいると数時間後にはエライ目に遭うから注意が必要だ。最後の肉豆腐が出て来た頃にはかなり酔った。

 肉豆腐は〆として御飯に掛けたら最高だろうなと思いながら、待ち時間を含め3時間の愉しい時間はあっと言う間に終了。

 この店の名物の「あっさり煮込み」「水餃子」「マカロニサラダ」は売り切れて食べられなかったのが残念だったが、次回の裏返しの際には絶対夕方に参上し、完全制覇(コンプリート)したいと思っている。(笑)

 師走に入り「忘年会」やら「納会」やら「クリスマス」に託けて酒を飲む機会が多くなるが、酒を飲むならやはり愉しく飲みたいものだ。

 牡丹花肖柏(ぼたんかしょうはく)の詩に「我仏 隣の宝 婿舅 天下の軍 人の善悪」という一首がある。要は、人の集まる所で口にしてはならない教えなのだが、酒席では中々そうは行かない。

 酒席での人の悪口くらい盛り上がるものはないから、困ったもので悪口をつまみについつい呑み過ぎてしまう(笑)

 坂本竜馬の詠んだ詩に「酒は飲むべし酒は飲むべし 人生唯酒ありて肝を開く 酔中の快楽人知るなし」というものが有るが、酒に関する詩ではこれが一番好きだ。

「飲酒詩」の中でも漢詩には「月下独酌」など浪漫を感じるものが多いが、漢詩というのは愚生にはチョッと敷居が高過ぎる。

 盃に月や菊や桜の花弁を浮かべたり。此れにはビールや焼酎、ウイスキー況してや老酒や紹興酒では興醒めで、やはり日本酒が一番合うと思う。

 晩酌には、故郷二本松の地酒「大七」の純米酒を錫の徳利に注いで、同じ錫の盃に注ぎチビリチビリでやっている。この酒は熱燗が合うが、面倒なのでの今の時期は冷や(常温)で飲む。夏場は冷やして。

 冷酒には「涼冷え(15度前後)」「花冷え(10度前後)」「雪冷え(5度前後)」と呼び方も様々だが、こんな細かなことをしてる酒屋は無い。

 燗酒も同様で「飛び切り燗(55度前後)」「熱燗(50度前後)」「上燗(45度前後)」「ぬる燗(40度前後)」「人肌燗(37度前後)」「日向燗(33度前後)」。ここまで来ると酒も哲学だな。

 他にも日本酒は、色や香り酸味や日本酒度で呼び方が違うと言うから実に奥が深い。福島県内、特に会津地方には日本酒の酒蔵も多く、そうしたこともあり毎月25日を「会津清酒の日」と定めている。

「酒は二合が適量」と言う事で25らしいが、日本酒を飲む時に欠かせないのが「やわらぎ水」。唯の水だが侮る勿れ。やわらぎ水を傍らに適量の飲酒を心掛ければ海老蔵の様な失態は免れるかも知れない。

 会津の地酒「栄川」を愛した最後の浪人・阿部勉が「数々の過失は酒と共にあり その酒抱きて今日も堕ちなん」と詠んだが、阿部さんも「やわらぎ水」を傍らに置いて飲んでいたらチョッとは違っていたかも知れない。

「我死なば 火には焼ぶすな 栄川の二級に浸して 深く埋めよ」とは阿部さんの辞世の句だ。酒での失敗は数知れないが、それよりも酒で得る事の方が遥かに多い。やはり「酒は飲むべし、酒は飲むべし」とは蓋し正論。呵呵。

cordial8317 at 10:35
硫黄島訪問での高松宮宣仁殿下の秘話一般参賀~靖国神社~浅草へ